日本の未来を支える医療のシゴト白書

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

日本の未来を支える医療のシゴト白書

1. スペシャルインタビュー|病気や怪我から回復したその後の人生をよりよく過ごしていただくために。|日産厚生会玉川病院 理学療法士 山野辺凌子

病気や怪我で身体が不自由になってしまった患者さんの
社会生活への復帰をサポートする理学療法士 山野辺凌子さん。
地域に根付き、病気の予防教室も開催しているという玉川病院では、
どのようなリハビリテーションを行っているのでしょうか。

一人の患者さんを長期的にサポートできる環境を。
専門家同士の連携で、より手厚いケアが可能に。

私が理学療法士を志すようになったのは、小学生のころに骨折をしてリハビリを受けたことがきっかけです。そのとき、担当の理学療法士の先生が親身に寄り添ってくれたおかげで、つらいリハビリも乗り越えられました。そして高校生になり「理学療法士を目指そう」と決心し、私立大学の医療系の学部に進学。国家試験に合格しなくてはならないため勉強は大変でしたが、同じ道を志す仲間同士で励まし合い、充実した学生生活を送りました。そして新卒で玉川病院に採用され、理学療法士として働き始めて今に至ります。
玉川病院のリハビリテーション科では、患者さんの急性期から回復期、場合によっては退院後の生活期と、長期にわたり一貫したリハビリを行えます。部分的なリハビリを行う病院が多い中、一人の患者さんを長期的にサポートできるのは私たち理学療法士にとっても魅力的ですし、患者さんにも安心いただけます。また、玉川病院は症例数や手術数が多く、研究も盛ん。特に人工股関節置換術の手術数は全国でも上位に入り、理学療法士も術後の立ち上がりや歩行のリハビリに携わっています。
そして患者さんの早期回復のカギとなるのが、理学療法士をはじめ言語聴覚士、作業療法士などリハビリに関わる専門家同士の連携です。玉川病院のリハビリテーションセンターは間仕切りのない作りなので、お互いの作業や患者さんの様子を見渡すことができます。そのため気付いたことがあればすぐ声をかけられたり、情報をしっかり共有できたりするので、リハビリの成果にもつながると感じています。

情報発信や地域との連携を通じて
「介護予防の大切さ」を伝えたい。

理学療法士として3年目を迎え、今後はもっと地域に出て「介護予防の大切さ」を伝えていきたいと思っています。もちろん、今この瞬間にリハビリを必要としている患者さんの手助けをするのが私たちの主な役割です。しかし高齢社会である今、怪我や疾患の症状が出てから対処するだけでなく、将来的に要介護になる人を減らすための働きも必要だと感じるのです。
玉川病院ではすでに地域の人に向けて、「呼吸器教室」「腎臓病教室」「体操教室」「健康測定」などの病気予防に関する教室を開催しています。病気予防の必要性を伝えるには、病院内に留まらず多くの人に会いに行くこと、地域と連携していくことが重要です。
また、一人の理学療法士として感じるのは、私たちは患者さんの人生の重要な時期に深く関わる存在だということ。大きな病気や怪我をしてしまった患者さんが退院後の生活を快適に送れるかどうかは、リハビリにかかっているといっても過言ではありません。そのため、例えば仕事でパソコンを使う患者さんにはタイピング、体力勝負のお仕事の方にはランニングなど、患者さんの職業やライフスタイルに合わせたリハビリの計画をご提案しています。
そしてどんなリハビリにも必要不可欠なのが、患者さんの心に寄り添うことです。リハビリに意欲的な方もいればそうでない方もいますし、認知症などの症状をお持ちの方もいます。一人ひとりに合った対応をするために、まずは「患者さんは今、どういう気持ちなのか」を読み取ることが、何より大切だと思っています。

玉川病院リハビリテーションセンターのこだわり

高校生へのメッセージ

まずは実際に経験して考えることが大切。
進みたい道が決まったら、全力で頑張ってみよう。

私は高校時代、理学療法士を目指し、本を読んで勉強などをしていましたが、当時を振り返ると「本を読んだだけで知った気になっていたことがあったな」と思います。実際に経験しないと分からないこと、現場を見ないと理解できないことが山ほどありました。働き始めた今も同様で、毎日が勉強の繰り返しです。また、それは理学療法士の仕事に限らず、どんな仕事にもいえるはず。進路を考える際も、情報を集めるだけでなく実際に見学や体験に行き、自分の目で見て判断することが大切だと思います。
そしていざ進路が決まった後も、受験勉強を大変に感じることがあるかもしれません。でも、「頑張った!」と胸を張って言えるくらいに努力すれば、自分の成長に、そして将来への自信にもつながっていきます。まずは自分を信じて、目の前の課題に全力を注いでみてくださいね。

  • スペシャルインタビュー がん患者に特化したリハビリ インタビュー記事を読む
  • 医療のシゴト全27解説!