【シゴトを知ろう】レッスンプロ ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】レッスンプロ ~番外編~

2017.06.08

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】レッスンプロ ~番外編~

現役のプロ競技ダンス選手として活動しながら、社交ダンススクールで講師を務める石口瑞恵さん。レッスンの質の向上や自身のスキルアップのために、どのようなことを心がけているのでしょうか。また意外と知られていないダンス業界の「あるある」エピソードについても伺いました。

この記事をまとめると

  • ダンス講師は競技会のランクによってレッスン料金が変わる
  • 学生時代の仲間と海外の留学先で集まることも
  • 太りすぎも痩せすぎもダメ。体重維持には気を配っている

レッスンでは「ダンスを楽しいと思ってもらうこと」を第一に

――ダンス講師に資格やランクはあるのですか?

競技ダンスにはいくつかの団体があり、それぞれが認定するインストラクターの資格があります。資格がなくてもレッスンを行うことはできますが、知識や技術を身につけるためにも取得を目指した方が良いかもしれませんね。また各団体が主催する競技会では、そこでの評価によってA級、B級などのランク分けが行われます。ダンスの講師をするときには、この競技会のランクによってレッスン料金が変わります。


――レッスンのときに心がけていることは?

社交ダンスはお互いの体の距離も近いので、気持ちよくレッスンを受けてもらうために接し方には気を配っています。とにかく大切にしているのは、ダンスを楽しいと思ってもらうこと。初めに「難しそう」「できない」と感じると、続けたいと思えなくなってしまいますよね。その方がダンスで何をしたいのか、どういう風にしたら楽しいのか、というニーズに応えるため、最初に取り組む種目で反応を見てレッスンの方向性を決めています。初心者の方は「何をしたいかよく分からない」というケースも多いので、ダンスに対するイメージや始めようと思ったきっかけなどを伺いながら探っていく感じですね。


――教える相手が子どもか大人かでレッスンに違いはありますか?

子どもが好きなのは、アップテンポで動きのハッキリしたリズムダンス。「まずダンスを楽しいと思ってもらう」ということは大人と同じでも、子どものレッスンは基本の種目ではなくラテンダンスからスタートします。まだステップを踏むのが難しい年齢の場合は、リトミック感覚でダンスに興味を持ってもらうようにしています。ただし、小さい子でも初めと終わりのあいさつはしっかり行います。

定期的な海外留学でトップレベルの技術に触れる

――ご自身のスキルアップはどのように?

年に2回、勉強のために海外留学をしています。行先は主にイギリスで、期間は2週間半~1カ月ほど。世界中から著名な先生が集まる大きな国際大会の開催に合わせて渡英し、現地でレッスンを受けています。世界のトップ選手の中で練習できるので、いつも大きな刺激をもらっています。
競技ダンス選手としてのスキルアップは講師の仕事にも直結します。感覚には個人差があり、同じ言葉でも受け取り方は人それぞれです。でも私自身がさまざまなレッスンを受けることで、生徒さんへの声かけや接し方、アドバイスのバリエーションを増やすことができます。


――同業者との横のつながりはありますか?

日本人の先生は同じくらいの時期に留学をするため、あちらで息抜きに食事をすることもあります。また、全国の大学の競技ダンス部や社交ダンス部などで構成される「全日本学生競技ダンス連盟(学連)」という組織があるのですが、その学連の同期の人たちとは今でも仲がいいですね。でもそれぞれ所属する団体が別だと、競技会の日程が違うのでなかなか会えないんですよ。私と同じように定期的に留学する人が多いので、イギリスで集まって食事会をしたりしています。

仕事中は男女ともにパンツスタイルが基本

――お仕事にまつわる「あるある」エピソードがあれば教えてください

パーティシーズンになると練習が深夜にまで及ぶこともあります。自宅が遠方だと帰れなくなってしまうので、ほとんどのスタッフが教室の近所に住んでいます。また競技ダンスのペアの8割くらいは夫婦か恋人同士です。やはり信頼関係が大切なので、プライベートでも自然と一緒になることが多いのかもしれませんね。


――レッスンのときの服装は?

ただダンスを教えれば良いという訳ではなく、「いつもきれいでいなければ」いう心構えでレッスンをしています。時々忙しくておろそかになってしまうこともありますが(笑)、身だしなみには気を配っています。レッスン時の服装は、男女ともにほとんど黒のスラックス。私の場合は女性の生徒さんのレッスンで男性役を務めることも多いですし、動きやすさもあって必ずパンツスタイルですね。世間一般でスリムパンツが流行しても、ダンス業界ではワイドなシルエットが主流です。


――体力維持やスタイルキープの面で気をつけていることはありますか?

ダンスでは体幹の強さなども大切な要素なので、日々ダンスの練習以外に腹筋やバランス系の体幹トレーニングも行っています。また、「少し太ったかな」と思ったら炭水化物を控えるなど、体重維持にも気をつけています。ただ競技ダンスには力強さも必要なので、痩せていればいいという訳でもないんです。海外選手に比べると日本人はどうしても細いので、痩せると体負けしてしまいます。体全体のバランスを考えながら、どんなに忙しくても食事は抜かないようにしています。



石口さんに社交ダンスの魅力を伺うと「2人で踊ることで得られる一体感。年齢を問わず一生の趣味にでき、美容や健康にもおすすめです」と答えてくれました。教室に通われている生徒さん達も、美しい姿勢で若々しい方ばかりだそうです。レッスンプロは多くの人にダンスの楽しさを伝えることができる、やりがいのあるお仕事といえそうですね。


【profile】檜山ダンススクール 石口瑞恵
http://www.hiyamadance.com

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「レッスンプロ」
はこんな仕事です

主に社交ダンスなどの技術を、趣味や健康維持、競技出場をめざして学ぶ人たちに教える仕事。アクティブシニアからジュニア層、ナショナルチームなど、対象ごとに求められる教師や指導者の資格が細分化している。風営法の規制により、パーティーなどでダンスの相手をする場合にも資格が必要であり、資格認定を行う団体も一般社団法人や公益財団法人など複数存在する。自分のプランに合った団体を選んで練習や講習会を経験するとよい。競技会で上位入賞すれば教師としてのランクも上がる。

「レッスンプロ」について詳しく見る