入部までの不安を解消! 自分に合った部活を見つけるポイントは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

入部までの不安を解消! 自分に合った部活を見つけるポイントは?

2017.04.18

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

入部までの不安を解消! 自分に合った部活を見つけるポイントは?

高校生活を過ごす上で、大きな比重を占める部活。これから始まる3年間を有意義に過ごすためにも、自分に合った部活を選択することはとても重要です。しかし、入学したばかりのこの時期は分からないことだらけで、部活選びで不安が募ることも……。自分にぴったりの部活は、どのように見つけたらいいのでしょうか?

そこで今回は、入部前の不安解消に役立つ、自分に合った部活を見つけるためのポイントをご紹介します!

この記事をまとめると

  • まずは気軽に仮入部してみよう
  • 先輩に質問したり、部活の雰囲気を観察したりしてみよう
  • 部活選びで迷ったら、家族や友だちに相談してみよう

1. まずは仮入部してみる

多くの高校では、部活を始める前に仮入部で実際の活動を体験できるようになっています。「仮入部とはいえ、一度入部したら引き返せないのかな……」「入部せずに怒られたらどうしよう……」と不安に思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。気になる部活があれば、まずは気軽に仮入部をして、実際の活動や練習に参加してみましょう。仮入部する前から「この部活は自分には向いてなさそう……」と決め付けずに、最初は広く浅くでもいいので、自分の興味を知るためにいろいろな部活を体験してみてはいかがでしょうか。実際に触れてみないと分からないことが、きっとたくさんあるはずです。

また、部員のレベルを知ることも、今後活動をしていく上で重要なポイントとなります。自分以外の部員が全員経験者の場合は、練習がハードだったり、レギュラーになるのが難しかったりするなど、自分が思い描く活動ができないこともあるかもしれません。まずは仮入部をし、実際の練習に参加してみることで、部活のレベルが自分に合っているのかを確認しておきましょう。

2. 先輩・後輩の関係、顧問の先生をよく観察してみる

せっかく自分に合った部活を見つけることができても、その部の雰囲気や人間関係が自分にマッチしていないと、部活を長く続けることが難しいことも。

部活の上下関係や顧問の先生との相性に不安を感じている人は、「先輩と後輩の関係はどうだろうか?」「顧問の先生は熱心だろうか?」など、普段どんなやり取りをしているかを実際に見ておくことで、入部後のイメージがぐっと湧きやすくなります。仮入部の機会に、先輩や顧問の先生をよく観察してみましょう。

3. 分からないことは先輩に聞いてみる

分からないことや不安なことがあったら、先輩に質問をしてみましょう。実際にその部に所属している先輩から、部員ならではのリアルな話を聞くことで、入部後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔することを防げるはずです。

例えば……

・普段の活動内容やスケジュールはどうなっているか?
・初心者でも始められるか、初心者だった人もいるか?
・どんな道具をそろえる必要があるか?

など、気になることは積極的に先輩に聞いて、入部前の不安を解消しておきましょう。

4. どうしても迷ったら家族や友人に相談

「仲のいいあの子が○○部に入るから、私も……」という決め方をしてしまうと、あとから後悔してしまうこともあるため、自分自身が本当に「やってみたい!」と思える部活を選択することは大切です。

しかし、どうしても迷ったときは、自分のことを客観的に見てくれる家族や友人の意見を聞いてみるのもいいかもしれません。「あなたの性格を考えると、△△部が合っているんじゃない?」「高校は勉強との両立も大事になってくるから、勉強時間をちゃんと取れる部活のほうがいいかもね」といった、自分以外の第三者からの意見も参考にしてみることで、自分とその部活の相性を改めて考えられるはずです。

高校は、勉強はもちろんのこと、たくさんの人とさまざまな経験をして、社会に出る準備をする場所でもあります。その中で部活は、体力や技術力の成長だけではなく、本気になって何かに取り組むことの大切さや、厳しい練習をともにすることで生まれる友情、上下関係のマナーなど、多くのことを学べる機会があります。

今回紹介したポイントを踏まえて、入部前の不安を解消しながら、自分に合った部活じっくりと決め、充実した高校生活を送ってくださいね!