積み重ねた経験を達成感として実感 ! 園田学園女子大学の「経験値教育」。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

積み重ねた経験を達成感として実感 !
園田学園女子大学の「経験値教育」。

2017.04.03

提供元:園田学園女子大学

メイン
テーマ

積み重ねた経験を達成感として実感 !
園田学園女子大学の「経験値教育」。

「経験値教育」とは、「大学生活のなかで、色んなことにチャレンジし、経験を積み重ねていくなかで、自分の考え方や生き方をみつけること」を大切にする教育です。講義で得た知識を、実際の経験を通して、確実に自分のものにしていき、新しい自分や新たな可能性を「発見」し、「挑戦」して一つひとつ達成していきます。その繰り返しが、やがて大きな「自己実現」につながっていきます。

地域学習から地域創生へ 経験値教育のさらなる広がり

2016年から開講している地域志向必修科目「つながりプロジェクト」では、学生たちが学部・学科を越えてチーム編成し、地域の課題解決に取り組みます。この学びにより、多様な専門領域を横断した〈学びのCommunity〉が大学内にできるとともに、学生を受け入れていただいた地域の方々の間で新たなつながりが広がります。学生たちは、地域の方々とともに活動することによって、将来、あの時のあの経験があるから、今の自分があると実感できる経験を積み重ねることができます。
本学では、この学びを「CBL (Community Based Learning)」と名付けています。「SONODAの経験値教育」をブラッシュアップし、地域創生できる人材育成をめざしています。

地域と大学をつなぐ『学生地域連携推進委員会』の活動

キッズフェスティバル

キッズフェスティバル

2014年に有志の学生が集まって発足した学生地域連携推進委員会(愛称:つなGirl)では、学内の学生や先生、学外の地域の方々などと交流を持ち、地域間交流の活性化を目指した「キッズフェスティバル」を毎年開催しています。地域の方々からいただいた意見や要望をもとに内容の検討や見直しを行い、イベント終了後にも継続して活動を行います。学生にとっては、普段はあまり接することのない様々な人と関わり合いながら企画に取り組むことで、物事に積極的になれたり、視野が広がったり、と自分自身の成長を実感できる場となっています。

国際的視野を広げるSCC 職業観を養うインターンシップ

そのだクライストチャーチキャンパス(SCC)は、ニュージーランドの国立カンタベリー大学敷地内にある研修宿泊施設。留学生だけでなく、研修生なども滞在しており、日々の生活の中で国際性をみがける環境となっています。
また、企業などで就業体験を積むインターンシップも充実しています。本学の特長は、自分を売り込むインターンシップであるところです。学生自ら企業等をみつけ、申し込むスタイルは、就職活動の第一歩として、学生の成長にも役立っています。

【広告企画】提供 : 園田学園女子大学