【シゴトを知ろう】介護施設相談員 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】介護施設相談員 〜番外編〜

2017.04.14

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】介護施設相談員 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】介護施設相談員 編」では、高齢者施設を管理する立場として、スタッフの教育、人材育成から、入居者家族から受ける相談などを行うお仕事について、有料老人ホーム「SOMPOケア ラヴィーレ習志野台」で働く石井章義さんにお話を伺いました。

こちらの番外編では、より詳しいお仕事内容やキャリアパスなどについてお話を伺います。

この記事をまとめると

  • 地域で行われるイベントに職員や入居者が参加することもある
  • 福祉・介護分野は、資格取得によって、ステップアップが可能
  • 介護者の取り組み次第で、高齢者の不可能を可能にすることができる

イベントや勉強会など、地域に根ざした取り組みを実践

――高校生にとって、高齢者施設はなじみの薄い存在です。地元住民や若い人たちに、施設の存在や役割を知ってもらうための活動もしているのでしょうか?

私が働く施設では、町内会が主催する夏祭りと年始に行うもちつきのイベントに参加しています。職員はスペースを借りて飲みもの販売を行いましたが、施設にご入居されている方の中にも、会場まで足を運んでくださった方がいらっしゃいました。まだ完成して2年ほどの施設なので、参加回数もわずかなものですが、地域交流の場として引き続きイベントには参加したいと考えています。

また施設を近隣住民の方たちに開放することもあります。現在、一般の方たち向けに認知症への理解を深めてもらうための「認知症サポーター養成講座」という運動が全国的に行われているのですが、その会場として使ってもらっています。ほかにも、薬の正しい飲み方や歯のケアといった講座も定期的に行っていて、ご入居者さまだけでなく近隣の方々も自由に参加できるため、非常に好評を得ています。

施設の監督者になるまでの長い道のり

石井さんは、現場では連絡用のインカムを常に付けている

石井さんは、現場では連絡用のインカムを常に付けている

――現在の役職に就くまでのキャリアパスについて教えてください

私は大学の商学部を卒業後、医療法人が運営する介護事業所に就職し、通所リハビリテーション(デイケア)を経て、介護老人保健施設(リハビリなど機能回復をメインに行う高齢者施設)に異動となりました。この間に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得しました。福祉系の専門学校や大学では、卒業と同時に介護福祉士の試験を受験できる資格取得ルートがありますが、私のように一般の大学を出た場合、介護現場での実務経験が3年に達していなければ受験資格がもらえません。

現在の会社に転職してからは、別の施設で副主任、主任を経験し、「介護支援相談員(ケアマネジャー)」の資格を取得しました。介護支援専門員になるには現場での実務経験が5年以上必要となります。そして現在の施設に赴任してから、相談を受けたり指導する仕事に就いています。この仕事は、現場での長い経験と知識が必要です。ここでしっかりスキルを身につけておけば、きっと道は開けてくると思います。

食事ができなくなった人へ再び食べる喜びを

――最後に、お仕事の中で思い出深いエピソードがありましたらお聞かせください

体調不良から経管栄養(胃につなげたチューブから食事を流入させる栄養摂取方法)を行うことになってしまい、寝たきりの状態で当施設に来た方がいるのですが、再び口から食事を取ってもらえるよう、スタッフ一同で策を練ったことがありました。まずは“食事の楽しい雰囲気”だけでも味わってもらおうと、車いすのまま食堂へお連れしたことがありました。今思えば、食べることができない人を食堂に連れて行くなんて残酷ですし、逆効果となる可能性もあったのかなと思います。でもその方は、ほかのご入居者さまがおいしそうに食事をする姿を見て触発されたのか、再び口から食事をとるまでに回復されたのです。私だけでなくスタッフ一同のアイデアや、実行力があったからこそ実現できたことだと思います。“チーム”としての努力が実を結んだケアの成功例といえるのではないでしょうか。



質の高い介護サービスを提供するには、介護にあたる人の経験や発想、そして他者を思いやる気配りや優しさが求められると思います。介護施設での仕事は、高齢者一人ひとりの人生の豊かさを大きく左右する責任、そしてやりがいのある仕事だといえるでしょう。


【profile】SOMPOケア ラヴィーレ習志野台 石井章義さん
【取材協力】SOMPOケアネクスト株式会社
http://www.sompocare-next.jp/

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

現場で福祉を担う介護福祉士などのスペシャリストや、福祉サービスの企画・提案ができる人材を育成します。通常の生活を営むことが困難な人の生活を助けるための専門知識、技術を身につけ、職種により就業に必要な資格取得を目指します。高齢化が進む中、精神的なケアや寝たきりを防ぐための運動指導など、必要な専門知識や技術も幅広くなっています。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「福祉相談指導専門員」
はこんな仕事です

介護施設や医療施設において、介護に携わるスタッフから、または本人、その家族から詳しくヒアリングし、個別に身体・健康状態に合った住環境の整備、介護用品の選択基準、入院に必要な諸手続きなどについて、的確なアドバイスを行う専門職となる。この職に就く条件としては「介護福祉士」「ケアマネジャー」などの有資格者に限られるケースが多い。介護保険、介護手法、介護施設・サービス内容について、十分な経験と知識を持っている人が求められているので、まず福祉系の学部でしっかり基礎を固めておきたい。

「福祉相談指導専門員」について詳しく見る