【シゴトを知ろう】加圧トレーニングインストラクター 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】加圧トレーニングインストラクター 編

2017.05.15

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】加圧トレーニングインストラクター 編

部活動や趣味を通して、身体を鍛えるトレーニングに興味を持った人もいるのではないでしょうか。なりたい身体や鍛えたい部位によって、ウエイトトレーニングや体幹トレーニングなどさまざまなトレーニング方法があります。
効率よく筋力アップやダイエットの効果が期待できると話題になった加圧トレーニングには、適切な知識を持ったインストラクターが必要。今回は、加圧トレーニングインストラクターとして活躍している平野慶介さんに、加圧トレーニングの仕組みやお客さまに指導する仕事の難しさについてお話いただきました。

この記事をまとめると

  • ダイエットからマラソンタイムの短縮まで、「なりたい身体」づくりをサポート
  • 箱根駅伝を目指して大学へ。挫折を味わったものの加圧トレーニングと出合う
  • 日進月歩のトレーニング業界。情報収集も重要な仕事

目的はさまざま。お客さまに合ったトレーニング内容を提案

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください

お客さま一人ひとりのトレーニングの目的や運動経験などを考慮しながら、トレーニングプログラムの提案、加圧トレーニング(*)の指導を行っています。

加圧トレーニングにおいて、適切に血流を制限した状態でトレーニングをして乳酸をためた後に制限を解除すると、血の流れに乗って全身に乳酸が広がるため、脳は激しいトレーニングをしたと錯覚して成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンは脂肪の分解にも関与していますので、筋力もつき、より脂肪を燃やしやすい身体づくりの役に立つといわれています。

血流制限をする時間は基本的に腕10分、脚20分と決められています。当スタジオでは、脂肪燃焼効果が高まった状態ですぐに有酸素運動ができるようにトレーニング機器を用意し、加圧トレーニングと有酸素運動をより効率よく組み合わせて行える環境を整えています。

<一日のスケジュール>
09:50 出勤
10:00 オープン
    トレーニング指導(1人1時間)
    空いている時間はSNSを通じて情報発信、トレーニングに関する情報収集など
20:00 最終受付
21:00 トレーニング終了
21:30 帰宅

*加圧トレーニング:発明者・佐藤義昭先生が45年以上もの歳月をかけて研究・実践を積み重ねて確立した世界初の画期的なトレーニング方法。
上肢や下肢の付け根をベルトなどの専用器具で適度に血流制限することにより、低負荷の状態であっても高負荷のレジスタンス運動(筋力トレーニング)と同様の効果を、より短期間、短時間で得ることができる。
成長ホルモンをはじめとする内分泌系ホルモンの分泌を促進すると共に、さまざまな医学的・生理学的効果が得られるため、医療・健康・スポーツ分野に限らず、航空宇宙医学分野においても研究が進んでいる。


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

加圧トレーニングはプロのスポーツ選手などもトレーニングに取り入れていますが、ダイエットや健康増進を目的として通われる方も多くいます。日常生活を送る上で最低限必要な筋力をつけたり、より美しい身体を目指したいという主婦の方がいらっしゃる一方で、定期的にマラソンに出場されるような方の場合は長距離を走れる身体づくりを目指されていますので、要望が大きく異なります。
それぞれが持っている「なりたい身体」に近付くためのお手伝いができているかどうかは、トレーニングを続けていく中でお客さまの身体の変化などで感じられるので、目に見えて効果が出てきた時はうれしいですね。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

もともとスポーツをされていた方はタイムや筋肉の状態で効果を実感しやすいのですが、定期的にスポーツをされていなかった方は効果を実感する目安がないため、具体的にどの部分に加圧トレーニングによる効果が出ているのかを感じにくい部分があります。
でも、成長ホルモンが分泌される影響として「トレーニング後にとても眠くなる」「肌の調子がよく化粧ののりが違う」とおっしゃる方もいらっしゃいますし、血行がよくなり片頭痛が軽くなった方や慢性的な肩こりが改善した方もいらっしゃいます。
加圧トレーニングの効果や影響は筋肉面だけではないと感じているので、さまざまな例についてご紹介させていただくようにしています。

