【シゴトを知ろう】金属・材料技術者 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】金属・材料技術者 ~番外編~

2017.06.06

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】金属・材料技術者 ~番外編~

車やスマートフォンや家電など、私たちの身の回りには金属が使われた製品が多くあります。金属の加工方法にはいろいろありますが、化学的に腐食させることで極小・極薄の金属加工を可能にした「フォトエッチング」という技術が注目されています。その技術で作り出した部品が世界トップシェアを獲得している株式会社協成で金属・材料技術者として働く松原卓範さんに、海外勤務でのユニークな体験などを伺いました。

この記事をまとめると

  • 世界市場向け製品の部品作りはメーカーからの要求もシビア
  • 図面を見て理解する感覚は身につけておいたほうが良い
  • 楽しいこと・つまらないことの両方があるから飽きずに続けられる

製品の進化に応じて金属素材も進化している

――金属の知識はどのように身につけましたか?

大学で機械工学を専攻したので金属に関しても基礎的な知識は学びましたが、この会社に入ってからあらためて書籍やインターネット、金属材料メーカーが出している資料などを調べて学び直しました。

フォトエッチング加工で作られた部品

フォトエッチング加工で作られた部品

――最近は新しい金属素材の開発も進んでいるのでしょうか

当社ではスマートフォンのカメラに使用される部品を作ることが多いのですが、スマートフォンの性能が向上するにつれ、使われる材料も少しずつ変わってきていますね。最近のスマートフォンはカメラが2つ付いていたり、ズームやシャッタースピードなどの機能も日進月歩で向上していますよね。バージョンアップも早いですし、その都度部品の仕様も変わります。金属素材もそうした新しい機能に対応できる強度や性能を持つものが生み出されています。かつコスト面の要求もシビアなので、自然界にある入手しやすい原料を組み合わせて作られる銅合金を使用することが多いですね。合金の場合は中に含まれる金属の割合によって加工のしやすさが変わります。お客様もそうした新しい情報には敏感なので、こちらも日々情報をアップデートして対応力を上げていかないといけません。


――金属・材料技術者のキャリアは他の分野の仕事でも生かせるのでしょうか

図面を見ることには慣れているので製造業の仕事なら対応できるように思います。図面を見る作業はやはり初めての人には難しいと思います。今は形作るところを担当していますが、その後のメッキ加工や塗装などの工程も製品を作り上げる過程で携わることがあるので、今の経験を応用して対応できるのではないかと思います。


――この仕事に就くために学んでおいたほうがいいこととは?

金属の知識は会社に入ってからでも学べますが、パソコンを使えないと仕事になりませんので、ワード・エクセル・メールなどの基本スキルは必要です。あとは、図面を見て理解する感覚と少しCADが使用できたほうがいいと思います。
この仕事だけではないですが、会話ができることも重要です。コミュニケーション力はどの仕事にも必要だと思います。

多くのことを学んだ海外勤務体験

――仕事で転機となった出来事はありますか?

海外で働いた経験が一番大きいですね。当社のタイ工場に勤務していたことがあるのですが、最初は「やってみたい!」という反面、初めての海外生活に少し不安もありました。言葉も通じませんし、感覚も日本人と全く違うので、慣れるまでは大変でしたね。今はその違いを認識して柔軟な考えができるようになりました。タイ語も日常会話程度でしたら話せるようになりましたし、ご飯に虫が入っていても動じなくなりました(笑)。2011年にタイで洪水が起きたときには、ワニが泳ぐ中をボートを漕いで通勤したことも……。帰ってきてあらためて日本の良さを感じたことも勉強になりましたね。


――フォトエッチングは今とても注目されている技術で依頼も多いそうですね

僕は試作品作りの案件に対応しているのですが、最近では月に平均120~130件、1日7~8件程度の依頼に対応しています。お客様の製品を一つ作り上げるまでに例えば「ここの穴の形を1個だけ変えて」というように、いろいろなことを試して完成させていきます。


――お忙しい毎日だと思いますが今の仕事は楽しいですか?

ものづくりがしたいという思いは叶えられているので楽しいですよ。もちろん仕事なので楽しいときもあれば楽しくないときもあります。でもそれでいいかなと思うんです。楽しいことばかりだと飽きてしまいますからね。


――今後チャレンジしてみたいことは?

いろいろな国に行って視野を広げたいです。内勤がメインですが、国内・海外出張もたまにあり、営業マンと一緒にお客様のところに伺い技術の話をすることもありますので、今後はそうした機会も増やしていきたいですね。



松原さんの会社ではスマートフォンの部品を作ることが多いそうですが、世界中のさまざまなメーカーがしのぎを削る市場のため、部品メーカーへの要求も高いそうです。そうした厳しい競争を勝ち抜かないといけない大変さはあるようですが、時代の最先端を行くものづくりに関われることには大きなやりがいを感じられそうですね。


【profile】株式会社協成 技術開発課 課長 松原卓範
http://www.kyoseiltd.co.jp

この記事のテーマ
機械・電気・化学」を解説

製品を効率よく大量に生産する機械の製造・操作・保守に関わったり、電気、石油やガスなどのエネルギーを安定かつ安全に供給する設備を運営・管理したりするための知識や技術を身につけます。機械や電気、化学物質を取り扱う資格取得を目指すカリキュラムが中心。危険物を扱うことも多いため、仕事への注意力や慎重さも身につける必要があります。

「機械・電気・化学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「金属・材料技術者」
はこんな仕事です

製品の製造に必要な鉄・銅・ステンレス・アルミなどの金属、半導体やセラミックの技術や新素材を開発したり、製造現場での新しい加工技術を発案し、役立たせることが仕事。具体的には、機械を製造するときに用いる金属の形状・材質・強度など、設計者のニーズを聞き、各材料の長所と短所から最も合致する素材を選び、必要な専門知識を提供し、開発を支援する。また、採算性も考慮した材料調達を行う必要がある。

「金属・材料技術者」について詳しく見る