独自プログラムや施設が充実! 歴史と実績を誇る国際教育で、文系そして理系の学生もグローバル社会に羽ばたこう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

独自プログラムや施設が充実!
歴史と実績を誇る国際教育で、文系そして理系の学生もグローバル社会に羽ばたこう!

2017.04.03

提供元:東海大学

独自プログラムや施設が充実!
歴史と実績を誇る国際教育で、文系そして理系の学生もグローバル社会に羽ばたこう!

世界を舞台に活躍する卒業生を数多く輩出する東海大学。1968年より全学的に「海外研修航海」をスタートしてから現在まで、グローバル人材の育成に積極的に取り組んでいます。近年は、英語を身近に感じながら学ぶことができる施設が続々誕生!他では経験できない、オリジナリティあふれる国際教育について詳しく見ていきましょう。

この記事をまとめると

  • 語学を超えたスキルを磨く国際教育で世界が求める人材を育成
  • 東海大学でしか体験できない、海洋調査研修船で巡る「海外研修航海」
  • グローバル感覚を磨くことができる独自の学習施設とは

語学を超えたグローバルスキルを磨く!理系学生向けのプログラムも充実!

将来は日本そして世界で活躍したい、さまざまな国や地域の人たちと一緒に仕事をしたい、そんな考えを持っている人も多いのではないでしょうか。大学時代にしっかり学び、グローバルスキルを磨けば、あなたの夢は実現することができるはずです。

東海大学では、欧米・アジア諸国を中心に世界20カ国・地域の45機関の派遣先とのネットワーク、奨学金、単位認定など、あらゆる側面から学生をサポートする留学制度を用意。海外のホテルなど、さまざまな機関でのインターンシップも充実しています。

また、2015年にハワイ大学ウエストオアフ校隣接地に移転した「ハワイ東海インターナショナルカレッジ(HTIC)」は、米国西地区学校・大学基準認定(アクレディテーション) を受けた短期大学で、英語をはじめアメリカやハワイの文化やマリンスポーツも学ぶことができる多彩なプログラムを実施しています。ダブルディグリー・プログラムを利用すると、「ハワイ東海インターナショナルカレッジ」に8ヵ月間留学することで、日本の「学士」と、アメリカの「短期大学士」の両方の取得 = ダブルディグリーが可能になります。

さらに、看護学科を対象とした看護医学英語を講義と現地学生との交流を通して学ぶ「看護学科ハワイ研修」や、医学部を対象とした医学英語や英語での診療を学ぶ「ハワイ医学英語研修」は、医療の道を志す学生にぜひ活用してほしいプログラムです。

海洋調査研修船で諸外国を巡る! 独自プログラム「海外研修航海」

東海大学の国際教育のなかでも、特徴的なプログラムが「海外研修航海」です。東海大学が所有する海洋調査研修船「望星丸」で、船上生活を送りながらおよそ40日間かけて諸外国を訪問します。全国のキャンパスから約100名の学生や外国人留学生が参加。見渡す限りの海原で刻一刻と変化する自然環境と向き合い、寄港先ではその国の文化や社会事情に触れ、人々と交流します。訪れるのは、アジアや南太平洋などの国々。寄港地の歴史を学ぶほか、現地の人々や協定大学の学生との交流により、海外の諸文化や諸事情に触れ、国際的な視野に立った人生観、世界観を確立させていきます。

船内という限られた生活環境のなかで送る仲間との共同生活もこのプログラムの大きなポイントです。学部、学年を問わず全国のキャンパスから集まった学生が、乗組員や団役員とともに船旅に出ます。そのなかで養われる協調性や豊かな人間性などといった力は、将来的に大きな財産となるに違いありません。
「長いと思った航海はあっという間だった」「国境を越えて友人ができ、国際感覚を養えた」「価値観が大きく変わった」など、学生たちにとって「海外研修航海」はかけがえのない経験となり、養われた広い視野やさまざまなスキルによって、未来の可能性は大きく広がるでしょう。

まるで学内留学「インターナショナルカフェ」、言語学習施設「グローバル・アゴラ」に注目!

東海大学には、外国に行かなくても、日常的に英語が飛び交う、まるで外国にいるかのような空間があります。

湘南キャンパス内にあるカフェテリアが完全英語化し、リニューアルオープンした「インターナショナルカフェ」がそのひとつ。店舗周辺の敷地までを「イングリッシュゾーン」に設定し、使用言語を英語としています。店内のメニューや掲示物はすべて英語、接客や注文も英語のみ。留学生、日本人学生、近隣住民などが、英語で自由に交流できる拠点になっています。

さらに、湘南キャンパス1号館には、2017年4月、言語学習のためのラーニング・コモンズとしてGlobal AGORA(グローバル・アゴラ)がオープンしました。
英語や他の外国語の学習に加えて留学生の日本語学習も支援し、共に学び合う空間を提供。施設内には、活発に議論したい人、落ち着いた環境で話し合いたい人など多様なニーズに応えるため、ピアラーニング・ルーム、プロジェクト・ルームといった目的に応じて利用できる部屋が揃います。また、アゴラ・ライブラリーやアゴラ・カフェも設けられ、学習や交流の場として学生たちに活用されています。

東海大学の国際教育は、積み重ねた歴史とともに、さらなる未来へと歩み続けています。充実した教育環境のもとで学べば、世界を舞台に国際人として活躍するのも、決して夢ではありません!

【広告企画】提供 : 東海大学

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る