管理栄養士が斬る! 「糖質オフダイエット」って実際どうなの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

管理栄養士が斬る!
「糖質オフダイエット」って実際どうなの?

2017.04.03

提供元:神戸学院大学

管理栄養士が斬る!
「糖質オフダイエット」って実際どうなの?

「カロリーを気にせず、おなかいっぱい食べながら痩せられる」と話題の糖質オフダイエット。個人のダイエット記録や管理用にと、サラダやゆで卵、鶏肉など、いわゆる“糖質オフ”の食事メニューをSNSにアップしている人も多く、日本各地で糖質制オフダイエッターが増加中! では、質問です。あなたは「糖質オフダイエット」がなぜダイエットに効果的なのか、そのメカニズムや理由について答えられますか?

この記事をまとめると

  • 太る原因と糖質オフダイエットのメリット
  • 糖質オフダイエットの落とし穴
  • 健康志向の今、管理栄養士が注目されている

なぜ太るの?その理由は「○○○」にアリ

一般的なダイエットは、食事でとるカロリーを減らし、ウォーキングやジョギングなどの運動をしながら基礎代謝を上げ、体脂肪を燃焼することで体重を減らします。一方、糖質オフダイエットの場合、重要なのはカロリーではなく「糖質量」。糖質は、ご飯やパンなどの主食や甘い調味料、根菜類などに多く含まれる糖を主成分とする物質で、消化されると体内でブドウ糖に変化。そして血液中に送られ、血糖値を上げてエネルギーとして使用されます。糖質を多くとると大量に生成されたブドウ糖が使いきれずに中性脂肪として体内にため込まれることになり、これが“太る原因”に。その太る原因である「糖質」を極力減らし、肉や魚に含まれるたんぱく質や脂質を中心とした食事をするのが「糖質オフダイエット」の特徴です。糖質の摂取を控えるだけで体内の脂肪を燃焼しやすくするので、健康的に痩せられるという仕組みなのです。

「糖質ゼロ」とは違う!「糖質オフダイエット」の落とし穴

「糖質に注意すればいいだけで痩せられるなんて、夢のよう!」と思い、さっそくダイエットにチャレンジ。でも、いくら頑張っても痩せない、なんとなく体もだるい…という失敗例もよく耳にします。それには、いくつかの「糖質オフダイエットの罠」が潜んでいるのかもしれません。たとえば、食材選び。ご飯やパンだけを控えれば良いと思ってイモ類や根菜類を摂取していたり、味付けに砂糖やみりんを使っていたりしていませんか?これらはすべて高糖質で、糖質オフダイエットには不向きなものばかり。また、スピーディーに痩せたいからと糖質をまったく摂取しないのも考えもの。糖質は人間の体を作る3大栄養素のひとつで、極端に制限しすぎてしまうことで体の中の酸性物質が増えすぎてしまうと、体内に悪影響を及ぼしてしまうともいわれています。さらに糖質制限を続けることで頭痛、筋肉の硬直、下痢など、栄養素の不足によるさまざまな弊害を引き起こしてしまうという報告もあります。

ダイエットに挑戦して、健康を害してしまっては意味がないですよね。もちろん、流行に乗ってその時々のダイエットに挑戦→失敗を繰り返すことも、健康に悪影響。健康的に痩せたいなら、(1)「栄養」についての基本を知ること、(2)体のメカニズムや痩せる仕組みなど「医学的な知識」を持ち、理解すること。この2つを身に付けておくことが、ダイエットを成功に導くカギとなるでしょう。

過熱するダイエットブームの中で 注目を集める「健康づくりのスペシャリスト」

飽食といわれる現代、肥満人口は増え続けており、肥満による生活習慣病の患者数は増加傾向にあります。もはやダイエットは一過性のブームではなく、肥満によって引き起こされる「生活習慣病」の予防にもつながるため、社会全体で取り組むべき課題でもあります。
さらに、共働き家庭の増加に伴う子どもの孤食や個食問題、超高齢化社会を見据えた食生活のあり方など、「食」に関するさまざまな問題を抱えている現代社会。そんななか、注目を集めているのが「食」と「医」の分野で人々の健康づくりをサポートする「管理栄養士」という職業です。医療機関、食産業界、教育、行政だけでなく、近年では介護、保育所、スポーツ、ドラッグストアにいたるまで、幅広い分野で栄養指導を行うなど、活躍のステージは無限に広がり、そのニーズは年々高まりを見せています。

こうした管理栄養士を育成するために、およそ50年もの歴史を持つのが神戸学院大学の栄養学部。創設当初より、医学的アプローチで「食」と「健康」の関係を追究。学生のやる気に応える豊富な実習やカリキュラムで、管理栄養士の国家資格取得をサポートし、約4,000人の管理栄養士を輩出してきた実績があります。さらに、管理栄養学と生命栄養学の2専攻に分かれ、より専門性を磨きます。自分自身はもちろん、周りの人が健康的で心豊かな生活を送れるように。その一歩を、ぜひ神戸学院大学で踏み出してみませんか。

【広告企画】提供 : 神戸学院大学

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「管理栄養士」
はこんな仕事です

管理栄養士の仕事は、特定の給食施設で栄養指導を行う栄養士の管理・指導をすること。栄養士の上級資格となる国家資格で、定められた数を超える食事が提供される施設には管理栄養士を置くことが法律で定められている。栄養士は健康な人の栄養指導をするのに対し、管理栄養士は一人ひとりの健康状況や体質に合わせた栄養指導を行う。そのため病気を患った人の食事指導のほか、フィットネスクラブでダイエットに取り組む人へのアドバイスや、アスリートの食事面のサポートなど活躍の場は多岐にわたる。

「管理栄養士」について詳しく見る