加圧トレーニング初体験! 短時間で効果を感じた

フルマラソンのベストタイムは2時間33分台

フルマラソンのベストタイムは2時間33分台

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

大学2年生の時に初めて加圧トレーニングを体験し、短時間だったにも関わらず効果を実感できたことが大きいですね。
特に男性の場合は筋肉の肥大が大きくみられます。筋肉痛による筋肉の張りが通常のトレーニングと比べてつらくない状態だったので走る練習にも支障が出ず、「効果的なトレーニングができている」と感じました。

大学卒業後は一度スポーツショップに就職したのですが、加圧トレーニングの持つ効果を体感していたので、その魅力をより多くの方に伝えていきたいと思って加圧インストラクターの資格を取得し、現在の仕事を始めました。


Q5. 大学では何を学ばれましたか?

経営学部で「スポーツビジネス」を中心に学びました。スポーツをビジネス的な側面から学んだり、栄養や具体的にどのように運動をすることが効率的なトレーニングにつながるのかなどについて学ぶ機会があったのですが、今思うと、もっと経営についていろいろ学んでおけばよかったですね。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

中学生の頃まではスキーをしていたのですが、箱根駅伝を見て「自分も箱根を走りたい」と思ったことがきっかけで高校から陸上を始めました。
周囲には高校で陸上を引退してしまう人が多かったのですが、私にとっての最大の目標は「箱根を走ること」だったので、大学に入学しないと達成できない目標でした。そのため大学は、箱根駅伝に数多く出場しているという点から選びました。

高校時代には県大会でも上位だったので大学でも駅伝部に入れると言われていたのですが、大学の駅伝部には入るための基準があり、私は入部することができなかったんです。
一度そこで目標が無くなってしまったんですが、私の悔しさを知っていたゼミの教授に「加圧トレーニングで駅伝部員よりも速く走れるようにならないか! そしてマラソンをやろう」と言っていただけたことで加圧トレーニングと出会えたので、振り返ってみると、駅伝部に入れなかったことで新しい世界が広がったと思います。

好きだから長く続けられる。まずは好きなものを探そう

Q7. どんな人が加圧トレーニングインストラクターに向いていると思いますか?
 
トレーニングには最新技術や理論なども取り入れることが必要ですので、自分で情報を集めて研究することが好きということが大切です。
また、多くの人と接する仕事なので、コミュニケーション力が無いと難しいですし、お客さまの変化に対して気を配る観察力なども必要です。
そして一番は笑顔です。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

大学や専門学校に進むと、インターンシップなどで実際の職場を経験できる機会がありますので、実際に働いてみないと分からない部分を感じることができるでしょう。
みなさん、部活や趣味など興味を持っていることがたくさんあると思うのですが、好きなものから仕事を見つけることが、長く続けていくために大切なことです。「長く続けられること」を念頭に置いて将来を考えることも重要だと思いますね。


箱根駅伝に出場することを目標に高校生の時に陸上を始めた平野さん。箱根を走ることはできませんでしたが、挫折したことで出会った加圧トレーニングが現在の仕事となっています。
目標を実現できなくても、努力する過程で身に付けた知識や経験から新たな目標が見つかることもあります。みなさんも、自分の進みたい道を考えるときは、少し視野を広げてみるといいかもしれませんね。


【profile】神楽坂 加圧スタジオ Brilo 加圧インストラクター 平野慶介

神楽坂 加圧スタジオ Brilo http://kaatsu-brilo.com/

*本文記載の「加圧トレーニング」「加圧インストラクター」はKAATSU JAPAN株式会社の登録商標です。

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「加圧トレーニングインストラクター」
はこんな仕事です

加圧トレーニングとは、専用のベルトを使って腕や脚のつけ根に適切な圧力をかけ、血流を制限した状態で運動をすること。軽い負荷によって効率よく、ダイエットや血行促進、筋力アップ、アンチエイジングの効果が期待できるといわれ、専門のスタジオも多い。加圧トレーニングインストラクターは、個人で開業するほか、スポーツクラブや医療・リハビリなどの施設で活躍することも。加圧トレーニング法の理論や実技、指導方法など、専門の養成講習を受けると、民間資格の加圧トレーニング指導資格を取得できる。

「加圧トレーニングインストラクター」について詳しく見る