名前ネタは鉄板!? 初対面の人と仲良くなるための自己紹介のコツって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

名前ネタは鉄板!? 初対面の人と仲良くなるための自己紹介のコツって?

2017.04.11

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

名前ネタは鉄板!? 初対面の人と仲良くなるための自己紹介のコツって?

入学式後の最大のイベントといえば、クラスや部活での自己紹介! 自分のことをうまく伝えて、初めて顔を合わせるクラスメートや部活の先輩・同級生たちと仲良くなるきっかけを作れたらうれしいですよね。でも、自己紹介があまり得意じゃない……という人も多いと思います。そこで今回は、自己紹介のときに役立つ、初対面の人とのコミュニケーションのコツをご紹介します!

この記事をまとめると

  • 普段呼ばれているあだ名など、名前に関する小ネタを盛り込むと◎
  • 聞く人が共感してくれそうな話を盛り込み、相手の興味をさらに引いてみる
  • 自信過剰やネガティブな発言はいきすぎないように注意が必要

1. 自己紹介の最初と最後だけでも、「笑顔」で「元気よく」!

その人の第一印象が決まってしまうこともある自己紹介。友だちや先輩と打ち解けて、高校生活で好スタートを切るためにも、まずは相手に気持ちよく感じてもらえるよう、「笑顔」や「元気よく声を出す」といった心掛けをしてみましょう。

内気な性格の人や人見知りをしてしまう人などは、常に笑顔で元気よく声を出すのは難しいかもしれません。そういった場合は、最初と最後だけでも元気よくあいさつする、といった心掛けだけできっと印象が変わるでしょう。

2. 名前に関する小ネタを盛り込む

ただし、笑顔で元気よく自己紹介をすることができても、当たり障りのない話になってしまっては、相手の印象に残りづらくなってしまうかもしれません。そこで、ぜひ取り入れたいのが、自分の名前に関する「小ネタ」。普段呼ばれているあだ名や、これから呼ばれたいあだ名があれば、自己紹介に分かりやすく盛り込むことで、あなたの名前が相手の記憶に残りやすくなるはずです。

例えば、名字が「秋葉」なら、「みんなには、“AKB”って呼ばれてます!」といったふうに。また、「若村」なら、「若(ジャク)の村(ソン)なので、ジャクソンって読んでください!」など。自分の名前を上手に相手に知らせながら、あだ名をアピールすることで、今後、友だちと仲良くなったときにあだ名で呼び合うためのきっかけ作りにもなります。ただし、最初についたあだ名はその先もずっと呼ばれ続ける可能性があるので、どのようなあだ名でアピールするかには注意が必要です(笑)。

3. 聞く人が共感してくれそうなことを意識して、話の中身を考える

自己紹介では、自分の性格や特徴、経歴、好きなことなどを伝えることが大切ですが、聞く人が共感してくれそうな話を盛り込むと、さらに相手の興味を引くことができるでしょう。

例えば、野球部に入部するときの自己紹介であれば、自分が応援しているプロ野球チームに加えて、好きな「野球漫画」を伝えてみてはいかがでしょうか。「おっ、俺もそれ読んでるよ!」「その漫画が好きなら、きっとこれも好きだよ」と、共通して盛り上がる話題がさらに広がっていくはずです。そこでお互いの趣味が近いことを確認できれば、あなたと相手との距離もぐっと縮まっていくでしょう。

4.「あれもできる」「これもできる」は言い過ぎないようにする

自己紹介では、自分の「キャラ」を立たせるために、自分が得意なことや強みをアピールすることもあると思います。「あれができる」「これもできる」といったアピールは、クラスメイトや部活のメンバーに頼られるポイントにもなるので、相手の興味を引きやすい話題です。ただし、あまり言い過ぎてしまうと、「自信過剰なヤツ」に見られてしまいがちなので、自分が得意なことや強みをアピールするときは、謙虚な姿勢も忘れてはいけません。

反対に自己紹介でネガティブなことを言う場合には注意しましょう。「私はノリが軽すぎて、よく『友だちなくすよ』って言われたりします(笑)」「いつも女子ウケが悪いんですけど、女子のみなさん嫌わないでください!」など……。自虐的なおもしろさにつながればいいのですが、「そ、そうなんだ……」と引かれてしまっては、せっかくのスタートダッシュでつまずきかねません。ネガティブな発言もいきすぎないようにしましょう。

クラスメイトや部活の先輩・同級生たちと仲を深め、気の合う友だちを作ることができれば、授業や部活、放課後など、毎日の高校生活はきっとより充実したものになるはずです。今回ご紹介したコツを参考にして、友だち作りのきっかけになる自己紹介を目指してみてくださいね。


【参考文献】
All About|嫌われない自己紹介には「謙虚さ」がある
https://allabout.co.jp/gm/gc/313371/
日経Bizアカデミー|第1回 印象に残る自己紹介のコツ
http://bizacademy.nikkei.co.jp/business_skill/commonsense/article.aspx?id=MMACzh000014032012&page=1