どう接すればいい? 後輩とのコミュニケーションのコツ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

どう接すればいい? 後輩とのコミュニケーションのコツ

2017.04.25

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

どう接すればいい? 後輩とのコミュニケーションのコツ

新学期が始まり、部活動をしている人は新しく後輩が加わる時期です。せっかくなら後輩と仲良くなって、チームの雰囲気をよりよくしたいですよね。

では、どのような接し方をすれば、後輩と“いい関係”が築けるのでしょうか? 今回は、後輩とのコミュニケーションをする際に役立つ、3つのコツをご紹介します。

この記事をまとめると

  • まずは先輩からあいさつをして、後輩の緊張をほぐしてあげよう
  • 話すときは聞き手に回って、後輩の本音を聞き出してみよう
  • 指導するときは、“具体的”にアドバイスすることが大切

1. あいさつは先輩から! 後輩と打ち解けるきっかけをつくろう

入部したばかりの後輩は、最初は誰しも“先輩”に対して緊張し、気を使ってしまうもの。そこで、まずは先輩からあいさつをして、後輩と打ち解けるきっかけづくりをしましょう。

あいさつをするときは、「おはよう、○○さん!」など後輩の名前を一緒に呼んでみましょう。先輩が自分の名前を知ってくれていることに、後輩はきっとうれしい気持ちになるはずです。

そして、あいさつの後は、「もう部活には慣れた?」や「その○○、イイね!」など、続けて話を振ってみましょう。そのまま話が盛り上がれば、後輩もあなたに対して、「話しかけやすい先輩」という印象を持つかもしれません。

また、「自分の部活道具を貸す」ことも仲良くなるきっかけづくりとして効果的です。例えば、野球部であれば愛用のグローブ、ダンス部であればオススメのダンスCDなど、貸すものは何でもOK。「使い心地はどうだった?」「ほかにもっとオススメあるよ!」など、次々に話も膨らみ、後輩との距離もグッと近づくはずです。

2. 失敗話が意外と好印象!? 本音で語ってみよう

後輩との距離が少し近づいたら、もっと仲良くなれるように、部活帰りなどにご飯に誘ってみてはいかがでしょうか。練習後にファミレスなどに誘ってみたり、昼休みにご飯に誘ってみたりするのもオススメ。ご飯を食べながら話すことで、いつもよりもリラックスした雰囲気になり、後輩の本音も聞き出せるかもしれません。

また、後輩と話すときは自分の話ばかりせず、聞き手に回ることが大切です。後輩が困っていたり、悩みを持っていたりする時には相談に乗りましょう。その際には、自分の失敗談と、そのときの解決方法を話すと、「先輩も同じ経験があるんだ。相談してよかった!」と、あなたに対する好印象につながるかもしれません。

後輩から先輩をご飯に誘うのはなかなか勇気がいるもの。先輩から誘うことで、話しやすい関係となり、後輩が困っているときにも、“頼れる先輩”として相談される間柄になるのではないでしょうか。

3.“先輩”として、決めるところはしっかり決める!

後輩との距離が近づき、仲の良い関係になっても、あくまで“先輩”としての指導も必要。後輩にいいところがあったら褒めて、その人のよさを伸ばし、改善すべきことがあったら注意することが、先輩としての指導には大切です。

後輩に何かを教える際は、最初にその練習の必要性を教えましょう。1年生は基礎練習から始まるので、例えばバスケ部であれば、「基礎練習で体幹を鍛えておけば、フォームがよくなってシュートの成功率が上がるよ」と伝えたり、またブラスバンド部であれば、「今のうちに腹式呼吸をマスターすると、演奏するときに呼吸が楽になって、いい音が出せるよ」と練習の大切さを教えることで、きっと後輩も熱心に練習に取り組めるはずです。

また、後輩がミスをしてしまった場合は、感情的に叱るのではなく、同じミスが起こらないよう具体的なアドバイスをしましょう。例えば、「◯◯はよかったけど、もう少し◯◯すれば、もっとうまくなるよ」と、よかったところも一緒に教えることで、いいところと悪いところが後輩にも分かりやすく伝わるはずです。改善すべきところが分かることで、後輩のモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。

今回は、後輩と“いい関係”を築くための3つのコツをご紹介しました。先輩・後輩が行動を共にしていく部活動では、チームワークや協調性がとても大切です。先輩と後輩のコミュニケーションがよくなることで、チームの団結力も高まり、よりよい力を発揮して今よりもっと強いチームになるかもしまれません。ぜひ後輩と接する際は、この3つのコツを意識してみてくださいね!