「ハートの看護を、アートで学ぶ。」 これからの人と医療に必要なのは、創造性。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「ハートの看護を、アートで学ぶ。」
これからの人と医療に必要なのは、創造性。

2017.04.03

提供元:宝塚大学 看護学部(大阪梅田キャンパス)

メイン
テーマ

「ハートの看護を、アートで学ぶ。」
これからの人と医療に必要なのは、創造性。

言葉では表現できない、複雑な感情でも、アートで表現することができるということをご存知ですか?自分を表現する芸術には、からだの状態だけでなく自分の内面、本当の感情などを読み解くヒントが隠れています。本学部では、芸術系学部を擁する宝塚大学ならではの視点から、看護領域に芸術教育を取り入れた、独自の学びをカリキュラム化しています。

「心とからだ=アートと科学」芸術を取り入れたカリキュラム

「アート」はわたしたちの心とからだにどんな影響を与えているでしょうか?芸術と看護には「心の理解」と「癒し」という共通点があります。宝塚大学がめざすのは、心とからだのトータルケア。芸術系学部を擁する大学ならではの視点から看護領域に芸術教育を取り入れた独自の学びをカリキュラム化しました。1年次は、選択必修科目に伝統芸術である「茶道・香道」「華道」「書道」があり、2年次には「癒しと芸術」が必修科目として配置されています。3年次に入ると「絵画療法」「音楽療法」「笑い療法」「セラピーメイク」「陶芸療法」のいずれかを選択します。カリキュラムに散りばめられた特有の芸術科目は、幅広い視野と創造性を磨きます。

大阪・梅田の好立地!ひときわ異彩を放つキャンパス

梅田の中でも若者に人気の茶屋町・芝田町エリアにあって、通うのが楽しくなる美しいキャンパスビル。各看護領域の実習室に加え研究室、図書館、「伝統芸術表現研究」で使用する本格的な茶室も完備。建築設計を安藤忠雄氏、ライティングインスタレーションをジェームズ・タレル氏という世界的アーティストがコラボレート。JRや阪急・地下鉄など主要駅へのアクセスが大変便利で、阪急梅田駅(茶屋町口)から徒歩約5分、JR大阪駅・地下鉄梅田駅から徒歩約10分。講義終了後に自主的に実習の練習や復習をする学生も多く有効的に時間を活用できます。

※科目の一部(必修含む)は宝塚キャンパスで開講。

卒業後、1年課程の助産学専攻科に進学可能

助産学専攻科では、助産の基礎的能力と科学的根拠に基づく技術を教授するとともに、癒しを実践できる科目を配置。たとえば、不幸にも悲しみの局面を迎えた家族へのケアを学ぶ「アートとグリーフケア」や母子の触れ合いを促す「アタッチメント・ベビーマッサージ」「アタッチメント・ヨガ」の資格取得を目指せます。

※別途専攻科入学選考の受験が必要。

【広告企画】提供 : 宝塚大学 看護学部(大阪梅田キャンパス)