【シゴトを知ろう】CMプランナー 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】CMプランナー 〜番外編〜

2017.04.13

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】CMプランナー 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】CMプランナー 編」では、明治安田生命や明治「きのこの山」「たけのこの里」やワコール「SUHADA」といった商品のCMを手がけている、株式会社 東北新社のCMプランナー・中村裕子さんにお話を伺いました。

CMプランナーは、自分の考えたアイデアがテレビで流れる、とてもやりがいのあるお仕事です。こちらの記事では番外編として、お仕事の「あるある」や、知られざる一面についてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 毎日、絵コンテを描いているうちに、1時間半で5案描けるようになった
  • 自分が手がけた企画が、気が付いたら映像化されていて、テレビで流れていたことも
  • イベント、Webサイトの企画など、CM以外の業務も行っている

プライベートな話も「絵コンテ」で説明!

――CMプランナーのお仕事の「あるある」エピソードを教えてください。

CMプランナーの仕事では、たくさんの絵コンテ(※)を描きます。毎日、絵コンテを描いていくうちにどんどんスピードが早くなっていって、今ではだいたい1時間半で5案描けるようになりました。

ですから、例えば、友だちとプライベートで恋の話をしているとき、「絵コンテのほうが早く説明できる!」と思って、実際に絵コンテで状況を説明しちゃうことがあります。友だちの話も、「今から私がまとめてあげるよ」と絵コンテにすることがあったり(笑)。言葉で説明するよりも、話が分かりやすく、おもしろくなると思っています。

※絵コンテ……CMのストーリーを説明するための、イラストと文字が組み合わさった表。CM制作の設計図となる。

1本のCMにつき、トータル約150案の企画を立てたことも

―― 1本のCMを作る際には、どのくらい企画を考えるものなのでしょうか?

学生の方と話していると、皆さん、「CMを作る際、企画は1案だけ考える」と思っているようなのですが、実際は、CM1本あたり5案以上の企画を考えます。企画を提出しても、やり直しを求められることもありますし、1年くらい打ち合わせを繰り返したものの、結局、制作に至らなかったCMもありました。自分の中では、1本のCMにつき、トータル約150案の企画を考えたのが最高記録ですね。
 
 
――ほかにも、CMプランナーのお仕事の知られざる事実・トリビアがあれば教えてください。

弊社の場合ではありますが、CMプランナーが撮影現場に行くことはありません。CMの撮影現場で、メガホンを取るのは「ディレクター(「演出」「監督」)」という人の役目です。また、自分が手がけた企画が、いつオンエアになるのか知らず、「気が付いたら、テレビで流れていた」なんてこともあるんです。

世界各国のCMクリエイターとの出会いもあった

――お仕事の中での一番の思い出と、今後の抱負について教えてください。
 
昨年、仕事を頑張り、成果を上げたことで「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・ファスティバル」の研修に参加することができました。フランスで行われる、世界最大の広告祭です。世界各国から私と同世代のCMクリエイターが来ていて、一緒に海辺でお酒を飲んだりしたときのことは心に残っています。あれは、この仕事をしていなければ体験できなかったことですね。

今、CM以外の業務に携わることも増えていて、イベントの企画をしたり、Webサイトの企画をしたり、VR(バーチャルリアリティ)で何が起きたら楽しいかを考えたりする仕事もしているんです。今後は、CM撮影現場でのディレクション(演出)など、今までとは違う仕事にもチャレンジしていきたいです。
 
 

皆さんは、今日どんなCMを見ましたか? 皆さんが何気なく見たCMは、実は中村さんのお話にあったように、150案以上の絵コンテの中から選ばれたものなのかもしれませんね。また、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に関しては、インターネット上にたくさんの情報があり、受賞した作品を紹介するサイトも公開されています。興味を持った人は、ぜひ観てみてください。
 
 
【profile】株式会社東北新社 CMプランナー 中村裕子
【取材協力】株式会社東北新社
http://www.tfc.co.jp/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「CMプランナー」
はこんな仕事です

テレビコマーシャル(CM)の企画・演出を行う。企業が新商品のCMを広告代理店に依頼すると、制作会社に企画立案が発注され、CMプランナーの仕事が始動する。限られた秒数内で視聴者に印象に残るメッセージをつくるために、どんなCMにするのかストーリーを考えて提案する。キャッチコピーはどうするか、どのタレントを起用するか、絵コンテを描いてクライアントに提案。撮影段階でも企画コンセプトにのっとっているのか、細かく確認をしながら自ら演出を行う。大胆なアイデアと全体に目を配る細心さが求められる。

「CMプランナー」について詳しく見る