「知性」と「人間性」に溢れた人材を養成し、日本の医療・福祉分野の発展に貢献

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「知性」と「人間性」に溢れた人材を養成し、日本の医療・福祉分野の発展に貢献

2017.04.03

提供元:鈴鹿医療科学大学

「知性」と「人間性」に溢れた人材を養成し、日本の医療・福祉分野の発展に貢献

日本初(1991年設立)の4年制医療系大学として25年の歴史を誇る鈴鹿医療科学大学。高度化する医療技術への対応と医療専門職の地位向上を目的として設立しました。本学は、医療・福祉分野の歴史とともに発展しており、科学技術の進歩や医療現場のニーズに対応し、新たな学部・学科を開設。現在は、4学部9学科を有する「医療・福祉の総合大学」として、知性と人間性を兼ね備えた人材を輩出しつづけています。これからも人類の福祉と健康の向上に貢献できるよう、心を育む基礎教育と実践的学習を通じたスペシャリスト育成を目指します。

チームの一員として必要な多様なスキルを習得

一刻を争うなかで人命を救う医療現場では、チーム全員で臨機応変に対応し解決へと導かなければなりません。すなわち、仲間とのチームワークを形成するための協調性は現代の医療現場を支える「チーム医療」において必要不可欠なスキルです。
そこで本学では、コミュニケーション能力や幅広い教養を身につけることを目的に「医療人底力教育」を実施しています。1年次の全学共通の基礎教育として、学部学科の異なる学生同士でチームを編成し、それぞれの特技や経験を活かしながら課題に挑戦。コミュニケーション能力や諦めずに考え抜く力を学びます。人々の健康な暮らしに付与する、豊かな人間性の構築を目指す本学の方針を体現した教育プログラムです。

現場で活かす力を鍛える、充実した設備を擁する環境

医療・福祉に関わる者として、幅広い教養と仲間を思いやる心を重視する鈴鹿医療科学大学。その教育理念に基づき形成される高い人間性は成長の土台となり、高度な専門知識・技術を積み重ねていくことで、実践の舞台で活躍できる人材は形成されます。
「現場で求められるスキルを得るためには、実践同様の環境下で学ぶしかない」。こうした考えのもと、本学では実際の医療現場で使用されている最新鋭の医療機器を教育専用設備として設置。自ら操作することにより、現場で重宝される実践力と応用力が培われます。こうした充実した学習環境も、医療系総合大学ならでは魅力と言えます。

一人ひとりの夢を叶える、資格取得・就職サポート

4年間の学びを通じて成長していく学生たちを活躍の舞台に導くため、進路サポートにも力を入れています。そのひとつが、医療・福祉系国家資格の取得支援。試験対策講義や模擬試験だけでなく、経験豊富な教員陣が実習を通して国家試験の重点ポイントを指導していきます。
こうした多彩なサポートの結果、毎年全国平均を上回る国家試験合格率を実現しています。また、就職面では7900名を超える全国のOB・OGのネットワークを活用し就職候補先を拡大。万全の就職支援体制で、夢を後押ししていきます。

【広告企画】提供 : 鈴鹿医療科学大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る