【シゴトを知ろう】診療放射線技師 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】診療放射線技師 編

2017.05.22

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】診療放射線技師 編

診療放射線技師という仕事を初めて聞く人もいるかもしれませんが、病院や歯科医院でレントゲン撮影をしてくれる人といえば思い当たるのではないでしょうか。放射線を利用するさまざまな医療機器を使って、検査や治療を行うのが診療放射線技師の仕事です。
今回は、北海道・札幌の総合病院で放射線技師として働く高橋紗綾(たかはしさあや)さんに、仕事に就いたきっかけややりがいについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • レントゲン、CT、MRI、マンモグラフィなどを用いて、病気の早期発見をサポート! 
  • 亡くなった人の体で学んだ解剖学の授業。医療に携わる責任感を感じた
  • 患者さん、医師や看護師と関わる仕事。検査技術はもちろん、コミュニケーション能力も必要

患者さんのため、迅速で的確な撮影が求められる

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください

医師からの指示を受け、患者さんに放射線を用いた検査をするのが主な仕事です。皆さんもよく知っているレントゲンの他、CT(コンピュータ断層撮影法)やMRI(磁気共鳴画像装置)、乳がん検診の際に使用するマンモグラフィなどさまざまな検査を行っています。
病院によって勤務体系は異なりますが、私が勤めている病院では基本的に平日と土曜午前が勤務で、土曜午後・日曜・祝日は休日です。

<一日のスケジュール>
08:15 出勤
08:30~17:30 検査、昼休憩は検査が落ち着いた時に1時間
18:30~20:30 院外での勉強会
21:30 帰宅


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいはなんですか?

医師よりも先に患者さんの体内の情報を画像で見ることができるため、初めに病変(*)に気づくことが多い仕事です。画像を見て考えていた症状と最終的な医師の診断結果が一致したときは、うれしくなりますね。
また、健康診断で来院された受診者さんの場合は、検査をすることによって病気の早期発見につながる場合がありますので、病変の有無を正確に判断できる画像を撮影できるように心がけています。もちろん、検査の結果「異常なし」となるのが一番いいのですが、早期発見につながった時は検査してよかったと感じます。

*病変:正常では見られないものや病気につながりそうなもの。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

来院される方の中には痛みやつらさを感じている方が多く、検査の時に体を動かすことが難しい方もいらっしゃいます。特にレントゲン写真を撮影する時は、体の向きを変えてさまざまな方向から撮影しなければならないため、患者さんの負担が少ない撮影方法を考えなければなりません。
また、実際にがんの疑いにつながるような病変を見つけたときは、つらい気持ちになることもあります。

身近な人が乳がんに。女性の放射線技師だからこそできることがある

小さな異常も見落とすことがないよう、撮影は正確に!

小さな異常も見落とすことがないよう、撮影は正確に!

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

身近に乳がんになった人がいたことが大きなきっかけです。
乳がんの検査に用いるマンモグラフィ検査では、乳房を2枚の板で挟んで圧迫し、上下方向と左上・右上方向から撮影します。乳がんは、早期発見しすぐに治療すれば完治する確率が高いのですが、検診はまだまだ浸透していないのが現状です。
上半身裸にならなくてはならないマンモグラフィ検査に不安を感じていらっしゃる方も多く、女性の放射線技師が求められていることを知り、この仕事に興味を持ちました。

1年浪人してから大学に入ったのですが、その間に、本当に自分がやりたいことについてじっくりと考えられましたし、振り返ってみればいい1年だったと思います。
就職先は、最も興味があったマンモグラフィの設備がある病院を探しました。大学に来た求人の中から選ぶのですが、1つの求人に対して学内で1人しか応募できないのと、応募したら結果が出るまでは他の求人に応募ができないため、慎重に選びましたね。もしかしたら、この方法は私が通っていた大学独自のものかもしれません。


Q5. 大学では何を学びましたか?

国公立大学の医学部で、保健学科放射線技術科学を専攻していました。学校での勉強は、さまざまな機械の仕組みや構造、画像の作られ方など、物理や数学に近い授業が中心でした。亡くなった人の体を目の前にして人体の構造を学ぶ解剖学の授業はとても印象的で、医療に携わるとはこういうことなんだと改めて考えさせられましたね。
実際の検査方法や患者さんとの接し方などは、病院に勤務して行う臨床実習の際に学びました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校生の頃は薬剤師を目指していて、学校で自分の興味のある新聞記事をスクラップするという課題が出された時には、薬や医療に関係する記事を集めていました。
今の仕事に直接つながっているかどうかは分かりませんが、その頃に得た知識が自分の中に蓄えられているかもしれません。

同じ事を学んでも進路はさまざま。まずは興味のある分野へ進んでみて

Q7. どういう人が診療放射線技師に向いていると思いますか?

診療放射線技師は、レントゲンなどいろいろな機械を使って検査をするのが主な仕事ですが、患者さんはもちろん、同じ職場の医師や看護師さんなど多くの人と関わりながら仕事を進めていくため、コミュニケーション能力が求められます。
また、たくさんの画像を見て異常がないかどうかを判断するので、間違い探しが得意な人も向いていると思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

診療放射線技師になるためには大学や専門学校で学ぶ必要がありますが、実際に働き始めてから学ぶことの方が多い職業だと感じています。だから、学生時代は思う存分楽しんでください。
私は高校卒業後、大学に進学して現在の職業に就きましたが、同じ学部で学んだ同級生の中には、診療放射線技師ではなく医療器具のメーカーに就職した人や全く別の道に進んだ人もいました。
いろいろな道があって悩むことが多いと思いますが、あれこれ考えすぎるよりも、少しでも興味のある分野に進んでみて、そこでまた考えてみるのもいいかもしれませんね。


診療放射線技師の資格を取得したからといって、勉強がそこで終わるわけではありません。日々、進歩する医療に対応するためには、常に学び続けることが不可欠です。
診療放射線技師に限らず医療に関わる仕事に興味のある人は、人間の命に関わる仕事に就くことについてよく考える必要があります。責任と使命を自覚して取り組むからこそ、やりがいや喜びの大きい仕事だといえそうですね。


【profile】イムス札幌消化器中央総合病院 診療放射線技師 高橋紗綾(たかはし さあや)

イムス札幌消化器中央総合病院 http://www.ims.gr.jp/ims-sapporo/

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「診療放射線技師」
はこんな仕事です

医師の指示の下、診療放射線機器を使用し、レントゲン撮影をする仕事。診療放射線技師の扱う機器は幅広く、一般のエックス線の照射による撮影検査や、CT(コンピュータ断層撮影法)検査、MRI(磁気共鳴画像装置)などがある。ほかには、放射線照射でがんの治療などを行うことも多い。これらの検査が、医師の診断や治療の手助けとなる。また、健康被害を出さないために、患者が浴びた放射線量の管理、機器や装置の点検などで事故を防ぐことも重要な仕事である。

「診療放射線技師」について詳しく見る