2.5次元の活躍もアリ!? 止まらない!広がり続ける声優のおシゴト

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

2.5次元の活躍もアリ!?
止まらない!広がり続ける声優のおシゴト

2017.05.01

提供元:代々木アニメーション学院 東京校

2.5次元の活躍もアリ!?
止まらない!広がり続ける声優のおシゴト

これまで声優の仕事といったら、ナレーターやアニメのアフレコ、映画の吹き替えなどをイメージしていましたが、最近ではコンサート・CD・メディア出演・イベントなどアイドルのような活躍も見られるようになりました。
幅広い活躍を期待できる声優業、あなたはどんな声優になりたいですか?

この記事をまとめると

  • 歌手、アイドル、2.5次元まで︕声優として幅広く活躍するために必要なスキルとは
  • どんな場面でも活躍できる声優を育成する代アニのエンタメ学部
  • 天王洲 銀河劇場の舞台で在学デビューを目指せる︕代アニの2.5次元カリキュラム︕

求められる声優のスキル。それに応える代アニの「声優タレント科」

アフレコ授業の様子

アフレコ授業の様子

なりたい職業ランキングで上位を位置づけている「声優」。近年、アニメの放送本数が増えていくに従い、声優の需要も高まってきています。同時に、声優に求められることも多くなりつつあります。アニメのキャラクターに声を吹き込んだり、外国語映画の吹き替えを行ったりするだけではなく、歌手活動をしたり、アイドルのように踊ったり、Blu‒rayやDVDのプロモーションイベント、朗読劇、ラジオに出演したりすることも増えてきています。
代アニの卒業生である水樹奈々、櫻井孝宏、鈴村健一など、声優として幅広い分野で活躍している方は多くいます。
現在の声優のお仕事ですが、大きく以下の3つのタイプに分けられます。

1.ナレーターや映画の吹き替えなど、実写を中心に活躍する声優
2.アニメーションから映画の吹き替えまで、マルチに活躍する声優
3.アニメーションの専門!アニメ特化型声優

これらの声優には、具体的にどんなチカラが必要なのでしょうか。

「なりたい声優像」を明確に!

歌唱オーディションの様子

歌唱オーディションの様子

では、それぞれの声優の特徴を見ていきましょう。
まずは「実写を中心に活躍する声優」です。バラエティ番組や報道番組などで、ナレーターは欠かせません。実際の映像をより面白く、臨場感があるように伝えるためには、情感をこめて読む「演技力」と、情報を「正確に読む力」が必要になります。特に報道番組
では生放送でナレーションを行うことも少なくありません。限られた時間の中で、いかに視聴者に正しい情報を伝えるかが大切です。

次に「マルチに活躍する声優」です。近年はアニメだけでなく、映画の吹き替え、歌手活動など、さまざまな場面で声優の需要が高まっています。マルチ声優に求められるのは、「順応力」です。どんな状況でも柔軟に対応し、要望に応えられるチカラ。それは何度も実践練習を繰り返して培われるものです。また、たくさんの引き出しを持っておくこともポイント。

そして「アニメ特化型声優」です。アニメ特化型声優の中には、いわゆる「アイドル声優」と呼ばれる人もいるようです。アニメのキャスティングはオーディションで決まります。いかにそのキャラクターに合っているかどうか、世界観に合致した声質と演技力が求められます。また、漫画や小説を原作にしてアニメ化を行う場合、原作ファンのイメージを壊さないような技術も必要。そのため、オーディションで有名な声優が落選することもあれば、新人が合格するということもあります。一度オーディションに落選しても、別のキャラクターで合格する場合もあるので、諦めないことが大切です。

ここまで3つのタイプの声優の特徴や必要な力を見てきましたが、あなたはどのタイプを目指しますか?自分の声は普段から何度も聞いていますが、録音して聞いてみると「私ってこんな声だったっけ?」と気づくこともあるでしょう。
客観的に聞いてみて、どんなタイプが向いているか考えてみるといいかもしれませんね。

幅広い活躍に対応したできる代アニ

代アニが運営する「天王洲 銀河劇場」

代アニが運営する「天王洲 銀河劇場」

2次元のアニメに声を吹き込む声優というお仕事は、2次元にも3次元にも存在する、「2.5次元」の存在といえるかもしれません。「2.5次元ミュージカル」とは、2次元の漫画やアニメを原作とした舞台のことであり、近年注目を集めています。
代アニの「エンタメ学部 2.5次元演劇科」は、2.5次元業界のトップカンパニーが全面協力しています。
ミュージカル『テニスの王子様』や舞台『弱虫ペダル』、ライブ・スペクタクル「NARUTO‒ナルト‒」、「ROCK MUSICAL BLEACH」といった大ヒット作に携わった「ネルケプランニング」「マーベラス」「ぴえろ」が全面的にバックアップすることで、あなたをプロの舞台へと導きます。また、授業ではプロが実際に使用する規模の【天王洲 銀河劇場】を使用
します。在学中から、実際にプロが使用する劇場に何度も立ち、現場で活躍しているプロによる指導を受けることで、プロデビューをかなえる夢に一歩近づけます。
「エンタメ学部」には、「声優タレント科」「声優アニソン科」「声優アイドル科」「2.5次元演劇科」の4学科があります。
アニメやゲーム、2.5次元舞台の制作を行う企業のトップである(株)ネルケプランニング代表取締役会長【松田誠】氏と、(株)マーベラス代表取締役会長兼社長CEO【中山晴喜】氏を社外取締役に迎えるなど、エンターテインメント分野の著名人が深く代アニの教育運営に携わっています。また、2016年より、学校のプロデューサーとして“秋元康/小室哲哉/つんく♂/指原莉乃”などが就任しました。アニメ業界や芸能界と一体化した運営を行う学校のため、年間に用意されるオーディションの数も非常に多いです。
「教育+現場経験+在学中の就職・デビュー」を学内で完結できる“オールインワン教育”を実現した、代々木アニメーション学院だからこそ、ダントツの教育力であなたの成功を後押しします。

【広告企画】提供 : 代々木アニメーション学院 東京校

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「声優」
はこんな仕事です

映像に声をのせる職業。海外の映画やドラマの吹き替え、アニメやゲームへのアテレコ、ナレーションなどが仕事となる。せりふは俳優やキャラクターの口の動きに合わせ、作品によって声質も演じ分ける。最近は、アニメやゲームの声優としてブレークし、歌手活動をする人もいる。仕事はオーディションを受けて得るケースがほとんどだが、新人の1本あたりのギャラ(収入)は1作品1万5000円が相場。その後、実力や芸歴、人気によってアップする可能性も。売れっ子はせりふの2次使用料金、イベント出演といった道も開かれる。

「声優」について詳しく見る