少人数制、現場重視、地域との連携、園児との交流… 現場の実際を深く知ることが保育者としての実践力に

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

少人数制、現場重視、地域との連携、園児との交流…
現場の実際を深く知ることが保育者としての実践力に

2017.04.03

提供元:埼玉東萌短期大学

メイン
テーマ

少人数制、現場重視、地域との連携、園児との交流…
現場の実際を深く知ることが保育者としての実践力に

現代社会において保育士不足が叫ばれて久しいですが、同時に保育士が果たす役割と責務はより重要性を増しています。そうした状況の中、現場で求められる実践力を持った保育士とは、どういった人材でしょうか? 関連保育所がすぐそばにある理想的な環境で学べる本学では、現代社会のニーズを肌で感じ、現場での実感を伴った学びによって、より高い実践力を身につけることができます。今後ますます高度化する社会生活に適応できる能力を身につけた保育者を、本学は責任を持って育成します。

基礎を身につけ発展させるカリキュラム

自由な発想と千差万別の個性―それが、子どもの魅力の1つです。だからこそ、保育者は子どもの目線になって個々の発達の違いや心理状態を察知し、その成長を高い視点から受け止めることが大切になります。このような人材を育成するため、本学では独自の取り組みを多数設定。「国語力審査」では独自のテキストにより、国語力の強化と社会人に必要な教養を身につけることができ、2年間の学生生活を記録する「自己実現ノート」では自己管理能力を養えます。またグループワークやディスカッションを行い、能動的に学習する「アクティブラーニング」では、自主的に問題を考え、解決する力とともに、コミュニケーション能力を高められます。

現場を知り、現場で学ぶ 実践力が社会生活で強みに

現場実習では、教室での学びでは得られない数多くの体験ができます。本学は歩いて1分のところに「南越谷保育園」を有しています。日常的に子どもと触れ合い、先輩保育者が働く現場を肌で感じることができるのは、保育者を目指す人にとって理想的な環境といえるでしょう。
また、本学の図書館は、子どもや近隣住民、現場の保育従事者にも開かれた地域対応型になっています。このような社会と繋がることができる環境が、実践力の向上にも役立つのです。

一人ひとりに担当教員がつき成長を支える支援体制

実際に本学で学ぶ在学生からは「少人数制で先生との距離が近く、明るい雰囲気がよい」「ピアノの個人レッスンが受けられるので、初心者でも安心」といった声が多く聞かれます。さらに早期に短大での学びや生活に馴染めるよう、入学前教育を実施。実習・就職に関しても学生一人ひとりに担当の教員がつきます。「先生が何度も指導してくださり、希望する園から内定を獲得できました」という卒業生の声も聞かれます。また、成績優秀者には授業料を減免するなど、学生が自己の能力を最大限に発揮できるようあらゆる面で支援し、現場で活躍できる保育者の養成に努めています。

【広告企画】提供 : 埼玉東萌短期大学