部活で活躍したいけど、勉強もしなきゃ……。部活と勉強を両立する方法って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

部活で活躍したいけど、勉強もしなきゃ……。部活と勉強を両立する方法って?

2017.04.24

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

部活で活躍したいけど、勉強もしなきゃ……。部活と勉強を両立する方法って?

4月になり進級すると、部活での立場も上級生になります。部活の中心人物として、活躍の場が増え始めている人も多いのではないでしょうか。でも、同時に学校の勉強の難易度も上がり、部活と勉強の両立が大変になるなんてことも……。

進路についても大事に考えたいこの時期。どうすれば部活も勉強も頑張れるのでしょうか!?

この記事をまとめると

  • アンケート結果では、全体の半数近くもの人が、部活と勉強の両立に苦労している
  • 毎日の生活の中に、自然と勉強時間を作ってみよう
  • 「しないこと」リストを作って、勉強の時間に置き換えてみよう

アンケート結果では、半数近くもの人が「両立できていると思わない」!

マイナビ進学のアンケートモニター会員への調査結果を見ると…

マイナビ進学のアンケートモニター会員への調査結果を見ると…

多くの人が悩まされがちな、部活と勉強の両立。マイナビ進学のアンケートモニター会員への調査によると、「勉強と部活動を両立できていると思いますか?(できていたと思いますか?)」の問いに対して、約43%もの人が「思わない」と答える結果に! 全体の半数近くもの人が両立に苦労している、または苦労していたようです。

なお、「部活所属状況」ごとに見ると、「思わない」と答えた人の割合は、体育系の部活で約50%、文化系の部活で約30%と、体育系と文化系で約20%ほど差がありました。朝練や土日の遠征試合などもある体育系は、文化系と比べると両立が難しく感じやすいようです。

さらに、「高校以外での勉強時間(1日平均)」については、部活への参加頻度が増えるほど、勉強時間が1時間未満と答えた人の割合が増える結果に。参加頻度が「土日祝日含めてほぼ毎日」と答えた人の中では、勉強時間が1時間未満と答えた人は全体の約4割弱にまで増えました。部活に打ち込めば打ち込むほど、勉強時間を取ることの難しさを多くの人が感じているようです。

部活と勉強を上手に両立するためのポイントは?

では、部活と勉強をうまく両立するためにはどうすればいいのでしょうか?

部活に力を入れている人ほど、どうしても部活後に体力がなくなってしまったり、勉強時間を取りづらかったり、頭が「勉強モード」になれない場合があると思います。そんなときは、まずは毎日の生活の中に、自然と勉強時間を作ってみましょう。

・帰宅後、まずは勉強する
部活でクタクタになって帰宅すると、ついついベッドで寝っ転がったり、リビングでくつろいでしまいがち。そうこうしているうちに、うとうと眠ってしまい、あっという間に1日が終わってしまった……なんてことも。そうならないためにも、帰宅したら、すぐに勉強机に向かう習慣を身に付けてみましょう。

部活で高まった気持ちを生かして、その日にやらなければいけない宿題など、目の前の課題に取り組んでみましょう。

・毎日寝る前に、授業内容を振り返る
寝る前はいつもダラダラ過ごしてしまいがち……という人は、一日の締め括りとして、その日に学校で学んだことを復習する時間に当ててみてはいかがでしょうか。夕食とお風呂が済み、部活で疲れた体が癒され、「勉強モード」に入れる状態のときに、授業で分からなかったことや先生が解説してくれたことをじっくり振り返ってみましょう。

一日の終わりに少し勉強する習慣を身に付けることで、日中の部活とのメリハリもきっと生まれるはずです。

曜日によって、好きな教科・苦手な教科の勉強を分けてみる

また、毎日の習慣以外にも、時間の使い方を工夫して、部活と勉強の両立に役立ててみましょう。

・平日は好きな教科、土日は苦手教科を中心に勉強する
帰宅直後や寝る前など、平日に勉強時間を作ることができたとしても、苦手な教科の勉強はなかなか気分が乗らないもの……。それならば、部活後の自分のやる気を上げるためにも、平日は好きな教科を中心に勉強してみるのも一つの手です。苦手な教科は、時間が取りやすい土日に勉強し、しっかり時間をかけて苦手を克服していきましょう。

・しないことリストを作る
それでも忙しくて時間がない人は、隙間の時間を作るために、「しないこと」をまとめたリストを作ってみてはいかがでしょうか。例えば、寝る前にスマホをダラダラ眺めてしまう時間、友だちと長電話してしまう時間など、つい時間を浪費してしまうことをまずは書き出してみます。

そうすれば、勉強時間の減少に影響があるものは「しないこと」として自覚することができ、勉強の時間に置き換えるなど、時間の使い方を意識できるはずです。

大会やコンクールなどがあると、部活はさらに忙しくなりがち。でも、そんなときこそ、効率のよい時間の使い方を考えられるチャンスです。これから進路について考えていく上でも、部活と勉強を上手に両立させて、学校生活を充実させていきましょう!

【出典】
(株)マイナビ「マイナビ進学モニター調査『部活動・職業感・保護者との会話について』」
(2014年4月公表)

【参考文献】
NHK|テストの花道「部活も勉強も! 時間活用の達人」
http://www.nhk.or.jp/hanamichi/p2013/130513.html
東大塾|時間の使い方 CASE2 部活がハードでもできる両立方法
http://todai.kawai-juku.ac.jp/measures/method/theme2-list2.php
勉強と部活を上手に両立する方法|勉強と部活の両立方法
http://tyugaku.net/schedule/bukaturyouritu.html