こんなにあるの!? 身近なところにひそむ理系の知識

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

こんなにあるの!? 身近なところにひそむ理系の知識

2017.04.03

提供元:東京理科大学

こんなにあるの!? 身近なところにひそむ理系の知識

大学で、自然科学系の学問分野を教育・研究する部門のことを、総称して「理系」といいます。理系の学問というと、「とっつきにくい」「難しそう」というイメージがありませんか? でも理系の世界って、私たちの普段の生活と意外と関わりが深いのです。今回は、知れば知るほど面白い、身近な理系ワールド「理系の世界」へと皆さんをご案内します。

この記事をまとめると

  • 1日の生活やいろいろな場所を「理系」の視点で見てみよう!
  • 理系の世界に興味がわいたら、いざ学問へ!
  • 東京理科大の幅広いフィールドから、自分に合う学部・学科を診断してみよう!

1日の生活を「理系」の視点で見てみよう!

「私の趣味は読書。根っからの文化系だから、理系の世界なんて関係ない」…そう思った人も、実は日常生活のさまざまなシーンで、科学技術のお世話になっています。

たとえば、朝食用のミルクを“レンチン”で温めるとき。電子レンジは、マイクロ波という電磁波を使って、食品に含まれる水の分子を振動させることで熱を生み出します。いわば、科学技術のたまものですね。

通学時には、電車の改札で“ピッ”とかざすだけで乗り降りできる交通系ICカードを使っている人が多いはず。ICカードの内部には、データを記憶するICチップと交信用のアンテナが入っています。電磁波を利用して改札機のコンピュータとデータを交信し、カード残額を書き換えていくICカードは、まさに手のひらサイズのハイテク機器といえます。

さらに、昼休みに食べるお弁当に入っている冷凍食品にも、細胞を傷つけずに急速冷凍する技術が使われています。帰宅後、自分の部屋でくつろぎながら、スマホでSNSをチェックするときには、科学技術によるセキュリティシステムがあなたを守っています。
身近な例を知ると、日常生活がぐっと科学的に見えてきませんか?

生活に密着した理系の世界をもっと知りたいアナタはコチラをどうぞ!
『高校生密着24時』
https://www.tus.ac.jp/rikanomoto/discovery/24/

家の中、道路、高層ビル…こんなところにも理系が役立っている!

今度は、いつも過ごしているいろいろな場所に目を向けてみましょう。

まずは家の中。
テレビやパソコンの液晶ディスプレイには、電圧によって向きを変える液晶の性質を利用し、バックライトをあてながら電圧や光の量をコントロールすることで画面を表示するという複雑な技術が使われています。

夏も冬も欠かせないエアコンは、冷媒という物質に熱を乗せて、室外機とつないだパイプを移動させることで、部屋を涼しくしたり暖かくしたりします。
台所にある食器洗い用の洗剤には、油汚れをきれいに落とす界面活性剤という主成分が含まれており、商品ごとに洗浄力を強くしたり、泡立ちをよくしたりする補助剤や香料が加えられています。

街の中にも理系はあふれています。
道路や高層ビルの建設にも、道路を走る自動車の製造にも、科学の知識は不可欠。毎日通う学校の校舎には、防音設計や耐震技術などの高度な技術が詰まっていますし、自動ブラインド制御機能を備えた省エネ設計のオフィスビルの開発なども進められています。

いつも過ごしている場所を細かく見て行けば、誰もが理系のチカラに感謝したくなるはずです。

いろいろな場所に潜む理系の世界をもっと知りたいアナタはコチラをどうぞ!
『360度リカシティ』
https://www.tus.ac.jp/rikanomoto/discovery/house/

理系の世界に興味がわいたら、いざ学問へ!

このように、理系は身近なところにあふれています。本や映像でその世界に触れるだけでも楽しいものですが、一歩進んで、大学で専門的に学べば、将来、身近な生活や社会のために役立つ仕事をすることも可能かもしれません。

理系とひとくちにいっても、学問の世界は、さまざまな系統にわかれています。あなたが興味をもった理系は、どの学問につながっているのでしょうか?

たとえば、電子レンジは「応用物理学系」、IC定期券は 「電気系」と関わりが深く、スマホやパソコンに携わるには「情報科学系」や「数学系」の知識が必要です。建物全般には「建築系」、道路や橋などの都市開発には「土木工学系」の学問が関わっています。

東京理科大学の「面白くてよくわかる学問系統ガイド」で、くわしく調べてみましょう。

「面白くてよくわかる学問系統ガイド」はコチラから!
https://www.tus.ac.jp/rikanomoto/gakumon/

東京理科大の幅広いフィールドから、自分に合う学部・学科を診断してみよう!

私立の理工系総合大学として歴史を持つ東京理科大学。ここには、幅広い学びのフィールドがあります。学部・学科の数が豊富なので、どこに進めばいいか、迷う人も多いでしょう。そんな人にぜひチェックしてほしいのが、『理科ナビ 学部学科との適性がわかる適性診断』。

設問に答えることで、あなたの性格や興味関心を明らかにし、東京理科大学のオススメ学部・学科を紹介する診断サイトです。

さあ、さっそくチェックしてみましょう!
思ってもみなかった学問と出会えるかもしれませんよ。

「理科ナビ 学部学科との適性がわかる適性診断」はコチラから!
http://rikanavi.tus.ac.jp/

【広告企画】提供 : 東京理科大学

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事のテーマ
地球・環境・エネルギー」を解説

私たちの暮らす地球では、火山噴火、地震、台風、干ばつなど、人類にとっては有害な現象がいまも続いています。こうした現象を研究・解明し、うまく折り合いをつけていくことが必要です。また、豊かな生活を求めるあまり、限りある地球資源を枯渇させてしまったり、自然環境を破壊してしまうことは、人類の絶滅を意味します。こうしたことを防ぐためには、技術系の学問だけではなく、政治や行政などに関する幅広い知識も必要な分野です。

「地球・環境・エネルギー」について詳しく見る