【シゴトを知ろう】医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー) 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー) 〜番外編〜

2017.04.21

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー) 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー)編」では、医療ソーシャルワーカーとして働く山崎まどかさんに仕事内容を伺い、医療と福祉の架け橋となる役割として、ますます必要とされている仕事であることが分かりました。

今回は番外編として、この仕事ならではの「あるある」などについて掘り下げてみました。

この記事をまとめると

  • 医療ソーシャルワーカーの「ネットワーク力」を実感することがある
  • 最近は、診療所での活躍も増えてきている
  • いつでも相談しやすい雰囲気づくりを心掛けている

「この人とこの人も繋がっているんだ」と驚くことがよくある

――医療ソーシャルワーカーの仕事ならではの、仕事上の「あるある」なことがあれば教えてください。

医療ソーシャルワーカーのネットワーク力はすごい!ということです。その人の人間関係を聞くと、「この人とこの人もつながっているんだ」と驚くことがよくあります。自分が知らないことがあったときでも、身近な誰かにアドバイスを求めてみると、次々と人同士がつながって、詳しい人に教えてもらうことができます。


――医療ソーシャルワーカーにまつわることで、世間一般にあまり知られてはいないことがあれば教えてください。

医療ソーシャルワーカーというと、病院で働くイメージが強いかもしれませんが、最近は診療所での活躍も増えてきています。ご自宅で生活しながら医療を受けたいという方のために、外来や訪問診療という仕組みがあり、その利用に伴うさまざまな相談を受けています。また、個別の相談だけでなく、患者さんやご家族が集う場や、関係機関のネットワークづくり、住民の方に対する多職種の勉強会の運営など、地域ごとにいろいろな業務を展開しています。

ニーズは多様化している

――近年、多くなっている相談など、時代の変化と共に変わってきたこと、需要が多くなってきたことがあれば教えてください。

一つ目は、雇用と経済的な課題です。働く上で、非正規雇用の増加や失業などに伴い、ネットカフェや漫画喫茶で寝泊まりの生活、健康保険証を持っていないために病院に行かず、病状が悪化した状態で救急来院される場合があります。私たちは、あらゆる制度活用や関係機関へ働きかけ、生活の再設計に向けて支援しています。

二つ目は、社会の超高齢化を背景に、食べる機能や食欲の低下から胃ろう(人工的な栄養管理)をつくるかどうかという判断や、残された時間の過ごし方など、一人ひとりの意思決定への関わりです。特に、一人暮らしの方が増加し、地域の支援体制づくりが求められ、人と人、医療機関と地域をつなぐ要となっています。そのほか、がんや難病などの治療と仕事の両立支援、虐待、未受診の妊婦さん、医療的なケアが必要な子ども、外国人の方への支援など、医療ソーシャルワーカーのニーズは多様化しています。

患者さんの家族から感謝の言葉をいただたことがとても心に残っている

――お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

私たちの仕事は、ご本人とご家族が評価するものだと考えているので、達成感という表現ではお答えしづらいのですが、心に残るエピソードはたくさんあります。例えば、余命わずかで入院していた患者さんと自宅の整理やご近所への挨拶まわりをしたときのこと。高齢のご姉妹が火葬場に行けないからと、病院内の霊安室で好きな洋服やお花を一緒に飾って、患者さんをお見送りしたことがありました。その際に、ご家族からの「最高のお葬式」と言っていただいたことは、とても心に残っています。



山崎さんは、患者さんやご家族がいつでも相談しやすい雰囲気づくりをしたり、今どのような気持ちでいるのかを想像して準備をしているそうです。また、その方の大切にしている価値観を教えてもらうことで、より心を近づけることができるようです。これからの高齢化社会で、よりいっそう需要が高まりそうな医療ソーシャルワーカーの仕事にぜひ注目してみてくださいね。


【profile】医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー)山崎まどか
【取材協力】
JCHO東京新宿メディカルセンター
東京都医療社会事業協会

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

現場で福祉を担う介護福祉士などのスペシャリストや、福祉サービスの企画・提案ができる人材を育成します。通常の生活を営むことが困難な人の生活を助けるための専門知識、技術を身につけ、職種により就業に必要な資格取得を目指します。高齢化が進む中、精神的なケアや寝たきりを防ぐための運動指導など、必要な専門知識や技術も幅広くなっています。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー)」
はこんな仕事です

病気やケガで入院した患者やその家族は、医療費の負担をはじめ、精神的な不安や退院後の生活など多くの悩みを抱えることが多い。そんな人たちに、安心して治療に専念し、社会復帰ができるように援助を行うのが医療ソーシャルワーカーの役割。介護問題などの相談に対応するなど、医療と福祉のパイプ役でもあることから、病院に所属するほか、病院から依頼され保健所から派遣されることも。福祉に対する幅広い知識は当然必要になる。

「医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー)」について詳しく見る