【シゴトを知ろう】化学系研究・技術者 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】化学系研究・技術者 ~番外編~

2017.06.05

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】化学系研究・技術者 ~番外編~

化学の実験が好きな人には興味深い化学系研究・技術者のお仕事。さまざまな領域で活躍の場があるお仕事ですが、今回は「フォトエッチング」という注目の技術を強みにしている株式会社協成で働く小沢一真さんにお話を伺いました。化学を仕事にする醍醐味についても教えていただきました。

この記事をまとめると

  • フォトエッチングの仕事には化学・機械・電気の基礎知識が役に立つ
  • 理科室の延長上のような“実験の楽しさ”がある仕事
  • 業界のセミナーは新しい技術を学べて同業者との交流もできる

薬品は劣化していくのでノウハウや経験で補う必要も

――普段からよく使う業界用語のようなものはありますか?

工場では「ロット」や「歩留まり(ぶどまり)」という言葉はよく使います。ロットは同一製品を生産する単位のことです。歩留まりは生産した製品のうち出荷できる良品の率を言います。例えば「1ロット=100個で歩留まり70%」であれば、出荷できるのは70個ということになります。

フォトエッチング加工で作られた各種部品

フォトエッチング加工で作られた各種部品

――フォトエッチングの仕事をするにはどんな知識や技術が必要なのでしょうか

誰でも訓練すればできるようになりますが、化学・機械・電気の知識が全くない人は大変かもしれませんね。大学の化学系の学科では機械や電気の知識も学びますが、そうした基礎があれば会社に入って専門的なことを学ぶ際に理解が早いです。金属に関する知識も求められますが、僕もそうでしたがそれは会社に入ってからでも学ぶことができます。


――薬品を扱う仕事なので取り扱いなど常に慎重さが求められるのでしょうか

私たちが主に扱うのは金属を腐食させる薬品なのですが、金属を溶かすくらいなので当然手に触れると危険で、手袋は必須ですし、取り扱いには気を使いますね。薬品なので使っていくうちに劣化もします。フォトエッチングでは製造内容や材料によって溶かす時間は大体決まっているのですが、薬品が劣化していくと溶かす時間も長くなりますので、現場の人のノウハウと経験で補って対応する必要もあります。


――化学研究・技術者というとフラスコを振っているようなイメージも浮かびますが……そういう仕事ではないのでしょうか

薬品製造や樹脂開発の仕事であればそういうイメージなのでしょうが、うちは金属加工の会社なので少し特殊かもしれません。でも化学の仕事ならではの“実験の楽しさ”はありますよ。僕の今の仕事では薬液の入ったビーカーに金属を入れて反応を見ることが多いのですが、理科室で使っていたような道具を使うので実験好きの人には楽しい作業だと思います。仕事なので頭を使って結果を出していく大変さはありますが、予想通りの結果が出たときの喜びは大きいです。


――試行錯誤して完成品ができたときは、それをマニュアルにまとめる作業もあるのでしょうか

今はまだ先端技術開発に取り組み始めたばかりなので、事例のメモが分散している状態ですが、今後はそれらをまとめた作業標準書(レシピブックのようなもの)を作ることになるでしょうね。どの薬品を使ってどんな要件で行うのかをまとめ、そのやり方で量産していくという流れになると思います。自分の開発した方法で量産されるというのもやりがいを感じますね。

マグネシウムは体に負担を与えにくい注目の加工材料

――外部の化学研究・技術者との交流もあるのでしょうか?

新しい技術を学ぶには業界のセミナーに行くのが一番なのですが、そうした場で同業者の方と交流する機会もあります。他のエッチングメーカーとのつながりもあります。同じエッチング加工をする業者でもそれぞれに得意分野が違うので、お互いにできないところを依頼し合うことがあります。


――お仕事にまつわるおもしろいトリビアがあれば教えてください!

マグネシウムは大豆やワカメなどいろいろな食べ物に入っている栄養素ですが、人体に必要な必須主要金属の一つですので、体に負担を与えにくい材料として医療機器の分野でも注目を集めています。マグネシウム材を使用してフォトエッチング加工を行うこともあります。

フォトエッチング加工で作られたしおり

フォトエッチング加工で作られたしおり

――フォトエッチングは将来いろいろな分野に広がっていく技術なのでしょうか

広がっていくと思います。先ほども紹介した医療分野もそうですし、スマートフォンや自動車などのエレクトロニクス分野、半導体分野でも当社の加工した部品が多く採用されています。繊細な表現ができるのでインテリアやアートの分野でも注目されており、当社も今後さらに分野を広げて取り組んでいきたいと思っています。



フォトエッチング加工が機械部品だけでなくインテリアにも使われているというのは興味深いですね。研究者といえどメーカーで働く人にはものづくりの視点が必要と語る小沢さん。自社の技術をどんな分野に応用していけるか、広く考える力も求められるのでしょうね。


【profile】株式会社協成 先端技術開発センター 小沢一真
http://www.kyoseiltd.co.jp

この記事のテーマ
機械・電気・化学」を解説

製品を効率よく大量に生産する機械の製造・操作・保守に関わったり、電気、石油やガスなどのエネルギーを安定かつ安全に供給する設備を運営・管理したりするための知識や技術を身につけます。機械や電気、化学物質を取り扱う資格取得を目指すカリキュラムが中心。危険物を扱うことも多いため、仕事への注意力や慎重さも身につける必要があります。

「機械・電気・化学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「化学系研究・技術者」
はこんな仕事です

合成繊維やケミカル、洗剤、医薬品、化粧品、プラスチック製品など、生活密着度の高いこれらの製品は化学製品と呼ばれる。このさまざまな化学製品を研究・開発し、製造するのが化学系研究・技術者の仕事になる。品質管理や保証も仕事の一部であり、調査も行わなければならない。チームとして業務を進めるため、チームワークによってプロジェクトを乗り越えたときの達成感も大きい。これまでは医薬品メーカーや化粧品会社などが主な職場だったが、現在は多種多様な企業がこの分野に参入しているのも特徴的だ。

「化学系研究・技術者」について詳しく見る