【シゴトを知ろう】エネルギー系研究・技術者 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】エネルギー系研究・技術者 〜番外編〜

2017.04.24

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】エネルギー系研究・技術者 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】エネルギー系研究・技術者 編」では、JXTGエネルギー(株)の髙村徹さんにお話を伺い、エネルギー系の研究は、世の中のために欠かせない仕事であることが分かりました。

今回は番外編として、この仕事ならではの視点など、より詳しく仕事について掘り下げてみます。

この記事をまとめると

  • 地球環境への影響を考えて、エネルギーの研究をする必要がある
  • 研究者や技術者の努力で、自動車の燃料や排気ガスをきれいにする技術が向上している
  • IT技術の進歩で、数カ月かかる実験結果が1日で推測できるようになった

「世の中全体をよくするためどうすればよいか」をいつも考えている

――エネルギー系研究・技術者の仕事ならではの、仕事上の「視点」があれば教えてください。

地球環境への影響と事業としての利益のバランスを考えて、日本の将来あるべき姿をとらえた研究していることでしょうか。単純にコストが安かったり、利便性があったりするエネルギーの需要が高いのは当たり前ですが、環境問題の観点でも研究を考える必要があります。「世の中全体をよくするためどうすればよいか」をいつも考えがちなのが、エネルギー系の研究者の「あるある」といえるかもしれません。

研究者・技術者の努力で少しずつ世の中はよくなっている

――エネルギー系研究・技術者にまつわることで、世間一般にあまり知られてはいないトリビア的なことがあれば教えてください。

私が子どものころ、トラックが通り過ぎるときは排気ガスが臭くて息を止めていた記憶がありますが、最近はそこまでひどくありません。これは自動車の燃料や排気ガスをきれいにする技術などが向上したためです。あまり気づかれないところだとは思いますが、研究者・技術者の努力で少しずつ世の中はよくなっているんですよ。


――エネルギー系研究・技術者は、インターネットの普及など時代の変化とともに、どのような変化をしているのでしょうか。

IT技術の進歩によりさまざまなことができるようになりました。例えばコンピュータの計算能力が上がったことで、これまで予測困難だった複雑な計算を伴うシミュレーションができるようになりました。数カ月の実験をしないと結果が分からなかったことが、1日で推測できるようになり、研究の加速に役立っています。

研究報告会で「おもしろいことやってるね!」と言ってもらえるとうれしい

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

研究所では定期的に研究の報告会があります。自分の行っている研究を他人に理解してもらうというのはそんなに簡単ではないのですが、先輩などに「おもしろいことやってるね!」と言ってもらえると研究に取り組んでよかったなと感じます。多くの研究者は自分の研究がおもしろいと思って取り組んでいますが、それが他人に伝わらないときが往々にしてあります。そうすると研究を継続していくことは難しくなってくるので、何気ないことではありますが「おもしろい」と思ってもらえることを私は大切にしています。



髙村さんのお話にあるように、トラックなどから出る排気ガスひとつを取り上げてみても、技術の進歩が私たちの生活に影響を与えていることを実感しますよね。エネルギー系研究・技術者の仕事に興味が湧いた人は、私たちの日常とエネルギーの関わりについて、ぜひ注目してみてくださいね。


【profile】エネルギー系研究・技術者 髙村徹
【取材協力】JXTGエネルギー(株)
http://www.noe.jx-group.co.jp/

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーの安定供給や環境問題の解決など、自然や環境を調査・研究し、人の未来や暮らしをサポートする仕事につながります。また、自然ガイドなど、海や山の素晴らしさと安全なレジャーを多くの人に伝える仕事もあります。それぞれ高い専門性が求められる職業に応じて、専門知識や技術を学び、カリキュラムによっては資格取得や検定も目指します。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「エネルギー系研究・技術者」
はこんな仕事です

電力やガスなどを安定的に供給する技術開発や、太陽光や風力などの次世代エネルギーの研究開発を行う仕事。公的な研究機関や電力会社、ガス会社などに勤め、新エネルギーの研究開発や燃料電池の開発、エネルギーのリサイクル技術の開発に関する研究に取り組む。人々の生活が豊かになるにつれて、電力やガス、石油などの消費量は増加し、既存のエネルギー資源は枯渇し続けている。そのため人類の発展まで包括する長期的な視点で、エネルギーを供給するための研究は、今後も重要な役割を担っている。

「エネルギー系研究・技術者」について詳しく見る