【シゴトを知ろう】ライター ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ライター ~番外編~

2017.05.31

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ライター ~番外編~

大学生の頃から出版や編集の仕事に興味のあったフリーライターの岩根彰子さん。大学卒業後すぐにフリーランスとして活動を始めたわけではなく、まず会社に所属して経験を積んだそうです。会社員とフリーの働き方の違いや印象深い仕事、大変だった仕事についてお話を伺ったので、番外編としてご紹介します。

この記事をまとめると

  • トルツメ、イキ、開くなど、編集業務には専門用語がたくさんある
  • 普通の生活をしていたら縁がない世界。ライターだから垣間見ることができる
  • 働き方はどのように変わった? 会社員、フリーランス、それぞれのよさがある

仕事じゃなくても修正したくなる? ライターの職業病

――ライターの方がよく使っている業界用語はありますか?

編集プロダクションに入ったばかりのころ、電話で「ブツ撮りの件で……」と言われた時は何がなんだか分かりませんでした。最近では、写真を撮ることが好きな人は普通に使っているようですが、「ブツ撮り」とは商品や物を撮影することだと後から知りましたね。
あとは、編集に関する用語「トルツメ(*1)」「イキ(*2)」「開く(*3)」は、きっと一般の人には分からない用語だと思います。

*1 トルツメ:記事の誤字や脱字を確認、修正する校正作業の際、不要な文字や文章を削除したとき、直後に書かれている文章を前に詰めて、削除した部分の前後の文章をつなげる指示のこと。

*2 イキ:校正作業の際、誤って修正指示を書いてしまったとき、元の文章を生かしてそのまま使うようにという指示のこと。

*3 開く:校正作業の際、元の文章では漢字表記だったものを平仮名にすること。


――ライターの職業病のようなものはありますか?

同じ文章の中に「出来る」と「できる」のように異なる表記があると、すぐに気付きます。
また、特にWebサイトだと、難しい漢字を使っていることがあるんです。それを目にすると、「もう少し平仮名を使った方が読みやすくなるのにな」と思ってしまったりします。文字はどうしても気になるんですよね。テレビを見ていて、テロップの文字が間違っているのに気付いたりもしますよ。

あと、編集プロダクションで働いていた時、上司から貸りた本にあった誤字に赤いペンで訂正が入っていて、「職業病だな」と思いました(笑)。
映画を見ていて「この場面のことを書いたらキャッチーな文章にできるな」と考えてしまうこともありますね。

取材対象として向き合うことで見えてくる人や物の魅力

――これまでで特に印象に残っている仕事はありますか?

雑誌の企画で、テレビの裏方の仕事をしている方たちにインタビューをしたことがあるんです。フードコーディネーターや水中写真家、ニュース番組の模型を作っている方などのお話を伺ったのですが、その中でも、京都の撮影所で時代劇の床山(*)をされている女性のことが印象に残っています。
その企画では、インタビューの対象となる方と一緒に仕事をしている方からもコメントをいただいたのですが、その方が担当されていた俳優の里見浩太朗さんに断られるのを承知でコメントをお願いしたところ、「あの子のためならいいよ」とおっしゃっていただけたんです。人と人とのつながりの大事さを感じましたね。

他には、ガイドブックを作る仕事で、ハワイ全島を回った時は単純に楽しかったです(笑)。その仕事に携わる段階ではハワイに対して全く興味がありませんでしたが、有名な観光地オアフ島だけではなくてラナイ島、モロカイ島といった小さい島にも行くことができて、ハワイのことが大好きになりました。

*床山(とこやま):時代劇や歌舞伎で俳優がつけるかつらや力士のまげを結う仕事をする人のこと。


――逆に、とても大変だった仕事を教えてください。

1995年、Windows95が発売された時期に、私が働いていた編集プロダクションでは3冊ぐらいガイドブックの企画を抱えていました。ソフトウェアの発売日が後ろにずれることはないので、絶対にそのタイミングに合わせてガイドブックを完成させなくてはなりません。泊まり込みで仕事をして大変でしたね。
締切が決められていてボリュームの多い仕事は、どうしてもつらいです。そういう経験もあって、フリーランスになろうと考えるようになりました。

組織の中で働いて基本を身に付けたからこそ、フリーランスで働けている

――フリーライターとして仕事をするようになって、何が大きく変わったと感じましたか?

仕事の量を自分でコントロールできるのが大きな違いです。会社の一員として働いている限りは、会社が受けた仕事を懸命にこなしていかなくてはいけませんが、フリーライターは自分で仕事の量を決めることができます。もちろん、締切が重なってしまうことはありますが、会社で働いていたときと比べると、無理のない範囲に収めることができます。
あと、毎日決められた時間に会社に行かなくてはいけない生活ではなくなったことも大きいですね。うまくバランスを取ってやっていけているので、そういう意味ではフリーランス向きの性格だったんだと思います。

反対に、会社に所属していてよかった点ももちろんありますよ。文章を書いた後、上司や先輩にしっかりとチェックをしてもらえて意見ももらえます。文章の書き方を教えてもらえたことは、自分にとって財産になっています。
会社で働くことによって得た基本があるからこそ、今フリーランスで活動できていますし、書き上げた文章に対して編集というフィルターを通さないことには、若干不安も伴うものです。


――ライター同士の横のつながりはあるのでしょうか?

フリーランスで仕事をするようになってからは、新しい横のつながりができにくいなと思いました。一つの取材現場に対して基本的にライターは一人で仕事をしますので、つながりがあるライターは編集プロダクション時代の知り合いが多いですね。
仮に体調を崩して現場に行けなくなった場合、代わりに仕事に行ってもらえるような知り合いは作っておいた方がいいと感じています。


――ライターの仕事を始める前に抱いていたイメージとのギャップを感じたことはありますか?

書籍には、時間をかけてコツコツと取材を重ねて作り上げていくイメージを持っていました。確かにそのような作り方をしている本もありますが、一方で、締切ギリギリでデザインして原稿も一気に書きあげるような、あっという間に作り上げるパターンの本もあることが意外でした。
デスクワーク中心で頭を使う仕事というイメージを持っている人も多いと思うんですが、取材のために動いたりするなど、実際は想像していたよりも勢いのある仕事ですね。


編集プロダクションで約3年間経験を積んでから、フリーランスの道を選んだ岩根さん。当然それにはよさもあり、不安もあるとおっしゃっていました。会社に属してライターとして活躍した人のキャリアパスには、フリーライター以外に作家などの選択肢もあるとのことです。ライターとして文章を書く基本を身に付けてからキャリアチェンジをすることも、一つの道なのかもしれませんね。


【profile】ライター 岩根彰子(いわね しょうこ)

映画、テレビ、音楽などのレビューサイト「103(ひゃくさん)」 
https://www.review103.com/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ライター」
はこんな仕事です

出版社や新聞社、Web制作会社などから依頼を受け、さまざまな文章を書く仕事。ルポライター、ノンフィクションライターなど、書く内容によって呼び名が異なる。編集者とともに資料を収集し、記事の構成や取材先も決定。カメラマンを伴って取材に出かけることも多々ある。また、独自に取材や調査を行い、その記事を新聞社や出版社に売り込むケースもある。政治からスポーツ、科学、エンタテインメントまで、どんな記事でも書けるタイプのライターもいれば、特定の専門分野を得意とするライターもいる。

「ライター」について詳しく見る