【シゴトを知ろう】厩務員(きゅうむいん) 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】厩務員(きゅうむいん) 編

2017.05.08

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】厩務員(きゅうむいん) 編

競馬で活躍する馬は、人間で言えばプロのスポーツ選手のようなもの。最高潮の状態でレースに臨むために日々いろいろなことに気を配らないといけません。それを支えるのが競馬場にある厩舎(きゅうしゃ)で競走馬の世話をする厩務員(きゅうむいん)の仕事です。川崎競馬の山崎裕也厩舎で働く厩務員の松本美寿さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 競走馬の生産牧場や育成牧場で経験を積んで厩務員になる人が多い
  • 競走馬は気が強いので強い気持ちで接しないと負けてしまう
  • 好きなことを仕事にするのは犠牲も多いが幸せなこと

競走馬の日々の世話と調教を行う仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください

厩務員の仕事は競走馬の世話とレースに向けての調教の管理で、私は3頭の馬を担当しています。朝に担当馬の小屋を掃除して練習場に馬を連れていき、調教(トレーニング)が終わったら小屋に帰り体を洗って乾かし、エサを与えます。調教は基本的には厩務員が自ら担当馬に乗って行いますが、乗れない厩務員は騎手や乗れる厩務員に騎乗を任せて調教を行います。

日々の世話だけでなく、レースに向けて最高の状態に持っていくための調整をすることも厩務員の大切な仕事です。馬の状態を見ながらエサの量や調教内容を微調整していきます。調教師は厩務員の仕事の管理やレース出走の手続き、馬主さんとのやり取りなどを行いますが、実際に日々の馬の世話や調教を行うのは厩務員の仕事です

<一日のタイムスケジュール>
1:30 起床
2:00 出勤、馬の調教・厩舎の掃除(1頭あたり2時間半程度を3頭分)
10:30 帰宅して昼食や仮眠
15:00 馬の状態確認・エサやり・厩舎の掃除
17:00 スタッフ会議(調教師に翌日のメニューを相談・報告)
17:30 帰宅。当番制で夜のエサやりを担当することも


Q2. どんなときに仕事の楽しさ・やりがいを感じますか?

レースで結果が出たときです。もちろん1着が一番嬉しいのですが、前のレースより着順やタイム、内容が良いと成長していることが分かるので嬉しいですね。逆に前のレースより悪くなると何がダメだったのかと悩みます。勝負なので波がありますし、一頭の馬で成功した方法が他の馬に通用するとは限りません。正解が分からないので試行錯誤ですね。


Q3. 仕事の大変さを感じるのはどんなところですか?

朝が早いことでしょうか。やはり1:30起きは眠いです(笑)。夕方に帰宅できてもご飯を食べたりお風呂に入ったりしていると、眠れるのは多くても4〜5時間くらい。自転車で1分くらいのところに住んでいるので朝の仕事の後にも帰宅して仮眠しています。そうしないと午後の仕事ができません……。あとは友達と遊べないことですね。それがちょっと寂しいです。

調教師の考えに共感して競走馬の世界に

Q4. どのようなきっかけでこのお仕事に就かれましたか?

一般的には中学・高校を出て競走馬の生産牧場や育成牧場で働いた後に厩務員になる人が多いのですが、私は大学の獣医学部を出て厩舎に入ったという珍しいパターンです。同級生は企業に就職する子がほとんどで私も動物病院に内定していましたが、所属していた馬術部を引退した数カ月後に「やっぱり馬に関わり続けたい」という気持ちになりました。それからいろいろ調べて今の厩舎のWebサイトに厩務員募集の案内が出ているのを見つけたんです。それまで競馬に興味を持ったことはなく厩務員という仕事も初めて知ったのですが、面接を受けて調教師の考えに共感し、この人のもとで働きたいと思い、競走馬の道へ進むことになりました。


Q5. 大学ではどのようなことを学ばれましたか?

獣医学部の畜産学科に4年間通い、畜産動物について勉強しました。学内の牧場には羊・牛・豚・ヤギ・馬・鶏・犬・猫などあらゆる家畜動物がいました。獣医学科では医学を学びますが、畜産学科では養豚牧場や養鶏牧場などで働く人に必要な知識を学びます。いろいろな動物に触り、体の仕組みなどを学びました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢や経験したことが、現在のお仕事につながっていると感じることはありますか?

小さい頃から猫を飼っていたこともあり動物病院で働くことが夢でした。高校生の頃から馬術部に入っていて馬にも触れていましたが、それは獣医学部に入るために何かしら動物に触っておきたいという思いからでした。ですがその後大学でも馬術部に入り、馬と長く過ごすうちにいつの間にか馬の側にいたいという気持ちになっていったのかなと思います。

夢は追い続けるもの

Q7. どんな人がこの仕事に向いていると思いますか?

馬が好きな人です。拘束時間も長いですし、相当好きじゃないとできない仕事だと思います。「全てを捨ててもいい」というくらい好きな人ですね。あとは体力と根気のある人。私は大学の馬術部でかなり鍛えられたので、そこは問題ありませんでした。女性でもできる仕事ですが、馬は気が強いので心を強く持たないといけません。凶暴になってしまう馬もいるので、なめられるとケガをすることもあります。それが怖くて辞めてしまう人もいますので、強い気持ちを持てる人が良いと思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

好きなことを仕事にするのは楽しいものですが、その分自分を犠牲にしなければいけないこともたくさんあります。それを承知したうえで、好きなことを仕事にすることはやっぱり幸せなことだと思います。夢は追い続けるものです。好きという気持ちが強ければ辛いことも乗り越えられます。そうしたものをぜひ見つけてください。



取材中も馬とじゃれ合う松本さんでしたが、強い気持ちで接しているからこそ、そうした信頼関係が築けるのだそうです。体力的にはハードですが馬を愛してやまない人にとっては、レースでの勝利という大きな目標に向かって馬と苦楽をともにできる夢のようなお仕事のようです。


【profile】川崎競馬 山崎裕也厩舎 厩務員 松本美寿(まつもと みこと)
山崎裕也厩舎HP:http://yamazaki-stable.wixsite.com/kawasaki

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「厩務員(きゅうむいん)」
はこんな仕事です

調教師の指導の下、競走馬の生活する厩舎で馬の世話をする仕事である。具体的には、エサを与えたり、馬の寝起きする場所である馬房(ばぼう)を掃除したり、寝床のわらを取り替えたり、身体を洗ってブラッシングを行ったりする。また、馬がベストコンディションでレースに出場できるように、調教師のつくったメニューに基づいて、毎日の健康管理からレース直前の競馬場での付き添いまでを担当する。馬の最も近くで面倒を見る大切な役割である。将来的には調教師をめざすこともできる。

「厩務員(きゅうむいん)」について詳しく見る