【シゴトを知ろう】美術鑑定士 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】美術鑑定士 編

2017.04.26

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】美術鑑定士 編

掛け軸や絵画といった美術品というと、日常では触れる機会は少ないもの。しかし、そんな美術品をプロの鑑定士が鑑定するテレビ番組を見たことのある人、そしてそこに登場する美術鑑定士の目利きの力や知識の深さが印象に残ったことのある人は多いのではないでしょうか。
今回お話を伺ったのは、骨董・古美術の目利き・買取を専門に行う都内の「本郷美術骨董館」で代表を務める染谷尚人さん。美術鑑定士のお仕事についていろいろとお聞きしました。

この記事をまとめると

  • 「鑑定」「査定」「買取り」「販売」が美術鑑定士の主な仕事
  • 美術品の運命を救ったとき、やりがいを感じる
  • 探究心があり、冷静で周りに流されない人が向いている

鑑定する分野は多岐に渡り、依頼品の中には国宝といえるようなものも

Q1. 最初にお仕事の概要と、一日のスケジュールを教えてください。

美術品鑑定士として行う業務には、大きく分けて4つあります。まず美術品の本物・偽物を見分ける「鑑定」、そして現在の美術市場でどの位の価値(価格)があるか調査する「査定」を行います。
鑑定・査定を行った上で、売主の方と値段が合意できたら買取る「買取り」、買い取った美術品を買主に売る「販売」があります。
取り扱う分野は、掛け軸・絵画・陶磁器・刀剣・茶道具・置物・東洋美術・西洋美術から現代アート作品まで多岐に渡ります。

<一日のスケジュール>
10:00 出社。メールチェック、今日の鑑定依頼などの確認
10:30 来店による鑑定、買取り
12:00 昼休憩
13:00 出張買取(東京・横浜などに出向き、買取を行う)
20:00 帰社・買い取った物を美術倉庫へ運ぶ
22:00 帰宅


Q2. お仕事をされる中で、やりがいや楽しさを感じるのはどんなときですか?

ご依頼品の中には、価値を知られることなく眠っていた国宝といえるようなものもあります。その品はご依頼主の方が持ってこなければ、処分されていた可能性もあるもの。そうした美術品の運命を救ったときに、この仕事のやりがいを感じます。


Q3. お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときでしょうか?

精巧に作られた美術品の偽物とはいつも戦っています。日本には江戸時代から偽物を作り、売っている人間がいますし、現代にもいます。日本だけにとどまらず、世界中にそういった人間はいます。
偽物を本物だと判断を間違い、買取りを行ってしまった時には、2~3日悔しくて眠れなくなりますね。

現場を見て覚える美術商の修行を経て今へ・接客のアルバイトも生かされている

Q4.美術鑑定士のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

父親が美術店をやっていたので、子供の頃から美術品に囲まれて生活していました。高校卒業後から父親の知り合いの有名美術商のもとで丁稚奉公(*1)として修行し、35歳の時に『本郷美術骨董館』を設立しました。

*1 丁稚奉公(でっちぼうこう):職人や商人などの家に住み込みで働き、雑用をこなしながら業務上必要なノウハウ・マナーなどを習得していくこと


Q5.今のお仕事に就くために、どのようなことを学びましたか?

丁稚奉公先で掃除や運転手をしながら、美術商の師匠が行う美術品売買の現場を見て勉強していました。最初の3年間は品物に触ることも許されませんでした。
師匠は僕に“教える”ということは一切なく、「現場を見て仕事を覚えろ」というスタンスだったように思います。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

中学の時、父親の美術店が火事になりました。同時に数億円もの借金を背負ってしまったので、僕も大学進学を諦め、いろいろなアルバイトをしながら美術商の修行をしていたんです。当時の夢は、世界中を飛び回る美術商でした。

居酒屋でアルバイトをした経験もあるのですが、そこで学んだ接客業は現在の接客に役立っていると感じます。

自分の感性を信じ、誰にも負けない知識を

Q7. どういう人が美術鑑定士に向いていると思いますか?

探究心があり、落ち着きがあり、どんな時でも冷静になれる人が向いているのではないでしょうか。周りに流されない人も、鑑定をする上で大切なポイントだと思います。


Q8. 最後に、高校生に向けたメッセージをお願いします。

好奇心・探究心を持ち、自分の感性を信じましょう。美術鑑定士の仕事を目指すのであれば、誰にも負けない知識を養うことが大事ですよ。

小さい頃から美術品に触れ、10代の頃には苦労も重ねながら美術商の修行に勤しみ、現在は美術鑑定士として美術品の運命を救う瞬間に大きなやりがいを感じるという染谷さん。

好奇心・探究心を持ち、自分の感性を信じること・誰にも負けないくらいの気持ちでいろいろな知識を養うことを意識できると、美術鑑定士を目指す人に限らず、皆さんが今後どのような道を進むにしても生かされそうですね。


【profile】本郷美術骨董館代表 美術鑑定士 染谷尚人
本郷美術骨董館のHPはこちら

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「美術鑑定士」
はこんな仕事です

美術品、骨董品、絵画や掛け軸などが、本物であるかを見分ける。本物である場合も、市場での価格や価値基準を見極め、鑑定書を作成したりする。鑑定士という資格はないが、美術館や古物商に勤めるなどし、長年経験を積んで目利きになる必要がある。蚤の市やオークションなどで審美眼を養い、実績を積み重ねていく。自分の得意とするジャンルを確立することも重要。美術館の学芸員として長く働いた後、独立する人もいる。美術品や骨董品の深い知識もさることながら、骨董市場の変化などを把握しておくことが大切だ。

「美術鑑定士」について詳しく見る