【シゴトを知ろう】映画俳優 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】映画俳優 編

2017.04.05

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】映画俳優 編

さまざまな映画作品で役を演じる俳優。観る人々を魅了する演技の裏には、役をつくり込む努力や、過酷な撮影もやり遂げるプロ意識があります。今回取材させていただいたのは、『GANTZ』『進撃の巨人』などの映画をはじめ舞台やドラマでも活躍し、2017年12月1日公開の映画『鋼の錬金術師』にも出演される本郷奏多さん。高校時代に俳優を一生の仕事にする意思を固めたという本郷さんに、今回は特に映画俳優としての思いについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 会ったことのない人からも感想・評価をもらえることが大きなやりがい
  • 楽天的でポジティブな人は、それが俳優としても強みになる
  • 目標が決まっていなくても、まずは自分にできることを

出演作の多くで心掛けるのは、原作をリスペクトした役作り

Q1. 最初に、お仕事の概要を教えてください。

現在は主に出演をご依頼いただいた役柄を演じることがお仕事です。小学生から中学生頃までは、オーディションを受けて出演が決まるということも多かったのですが、最近はありがたいことに多くの作品への出演オファーをいただけています。
台本を頂いたら自分の中で役をつくり込み、読み合わせなどを経て本番撮影になります。アクションシーンが含まれる作品では、撮影前にアクションの稽古をみっちり行うこともあります。
僕の場合は、原作がある作品の実写映画化の際に出演させていただくことが多いので、そうした作品ではとにかく原作をリスペクトした役作りを心掛けています。


Q2. お仕事をされる中で、やりがいや楽しさを感じるのはどんなときですか?

自分が出演した映画を観た方々が、感想を言ってくださる機会が多いことです。多くの他のお仕事では、自分がしていることについて同業者以外に伝わることはあまりないと思いますが、僕たち俳優の場合、他業種の方やお会いしたことのない方にも評価や感想をいただけます。 それが大きなやりがいであり、うれしいことですね。


Q3. お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときでしょうか?

普段の自分なら絶対にやらないようなこと……例えば、汚い地面に寝そべったりなどを、演技の上でしなくてはならないときでしょうか。それもお仕事なのでもちろんやりますし、嫌な顔もしないようにしていますけど(笑)、やはり心の奥底では気になってしまうこともあります。

出演を重ねていく中で、俳優を一生の仕事にしたいと思うように

Q4. 現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

僕は幼稚園の頃から、当時住んでいた仙台のモデル事務所に所属し、主にキッズモデルとして活動していました。そして小学生のときに映画のオーディションを受ける機会があり、無事に合格し出演させていただいたのが金城武さん主演の『リターナー』(2002年公開)という映画でした。ただ当時は、どうしても映画に出演したいとか、将来は俳優になりたいとまでは思っていませんでした。オーディションを受けたのも「映画に出られるなら出てみたいな」くらいの気持ちでしたね。
その後映画に加えてドラマの出演などもさせていただく中で、このお仕事をずっと続けていきたいという思いが固まっていきました。


Q5. 大学ではどのようなことを学びましたか?

俳優として生きていくにしても、大学生活を送ることは有意義であり将来プラスになると思ったので、もともと興味のあった芸術系の大学に進学しました。
さまざまな表現に触れられる環境に身を置くことで良い刺激を受けましたし、同世代の良い友人に出会えたこと・充実した学生生活を送ることができたという経験は、今の仕事生きているかなと思います。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

俳優を一生の仕事にしていきたいと思い始めたのが、まさに高校生のときでした。中学生から高校生の時期にかけて、いろいろな映画に出演させていただくたび、俳優という仕事について魅力を知ることができたんです。そして高校生で進路を決める段階になって、自分が一番やりたいことは何かと考えたとき、改めてこの仕事を続けたいと思ったことが今へとつながっています。

やりたいことがあれば早めに動き、そうでなくても今できることをする

Q7. どういう人が映画俳優に向いていると思いますか?

映画俳優にもいろいろなタイプの人がいますが、強いて言うなら楽天的な人が向いているんじゃないでしょうか。
明日はどうなるか分からない世界なので、その中で生きていくのって、ある程度楽天的でないとストレスを感じてしまうと思うんですよね(笑)
楽天的で物事をポジティブに考えられる人なら、それが俳優としても強みになるかもしれません。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

今すでにやりたいことが決まっているのなら、早めに動くのが一番です。
周りを見渡してみると、早いうちから自分の将来のことをしっかりと考えてきた人ほど、現在やりたい仕事に就けていて充実した生活を送っているなと思うので。
まだ将来の夢が決まっていないという人もたくさんいると思いますが、そういう人も、いつ何をやりたくなっても「これからでは遅い」とはならないように、普段から今できることはしておいた方がいいと思います。例えば、とりあえず勉強を頑張ってみるとか。学生時代に勉強を真面目にしておくことは、社会に出て役に立つことはあっても、マイナスになることは絶対にないと思うんです。目標がないからといって何もしないのではなく、まずは自分にできることをしながら、本当にやりたいことを探していってください。

高校時代に俳優を生涯続けていく覚悟を決め、以降その存在感と演技力で年々活躍の幅を広げている本郷さん。そのメッセージには重みがありますね。
俳優としての進路を決めながらも大学に進学し、良い友人との出会いや学生生活を通した経験も今に生きていると教えてくれた本郷さんのように、広い視野を持ちさまざまな経験をしてみることで、将来の可能性もさらに広がっていくかもしれません。

【profile】俳優 本郷奏多
本郷奏多さんの公式HPはこちら
本郷奏多さん出演映画『鋼の錬金術師』公式サイト

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「映画俳優」
はこんな仕事です

映画の登場人物を演じるのが仕事。監督、撮影、照明、録音など、数多くのスタッフが総力を結集して映画をつくるが、俳優には登場人物を正確に演じきる技術や集中力が求められる。ただし、往年のスターが活躍していた日本映画の全盛期とは異なり、現在では映画だけに出演する俳優の数は少なく、テレビ俳優との垣根がほぼない状況。演技を専門的に学べる大学や専門学校で基礎的な技術を習得し、卒業後は芸能プロダクションに所属したり、公募オーディションを通じて出演チャンスをつかむなど、デビューへの努力は必要だ。

「映画俳優」について詳しく見る