免許を「とる」だけでなく、 教員に「なる」ことを志す学生のために。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

免許を「とる」だけでなく、
教員に「なる」ことを志す学生のために。

2017.04.03

提供元:大阪大谷大学

メイン
テーマ

免許を「とる」だけでなく、
教員に「なる」ことを志す学生のために。

教師になるためには教員免許が必要ですが、公立学校の教壇に立つためには、各都道府県および政令指定都市で実施される『教員採用試験』の合格が必須です。試験内容はそれぞれで違いますが、一般教養、教職教養、専門の学力試験のほか、教員としての人間性・適性を、面接や集団討論、論作文などを通してはかる審査と選考は厳しく、新卒採用での教員合格は未だに狭き門となっています。そんな中、教員養成系大学として45年以上の歴史を有し、独自の講座や研究・支援センターを持つ大阪大谷大学では、合格者数が増加傾向にあります。

教員採用試験対策は、 独自ではできない !

教員採用試験の一次試験の出題範囲はかなり広範囲なため、教員になる!と決めたのであれば、早めに計画的に勉強しなければなりません。また、面接対策は一人ではしづらいものなので、練習できる仲間や環境を整える必要があります。

教師への道を開く 大阪大谷の教職サポート

大阪大谷大学では、教職を志す学生のための「教職教育センター」を設置しています。教職課程の履修相談、教育実習、介護等の体験など、教員免許状取得に関わることから、ボランティアやインターンシップで実践力を向上させるプログラム、キャリア教育科目、センター独自の教員採用試験筆答対策プログラムなどを用意。「教員になる」という夢に確実に近づけるサポートを行っています。また、教職教育センターに加え、「幼児教育実践研究センター」「特別支援教育実践研究センター」も設置。どの分野をめざす学生もしっかりサポートしています。

合格者は年々増加 ! 多数の人材を教育現場へ

2016年度の教員採用試験における現役合格者数は50名、そのうち小学校教諭は36名が合格しました。また、中学校教諭、高等学校教諭においても、「国語」「英語」「保健体育」の教科にて、合格者を輩出しています。これらの結果は、入学直後からの教職オリエンテーションや所属ゼミでのきめ細かな指導などの積み重ねによるもので、学生一人ひとりに対応したサポートを、これからも展開していきます。
また、「2017年度版 大学ランキング」において、特別支援学校採用者数が、全国第8位、近畿第1位 ※ を達成。本学は幼児教育や小学校教員等の教員養成課程設置とともに、特別支援学校教諭免許の課程も早くから設置しており、多数の特別支援学校教諭を輩出してきました。
今後も特別支援学校教諭をめざす学生支援をますます強化し、より一層の高い就職実績につなげていきます。

※「2017年度版 大学ランキング」(朝日新聞出版)

【広告企画】提供 : 大阪大谷大学