【シゴトを知ろう】邦楽家 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】邦楽家 編

2017.04.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】邦楽家 編

琴や三味線など、伝統的な和楽器を奏でる邦楽家。ピアノやギターなどの洋楽器と比べると、何となく堅く、取っ付きにくいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。箏(琴)奏者の「明日佳」さんは、そんなお堅いイメージを変えてくれるアーティストの一人。伝統の古典曲を演奏し続ける傍ら、オリジナル曲の制作や海外アーティストとのコラボレーションなど、新たな試みにも積極的な彼女にお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 歴史を継ぐ役割を担えること、新しい試みも出来ることが今のやりがい
  • 琴奏者に向くのは探求心があって職人気質な人・負けず嫌いな人
  • 良い刺激を受けられる同級生と過ごすことで、学生生活を充実させられる

歴史を継ぐ役割を担えるのが大きなやりがい、楽しみは新しい挑戦が出来ること

Q1. 最初に、普段のお仕事についてと一日のスケジュールを教えてください。

現在はコンサートやイベントでの演奏のほか、オリジナルの曲の制作や他のアーティストへの楽曲提供も行っています。琴の演奏が全国的に最も活発に行われるのはお正月や春先なので、人前での演奏が一番多くなるのはその時期になりますね。普段は週に一度程度のペースでイベントなどがあり、年に何度か海外での演奏もさせて頂いています。それ以外の日は、自宅スタジオでの練習と作曲、様々なアーティストの楽曲を聴いたりLIVEに出かけたりするのが主な仕事です。

<一日のスケジュール> ※一日4公演行う日の場合
6:00 都内の演奏会場へ出発
6:30 会場到着、リハーサル開始
7:30 演奏開始(この日は3回公演)
11:00 別公演会場に出発
16:30 会場到着
18:00 リハーサル開始
21:00 演奏開始
22:00 片付け・終了


Q2. お仕事をされる中で、やりがいや楽しさを感じるのはどんなときですか?

琴の演奏は私が一番好きなことなので、まずそれが出来ていること自体がやりがいであり、楽しいことです。また、琴という楽器は日本の伝統楽器でもありますし、長い歴史があるもの。歴史を受け継いでいくという重要な役割を担えているのも大きなやりがいですね。海外で演奏する機会もあるのですが、私の演奏を聞いた海外の方に「日本の音楽や楽器っていいな」と思って頂けたときは本当に嬉しく思います。
最近は、和楽器奏者以外のアーティストの方々と一緒に演奏させて貰う機会も多く、新しい挑戦が出来るのが毎回楽しみです。


Q3. お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときでしょうか?

私に限らず、大きな楽器を扱う人の多くが感じることだとは思うのですが、楽器の運搬が大変なことです。車移動であれば心配ないのですが、電車移動で長時間持ち歩く必要があるときはさすがに疲れを感じたり、身体が痛くなったりすることもあります。琴は大きいことは大きいのですが、頑張れば片手で持って電車にも乗れるという、微妙な重さ加減なんです(笑)。

幼い頃から琴が一番、高校の同級生に刺激を受け真剣に将来に向き合えた

Q4.現在のお仕事を志すようになったきっかけを教えてください。

両親が琴奏者でしたので、物心づいた頃から琴が身近にありました。両親に将来琴奏者になってほしいと言われたことはありませんが、両親の演奏する姿を幼い頃から見て自分でも演奏していくうちに自然と、「琴が一番楽しい」「琴奏者として生きていきたい」という思いが強くなっていきました。それ以外の道を考えたことはなかったです。演奏を続けているうちに、今までの琴奏者の方々はやっていない、新しい形での演奏をしてみたいと思うようになりまして。その結果が現在のいろいろな活動となっています。


Q5. 大学や専門学校ではどのようなことを学びましたか?

高校時代から琴の演奏を主に学んでいて、大学では作曲をする授業もありました。正直そのときには作曲に対しては積極的でなく、今のようにオリジナル曲を制作するようになるとは思っていませんでしたが……(笑)。学生時代に音楽の基礎の部分をしっかり学べたことが、今生きていると思います。

Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

実は高校生になるまでは練習が嫌いで、将来のことをあまり真剣に考えていませんでした。いつか琴奏者になると思ってはいたものの、具体的に何をするべきかまでは考えられていなかったんです。そんなときに、演奏家として切磋琢磨している同級生たちに出会いました。暇さえあれば皆練習をしているような、そんな姿を見てすごく刺激を受けました。それからは琴一筋で毎日練習をするようになり、自分と向き合えるようになりましたね。

いろいろな演奏の形が生まれている現在も、基礎があってこその良い演奏

Q7. どういう人が琴奏者に向いていると思いますか?

琴の場合ですと、一音一音を響かせることがとても大切になります。私自身もそうですが、琴奏者はその一音をどうつくりあげるか考えることの好きな人が多いと思います。そのため、探求心があって職人気質な人・負けず嫌いな人などが向いているのではないかと思っています。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

私は高校生時代に自分の周囲に尊敬する仲間がいたおかげで今があると思っています。何か自分が興味のあることや、将来に向けて続けてみたいことなど、それに向けて向上心をより高められる同級生たちと一緒にいることが将来に繋がるのではないでしょうか。ライバル心も芽生えますし、緊張感を持って学生生活が送れると思います。

私もこの仕事をしていて、若いうちに基礎を磨いていて良かったと思います。そうした基礎があってこそですし、新しい発想が生まれた時も説得力が出てくるのではないでしょうか。


終始明るく楽しそうに、今のお仕事について語ってくださった明日佳さん。物心ついた頃から琴が一番という気持ちと、一音一音にかける想い。伝統を大切にしながらも、新しい形での演奏に意欲的な挑戦心が伝わってきました。学生時代に良い刺激を受けられる同級生との出会いがあったからこそ、そして基礎をしっかりと学べたからこそ今があるという明日佳さんのお話は、皆さんが将来どんな道を目指すにしても参考になるのではないでしょうか。

【profile】生田流 箏(琴)奏者・十七絃奏者・作曲家・編曲家 明日佳(吉崎明日佳)
明日佳さんのHPはこちら

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「邦楽家」
はこんな仕事です

日本の伝統的な楽器である三味線・琴・尺八・鼓などを演奏する。主な活動の場は、能楽・雅楽・日本舞踊・浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能のほか、演奏会・コンサート・演歌の伴奏や教本のためのレコーディングなどがある。最近では、CMや現代舞台・イベントなどでも注目を集めている。キャリアとしては、楽器ごとの家元・師匠の下で稽古をつけてもらいながら、演奏者や指導者として活躍のチャンスをつかんでいく人が多い。長唄・常磐津・清元といった三味線音楽を基礎から習得したい人は、狭き門ではあるが有名劇場などの養成所に入る道もある。

「邦楽家」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける