【シゴトを知ろう】照明 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】照明 編

2017.04.05

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】照明 編

さまざまな専門技術を持つスタッフが働いている映像業界。その中で、一見目立たないようでいて、実は映像の質に大きく貢献しているのが照明に関わるスタッフたちです。監督した作品が国際的に高く評価されているビートたけしさんの映画の特徴の一つとして「キタノブルー」が挙げられますが、これにも照明技術が関わっています。
今回は、フリーランスで照明の仕事に携わっている柏倉誠さんに、照明の仕事に就いた経緯や照明がどれだけ映像の印象を変えるのかなどについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 映像作品の質を左右する光の力。照明によって演出や構図が変わることも
  • やんちゃだった高校時代。でも、友人との付き合い方や遊びで吸収したセンスなど得たものは大きい
  • 映像を生かすも殺すも照明次第!? わずかな光の変化も見逃さない観察力が必要

照明がつくり出す世界。それは、打ち合わせではなく撮影現場で分かる

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

主にテレビドラマやテレビCM、ミュージックプロモーションビデオの映像制作で照明を担当しています。皆さんが画面を通して目にする映像は平面の世界です。映像で切り取る対象物に照明の光を当てることによって立体感が生まれたり、人物の表情には命が宿り生き生きとします。カメラワークのダイナミックさも映像の緊張感をつくり出しますが、照明が映像の質感を高めることは間違いありません。

映像制作の流れは、まずディレクターとカメラマンとの話し合いで演出的な狙いが決まります。次にカメラアングルが決まり、最後に照明を仕込んでいきます。
例えば、サスペンス調の緊張感があるシーンでは冷たい色味や逆光気味のシルエットになるような照明をつくり、ハッピーな気分を演出するときはキラキラと光り輝くような照明をつくります。照明具合の最終的な判断は監督が行いますが、撮影現場ではカメラマンと密に話し合いながら照明を調合していきます。

撮影がある日は、前日もしくは早朝から現場に入ります。映像制作業界では、以前は労働時間が規制されず朝まで続く撮影が多かったのですが、最近では労働環境が改善されたため、そういう撮影はめっきり少なくなりました。
撮影のない日は、スタジオで打ち合わせをしたり照明機材のチェックをしたりしています。

<スタジオ撮影日の一日のスケジュール>
06:00 スタジオ入り、ライトセッティング
08:30 朝食
09:00 リハーサル
10:00 本番その1
13:00 昼食
13:30 ライトセッティング
14:00 本番その2
19:00 夕食
20:00 撤収作業


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

世の中に驚きと感動を与える映像をいかに照明によって表現できるか、それがこの仕事ならではのやりがいですね。机上の打ち合わせでは、照明がつくる世界についてなかなか理解を得られません。撮影現場で初めて理解してもらえるのが照明の持つ力なのです。
照明のセンス次第でカメラマンは構図を決めるし、監督は斬新な演出をひらめかせ、出演者には感情が入り込みます。この醍醐味を経験すればするほど、照明という職業の魅力にとりつかれます。私は照明の仕事を辞められませんね。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

監督の演出意図が度々変わることです。照明には、カメラに映る出演者や風景に照明を当てるため、重い照明機材を移動し照明の光を調節するライトセッティングという準備作業があるのですが、演出意図が変わる度にセッティングをやり直します。照明機材は軽いものから数十kgになるものまでさまざまな種類があるので、それを移動させるのは重労働ですね。もちろんプロですから、移動のつらさを他のスタッフには見せませんよ。

監督の演出意図があやふやで抽象的なときが一番大変です。試行錯誤しますが、正解がないだけに精神的なプレッシャーが重くのしかかり、撮影現場から逃げ出したくなるぐらいつらいです。でも、そういう状況でうまくライトセッティングが決まりスタッフの方々に感動を与えらえると、最高の気分を味わえます。

縁あって就いた照明の仕事。実践で技術を身に付けた

撮影現場で照明機材を操る柏倉さん

撮影現場で照明機材を操る柏倉さん

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

高校卒業後は照明機材のレンタル会社に勤めていました。その時、ロケーション撮影(屋外撮影)の照明クルーに同行して撮影を手伝う機会があり、照明の仕事の奥深さにふれたのがきっかけです。
照明機材に関しては知識があったので、照明クルーのスタッフとなって照明方法の実践を撮影現場で学びました。


Q5. 照明の仕事をするために、どのような勉強をされましたか?

