【シゴトを知ろう】洋裁師 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】洋裁師 編

2017.04.28

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】洋裁師 編

熟練した縫製技術で洋服を仕上げていく洋裁師の仕事。最近では、気に入った洋服を長く着るためのリメイクやリペアのニーズも増えているようです。デニムを中心としたリメイク・リペアの専門店「JOURNEY FACTORY(ジャーニーファクトリー)」代表の重本洋介さんにお仕事内容を伺いました。

この記事をまとめると

  • デニムを中心に洋服のリメイクとリペアを行っている
  • 生地に合わせて縫い方を変え、ステッチにもミリ単位のこだわりが
  • デニム縫製会社やアパレルブランドでの勤務を経て現在の仕事に

お客様からの信頼に期待以上の仕上がりで応えたい

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい

個人のお客様やブランドから注文を受け、洋服のリメイクやリペアを行っています。厚手の生地を専門に取り扱っており、中でも9割以上がデニムです。ブランドからのオーダーもリメイク品が多く、裁断から縫製、仕上げまで一貫して行います。一般的な工場ではコスト的に難しいような数十着単位での生産にも対応できるのが強みですね。また、アジアを中心とした世界の生地を使い、オリジナルの服も製作しています。

<一日のスケジュール>
10:00 メールチェック、掃除
午前中 糸などの材料選びや手配
12:00 昼食
午後 縫製作業
18:00 仕事終了


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

リペアのゴールは元の状態に戻すこと。一方で洋服に新しい表情を与えるリメイクの場合は、「何となくイメージはあるがどういう風にしたらいいか分からない」というお客様も多くいらっしゃいます。そんなときに「お任せします」と言っていただけると、「想像以上のものを仕上げたい」と力が入りますね。僕はデニムで有名な岡山県倉敷市の児島で修行を積んだ経験があるので、お客様も信頼してくださるのかもしれません。その期待を超えるものを作りたいと、リメイクのディテールにもさまざまな工夫をしています。仕上がった服を見て「予想以上に良い」とお客様が喜んでくれると本当に嬉しいです。


Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?

洋服を縫うこと自体は、特別難しいことではありません。その中でプロとアマチュアの違いは「どこまで品質にこだわるか」だと思っています。例えばステッチが1mmでもずれると違和感が出てしまうので、失敗したときは一度全部糸をほどいてやり直しになります。ほんの少しでもミスをすると、後の処理が非常に大変ですね。
また、縫製指示書という“設計図”に基づいて洋服を作る量産品とは違い、リメイクやリペアは毎回扱う生地が変わります。生地のサイズや色合い・伸び縮みなどによって、それぞれ縫い方を変えなくてはいけません。縫製に使う糸も、生地ごとに色や太さ・材質を選ぶ必要があるため、材料を揃えるだけでも時間がかかってしまいます。

原点は「着たい服を自分で作ろう」と思った中学時代

Q4. どのようなきっかけ・経緯で洋裁師に就きましたか?

洋服のリメイクやリペアを始めたのは中学生の時です。その頃から海外の生地に興味があり、「着たい服が売っていないから作ろう」と考えたのがスタートでした。短大卒業後は「きちんと服を縫えるようになりたい」と考え、倉敷市児島にあるデニム縫製会社のリメイク工房部に勤務。経験を積んだ後アパレルブランドの営業に転職しました。働きながら空いた時間に服作りをしていましたが、「もっと本腰を入れて製作に没頭したい」と考えるようになり独立を決めました。


Q5. 短大では何を学びましたか?

短大の服飾美術学科に通い、ファッションビジネスやマーケティング、造型デザインなどを学びました。デッサンや現代アートのような美術系の科目もありましたし、服を着て体をスムーズに動かすには生地にどれくらいのゆとりがあればよいか、という人間工学についても勉強しました。授業ではファッションに限らず幅広い分野を学びましたが、中でも僕はグラフィックなどの平面デザインが好きでしたね。当時勉強したことを生かして、現在はお店のホームページも自分で制作しています。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校時代は美容師になりたいと考えていて、よく友達の髪を切ってあげていました。兄と姉が美容師なのでその影響も大きかったのだと思います。進学したのは服飾分野でしたが、美容師も同じファッション業界の仕事なので、そういった意味では現在の仕事にもつながっていますね。

作業に没頭できる集中力と相手の気持ちを汲み取る想像力が大切

Q7. どういう人が洋裁師に向いていると思いますか?

縫製というのは地味な作業なので、途中で飽きてしまう人もいるかもしれません。でも、ステッチがたった1mm違うだけでも、仕上がりの見た目は大きく変わってしまいます。「黙々と作業ができる」ということがとても大切な仕事だと思いますね。
また、お客様がどのような仕上がりを望んでいるのかを想像する力も必要です。針を通すということは1度生地を傷つけることになるので、原則として失敗は許されません。例えば同じ「穴を直す」という作業でも、お客様がどれくらいのレベルを求めているかによって直し方は変わってきます。お客様との会話や洋服の状態からベストな方法を提案する想像力のある人が向いていると思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

小さくてもいいので何か目標を持ってください。進む途中で夢が変わっても、いくら回り道をしてもいいと思います。実際に僕が今の仕事に就いているのも回り道の結果です。もともと縫製は苦手で、この仕事に就くとは思っていませんでした。でもファッション業界に興味があって学校に入り、グラフィックデザインなど好きなことをいろいろやってみて、「やっぱり生地が好き」「服を作りたい」と思って縫製の仕事を始めました。小さな目標を積み重ねて、遠回りを恐れずに行動してほしいと思います。その時一番好きなことを目指してやってみれば、きっと次の目標が見えてくるのではないでしょうか。



既製服をそのまま着るよりも、あるものを使って自分の好きな服を作ることが好きだったと言う重本さん。高校生の皆さんの中にも、既製服のアレンジやリメイクを楽しんでいる方がいると思います。そんなファッションへの興味を突き詰めていけば、将来の仕事につながっていくかもしれませんね。


【profile】JOURNEY FACTORY 代表取締役 重本洋介
http://www.journey-factory.com

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「洋裁師」
はこんな仕事です

デザインから型紙を起こして布を裁断したり、しつけ糸を使って仮縫いをし、本縫いで着られるものに仕立てていくのが洋裁師の技術。現代の衣類は、既製服が大半なのでオーダーメードやリフォーム、リメイクを仕事にする洋裁師が多い。注文生産の紳士服を手掛けるのはテーラー、女性服の場合はドレスメーカーと呼ばれる。サイズ直しや修繕、子ども服の制作、舞台衣装の制作専門の人も。既製品をしのぐ完成度の手仕事が行えて、ファッションの知識とイマジネーションがあれば独立も可能。「洋裁技術検定」といった資格がある。

「洋裁師」について詳しく見る