【シゴトを知ろう】海洋工学系研究・技術者 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】海洋工学系研究・技術者 〜番外編〜

2017.04.21

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】海洋工学系研究・技術者 〜番外編〜

【シゴトを知ろう】海洋工学系研究・技術者 編では、「JAMSTEC地球深部探査センター技術部」の技術主任・山崎泰之さんにお話を伺い、世界最高水準の科学掘削能力を持つ地球深部探査船「ちきゅう」の保守・整備、機器開発に携わる上でのやりがいなどを教えてもらいました。

今回は番外編として、この仕事ならではの「あるある」など、より詳しく海洋工学系研究・技術者の仕事について掘り下げてみました。

この記事をまとめると

  • 疲れたときに、海の見える風景は心を癒してくれる
  • 津波による被害予測などに海洋掘削のデータが使われている
  • 海洋科学掘削の目的の一つに、巨大地震発生メカニズムの解明がある

陸上の生活でも物が倒れないようについ物の置き方を考えてしまう

――海洋工学系研究・技術者の仕事ならではの仕事上の「あるある」なことがあれば教えてください。

船の中で生活していると、揺れて物が倒れないようにする習慣が身につくので、陸上の生活でも物が倒れないようについ物の置き方を考えてしまいます。キャリーバッグも船の上で動いてしまうので、4輪のものは買わないですし、ブレーキ付きのものを買ったりとか、そういうことを気にしてしまいますね。それと、海が目の前にあるからといって、海のような広い心になれる訳ではないのですが(笑)、疲れたときに海の見える風景は心を癒してくれます。


――海洋工学系研究・技術者にまつわることで、世間一般にあまり知られてはいないことがあれば教えてください。

海洋工学という分野を聞いたことがない人も多いかもしれませんが、日本は海に囲まれています。例えばエネルギーや食料、そのほか物資の輸送の大部分は海上輸送に依存しているなど、普段の生活の中で意識はあまりしないかもしれませんが、海はみなさんの身近な生活に直結しています。我々の仕事でいえば、地震・津波による被害規模のより正確な推定などに「ちきゅう」の研究成果が使われたりしていますので、サイエンスといっても実生活から遠いものではなくて、身近な防災・減災にも役立てられているんですよ。

海上では1MBくらいの添付ファイルを送られてきても、なかなか開けない

――海洋工学系研究・技術は、インターネットの普及など時代の変化とともにどのような変化をしているのでしょうか。

海上では、衛星経由の通信を行っているので、陸上でのインターネットの普及とはあまり関係していませんね。海に行けば20年前くらいの通信環境と変わらないです。ですので、2週間くらい、ネットにつながらなくてメールも確認できないときがあります。そういう環境であることを周りが認識してくれていないこともありますね(笑)。連絡は取れるんですが、1MB(メガバイト)くらいのファイルをメールに添付して送られてきても、船上ではなかなか開けません。そこは海関係の仕事をしていない人にはなかなか理解してもらえないかもしれないですね。陸上ほど通信環境が劇的に変化していないため、発展もまだまだこれからです。


――近年、大きな震災が起きていることは、海洋研究にどんな影響を与えているのでしょうか。

近年の震災が発生する前から、海洋科学掘削の目的の一つに巨大地震発生メカニズムの解明があります。我々が調査する対象は、海底下が震源域となる“海溝型地震”(発生が懸念されている南海トラフ地震、2011年の東北地方太平洋沖地震など)です。東北地方太平洋沖地震については、発生のほぼ1年後にその震源海域を掘削して地質試料の採取や、さまざまなデータを取ることに成功し、科学的に大きな成果を上げています。

震災で津波の直撃に遭い1年後に震源海域に戻ってきたときには感慨深いものがあった

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

東北地方太平洋沖地震の発生時、我々は八戸港に着岸中で、船は津波の直撃に遭いました。船の乗員が最善を尽くして被害を最小限にしたものの、船体後部を岸壁に打ち付けたため6基あるスラスター(操船装置)の1基を失い、船体の外板も損傷しました。その状態からJAMSTEC内外の多くの人々の懸命の努力で応急修理や5基のスラスタで作業をするための改造を行い、掘削調査をできる状態にまで持っていくことができました。そして、1年後には実際に震災が起こった震源海域で研究調査を行いました。その1年間はずっとバタバタしていて大変でしたし、研究現場に戻ってきたときには感慨深いものがありましたね。



現代に暮らす我々にとって欠かせない防災・減災についてもその研究が役立てられている海洋工学系の研究・技術開発。日本は海に囲まれているだけに、意識してみると、海に関する話題はニュースなどで頻繁に取り上げられていることにも気付くと思います。「海洋工学系研究・技術者」の仕事に興味がある人は、これまでと少し見方を変えて海に関心を持ってみると、より視野が広がるのではないでしょうか。


【profile】」山崎 泰之 (ヤマザキ ヤスユキ)
JAMSTEC(海洋研究開発機構)地球深部探査センター技術部 技術主任
地球深部探査船「ちきゅう」による深海底科学掘削の技術開発を担当
http://www.jamstec.go.jp/cdex/j/developtec/
取材協力 / 写真提供:JAMSTEC
http://www.jamstec.go.jp

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーの安定供給や環境問題の解決など、自然や環境を調査・研究し、人の未来や暮らしをサポートする仕事につながります。また、自然ガイドなど、海や山の素晴らしさと安全なレジャーを多くの人に伝える仕事もあります。それぞれ高い専門性が求められる職業に応じて、専門知識や技術を学び、カリキュラムによっては資格取得や検定も目指します。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「海洋工学系研究・技術者」
はこんな仕事です

海という場所・資源を調査研究して、これを活用するための技術を開発する仕事。分野は多岐にわたり、鉱物資源に関する分野、気象・環境に関する分野、海上空間の利用に関する分野などがある。具体的な工学技術の例としては、深海の生態系を調査する際に使われる深海探査艇や、海洋資源を掘削するボーリング機などが挙げられる。また、将来のために、海上生活を送る施設を研究開発したり、波の力を利用したエネルギー開発技術を研究したりするのも海洋工学の一つ。

「海洋工学系研究・技術者」について詳しく見る