高校生の頃は照明に全く興味がなく、友人と毎日やんちゃな生活を送っていました(笑)。照明の仕事に必要なことは社会人になってからたたき込まれましたが、チームワークに必要な絆は高校生活で学んだと思います。
一緒にいるだけで以心伝心で、相手が何を望んでいるかが分かるような感覚は仕事ではなかなか得られません。高校生の時に友人とたくさん遊んでおいてよかったと感じています。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

具体的に将来の夢を考えたことはありませんでしたが、漠然と映像関係の仕事に就きたいと思っていました。映画やテレビドラマ、ミュージックプロモーションビデオなどについて、「この映像はすごい」「このプロモーションビデオはかっこいい」などと、高校の友人とよく語り合っていたんです。自分にはない見方を知ることで映像のおもしろさが倍増しました。見えない視点を互いに補い合うチームワークとでもいいましょうか。この連帯感は今の仕事につながっていると感じますね。
また、音楽を楽しむライブハウスによく遊びに行っていたのですが、その時に感じた妖しいライティングの世界観が自分独自のセンスとして今の仕事に間違いなく生きています。

大胆かつ繊細、好奇心旺盛な人が向いている!?

Q7. どういう人が照明の仕事に向いていると思いますか?

遊ぶことが大好きな人は照明の仕事に向いていると思います。といっても、部屋にこもって一人で遊ぶのが好きという意味ではなく、友人と一緒に何をして遊ぶかを考えるというその好奇心が重要です。
想像力があり、しかもチーム全体をまとめられる統率力を持っている人もいいですね。他人の話をしっかりと受け止める度量が大切です。
さらに付け加えるなら、大胆かつ繊細で観察力のある人です。照明は、わずかな変化で映像の感情表現を左右します。この光の変化を捉えるには、ずば抜けた観察力が必要とされるんです。この能力だけでも十分通用すると思いますよ。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

照明の仕事は経験が生きてきます。興味があるなら、若い頃から挑戦すべき職業です。勉強は苦手でも体力だけは自慢できる高校生、あるいは友人を何よりも大切にする思いやりがある高校生なら、ぜひ、この職業に就くことを考えてみてください。撮影現場での照明の仕事はおもしろいです。きっとあなたの知らない刺激的な世界が待ってますよ。
私は高校時代、他人とは違う何かおもしろいことをやりたいという気持ちを持っていました。そういう遊び方は教科書には一切書いていないし、先生も教えてくれません。その答えは自分の好奇心を信じることだと思います。


映像制作においては、企画や演出を手掛けるディレクターや監督、映像作りに直接的に関わるカメラマンなどが注目されがちですが、映像の持つ世界観や表現の奥深さを作り上げるのに欠かせないのが光を操る照明のお仕事です。
プロが使うような専門の照明機材がなくても、太陽の光や影を意識して撮影するだけで映像にぐっと奥行きが出てきます。最近では、撮影した映像を簡単に編集・加工できるソフトウェアやアプリがありますので、映像制作に興味がある人は、照明によって映像がどのように変化するのか試してみてはいかがでしょうか。


【profile】照明 柏倉誠

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「照明」
はこんな仕事です

映画やテレビの撮影で照明を担当する仕事。質の高い映像を撮影するには、人間の目で感じるよりも強い光が必要となるため、照明専用の機材が数多くある。照明を担当するスタッフはこうした機材を駆使し、どのような環境にも対応できる技術を習得している。たとえば、映画やドラマなどでは、照明スタッフが監督やカメラマンの意図を理解し、ライトの種類や当て方を変えて、イメージ通りの撮影環境をつくり上げているのだ。職業にするには、専門学校で知識を学んだ後、映像制作会社などに就職するのが第一歩となる。

「照明」について詳しく見る