【シゴトを知ろう】山岳救助隊員 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】山岳救助隊員 〜番外編〜

2017.04.17

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】山岳救助隊員 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】山岳救助隊 編」では、長野県警察 山岳安全対策課の水口佳祐さんに山岳救助隊とはどんな仕事なのか、そして仕事に就いたきっかけなども教えて頂きました。遭難者の救助だけでなく、日ごろの訓練や登山者への指導といった山岳遭難防止対策にも携わっていることが分かりました。

今回は、番外編としてこの仕事ならではの「あるある」など、より詳しく山岳救助隊の仕事について掘り下げてみました。

この記事をまとめると

  • 長野県警の山岳救助隊員は、約3分の1が県外出身者で構成されている
  • 職場や自宅にいても山の天気や空の様子を確認してしまいがち
  • 休むときはしっかりと休む、メリハリのある生活が必要

山岳救助隊員となるには、まず警察署の交番勤務

――山岳救助隊員にまつわることで、意外と知られていない、知られざる事実やトリビアがあれば教えてください。

実は、現在の長野県警の山岳救助隊員の約3分の1が県外出身者なんです。山岳救助隊員になりたいと志望して長野県の警察官になった人もいます。山岳救助隊に入るための特別な資格はありません。長野県の警察官となり、警察学校で警察官としての基礎教育を受けた後、各警察署で交番勤務となりますが、そこで本人の希望と適性があれば山岳救助隊に入ることができます。もちろん希望通りにいかない場合もありますが、まずは警察官として使命感を持って一生懸命に仕事をすることが大切です。

自宅にいてもヘリコプターの音を聞くと気になってしまう

長野県警察 山岳安全対策課の水口佳祐さん

長野県警察 山岳安全対策課の水口佳祐さん

――山岳救助隊の仕事ならではの、お仕事上の「あるある」なことがあれば教えてください。

登山用品は機能性がいいことから、普段の生活でも登山用の服や道具(ザックなど)を使うようになる人が多いです(笑)。


――お休みの日についでてしまう、職業病な行動はありますか?

自宅にいてもヘリコプターの音を聞くと「何かあったかな? 県警ヘリかな?」と気になってすぐに外に出たり、つい山の天気や空の様子を確認してしまいますね。

重傷を負った遭難者が、数カ月後に元気になって職場までお礼に訪れてくれた

水口さんは「いざというときに集中できるように、勤務日と休日のメリハリをはっきりとつけるようにしている」と話す

水口さんは「いざというときに集中できるように、勤務日と休日のメリハリをはっきりとつけるようにしている」と話す

――気力と体力が必要なお仕事だと思いますが、健康面・精神面において日頃の生活で気を付けていることがあれば教えてください。

勤務日と休日のメリハリをはっきりとつけるようにしています。気持を張りつめ続けていると、いざという時に集中できないので、休むときはしっかりと休み気持の切り替えが必要だと思います。


――お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

北アルプスで滑落し重傷を負った遭難者を救助し病院に搬送したのですが、その遭難者が数カ月後に元気になって私たちの職場までお礼に訪れていただいたことがとてもうれしく、思い出に残っています。



山岳救助隊は、人の命に関わっているため、1分1秒を争うような切迫した状況に直面することも多いようです。その分、無事救助に成功して遭難者本人や周囲の人々から感謝の声を聞くことができたときの気持ちはわたしたちの想像を超えたものではないかと思います。山岳救助隊に関心を持った人は、ぜひその仕事内容を詳しく調べてみてくださいね。


【profile】長野県警察巡査長 山岳安全対策課救助係特務 水口佳祐
【取材協力】長野県警察本部山岳安全対策課
http://www.pref.nagano.lg.jp/police/sangaku/

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーの安定供給や環境問題の解決など、自然や環境を調査・研究し、人の未来や暮らしをサポートする仕事につながります。また、自然ガイドなど、海や山の素晴らしさと安全なレジャーを多くの人に伝える仕事もあります。それぞれ高い専門性が求められる職業に応じて、専門知識や技術を学び、カリキュラムによっては資格取得や検定も目指します。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「山岳救助隊員」
はこんな仕事です

登山中に遭難した人を捜索・救出する仕事。全国各地の消防署や消防本部に配属され、日常的には登山の安全性を確保するために危険箇所を発見したり、入山管理、山火事防止活動を行ったりしながら救助トレーニングに励む。管轄する山で遭難者が出た場合は、警察の山岳警備隊、自衛隊などと協力して救助活動にあたる。このほか、水難事故の救出、生息する動物の保護など役割の幅は広い。必須資格などはとくにないが、消防署管轄の組織であるため、各地方自治体の「消防官採用試験」を受験して合格する必要がある。

「山岳救助隊員」について詳しく見る