【シゴトを知ろう】宅地建物取引士 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】宅地建物取引士 ~番外編~

2017.06.05

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】宅地建物取引士 ~番外編~

不動産に関わる仕事の中で重要な役割を果たす宅地建物取引士。「専門的で難しそう」と思われがちな不動産の仕事ですが、中にはあまり一般に知られていない業界の“常識”もあるようです。不動産の売買や相続に関するコンサルティングを行っている田中歩さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 宅地建物取引士の他にも不動産関連の仕事に生かせる資格はある
  • マンホールの蓋を見れば公道か私道かが分かる
  • 独立して仕事をするなら発信力が重要になる

あまり知られていない仲介手数料の仕組み。業界ならではの“常識”も

――宅地建物取引士の他に、仕事に生かされている資格はありますか?

「1級ファイナンシャル・プランニング技能士」「不動産コンサルティングマスター」「日本ホームインスペクターズ協会公認ホームインスペクター(住宅診断士)」の資格を保有しています。お客様の立場からすれば、不動産の売買やそれに伴う税金、ローンの計画、相続の問題などは全て密接につながっています。ワンストップのコンサルティングを行うためには、それぞれ必要な知識だと思っています。


――一般の方が知らないような業界用語や業界の常識はありますか?

不動産の売買を行う際には、仲介業者に対する仲介手数料が発生します。売主と買主の仲介業者が同じ場合は、その業者は双方から手数料を受け取ることになり、これを「両手」と呼びます。売主と買主がそれぞれ別の仲介業者に依頼している場合は、どちらか一方からのみ手数料を受け取り、これを「片手」と呼びます。なお規模の大きい案件などでは間に何社も仲介業者が入ることがあり、このようなケースは「あんこ」と呼ばれます。
仲介業者とすれば当然、売主と買主のどちらか一方からしか手数料がもらえない「片手」よりも、手数料が倍になる「両手」取引にしたいと考えますよね。そのため売却依頼を受けた業者が、他の業者からの問い合わせに対して商談中などとうそをついて契約を断り、自社で買い手を探そうとする「囲い込み」と呼ばれる問題が起こることがあります。売主・買主双方に不利益をもたらす「囲い込み」は、国からも禁止されていますが、罰則規定がないこともあり完全にはなくなっていません。業界として解決していかなければいけない問題だと思っています。

相続に関する案件は、お客様と年単位のお付き合いになることも

――お仕事に関わる「あるある」エピソードがあれば教えてください

普段外を歩いている時についチェックしてしまうのがマンホール。マンホールの蓋で、そこが私道か公道かが分かるんですよ。マンホールに何も書かれていなければ私道である場合が多く、公共下水道などと書かれていたり市章を使ったデザインが施されていたりしたらそこは公道です。私道と公道の違いにも注目しながら、マンホールの柄を見て楽しんでいます。地形図や土地条件図を見るのも好きですね。最近はウェブ上で明治・大正時代の地図を見ることもできるので、スマホ片手にそれらの地図を眺めながら散歩をしています。


――1つの仕事にかかる期間は?

ケースバイケースですね。例えば一般的な不動産売買なら3カ月から半年くらい。短いものだと1カ月ほどで終了する案件もあります。一方で、前もっての計画が必要な相続対策には年単位の時間がかかります。税法の改正や不動産評価額の変動などに合わせて、その都度プランの見直しを行っています。

法律に関する勉強は必須。日々の情報収集は怠らない

――仕事をする上で必要な勉強は?

やはり法律に関する知識は必要です。例えば2015年に相続税法の大きな改正がありましたが、それを知っているか否かではお客様とのやりとりが変わってきます。また適切なアドバイスを行うためには、税制の優遇や条件なども常に頭に入れておかなければいけません。どんな仕事でもそうだと思いますが、日々の勉強はとても大切です。


――そのお仕事で成功されている方の共通点は?

銀行など大きな組織の中で出世しようと思うなら、まずはその会社のルールを知ることでしょう。会社によって評価基準や制度は全く異なりますから。でも評価ばかりを気にして「お客様のため」という本質を忘れることのないようにしたいですね。
また独立してやっていく場合は発信力が非常に重要です。世の中のどこに問題があって、解決するにはどうすればいいか、ということを発信できる人は成功していると思います。そのために大切なのは、やはりコミュニケーション能力。社会のニーズを的確につかみ、多くの人に物事を伝えるためにも、会話の中からコミュニケーション能力を高めるトレーニングをおすすめしたいですね。



不動産に関わる仕事はもちろん、どんな仕事をする上でもやはりコミュニケーション能力は重要なのですね。田中さんは「学校以外のさまざまなコミュニティに触れ、たくさんの人と会話をする経験をしてほしい」と高校生にエールを送ってくれました。机の上での勉強はもちろん大切ですが、高校生のうちに積極的に外の世界に触れ、知見を広げてみてはいかがでしょうか。


【profile】株式会社さくら事務所 コンサルタント 田中歩
http://www.sakurajimusyo.com

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「宅地建物取引士」
はこんな仕事です

不動産を円満に取引するため、顧客に宅地・建物の重要事項を説明するのが仕事。重要事項として説明されるのは、土地の面積や建物の構造、権利関係、支払い条件など。家や土地の購入は、人生の中でおそらく一番大きな買い物だからこそ、家や土地の売買には法的な取り決めが多い。不動産業者には従業員5人に対し、一人以上の宅地建物取引士を事務所に配置することが義務付けられており、不動産業界では必要不可欠な職種だと分かる。不動産業界のほか、金融機関の不動産を扱う部門など活躍の幅は広い。

「宅地建物取引士」について詳しく見る