カズオオモリ先生に聞く! 世界で活躍するイラストレーターになるには?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

カズオオモリ先生に聞く!
世界で活躍するイラストレーターになるには?

2017.04.03

提供元:奈良芸術短期大学

カズオオモリ先生に聞く!
世界で活躍するイラストレーターになるには?

ディズニーUSA公認イラストレーターとしてハリウッドでも活躍しているカズオオモリ先生に、世界で活躍するコツを聞いてみました!
【カズオオモリ先生のプロフィール】
デザイン事務所で働いた後に渡米。広告制作スタジオのインハウス・イラストレーターを経て帰国。現在、フリーランスのイラストレーターとして活動し、母校である奈良芸術短期大学デザインコース准教授として教鞭を執っている。
ディズニーUSA公式イラストレーター、ソサエティ・オブ・イラストレーター協会会員、日本グラフィックデザイナー協会会員

この記事をまとめると

  • イラストには人の心を動かす『エンターテインメント性』がある
  • イラストレーターの仕事にもコミュニケーション能力が必要
  • 夢を叶える秘訣は、努力し続けること!

人をワクワク、ドキドキさせる研究をしています!

アイデアを書き溜めるノート。何度も何パターンも描きながら完成形に近づけていく。

アイデアを書き溜めるノート。何度も何パターンも描きながら完成形に近づけていく。

研究テーマはずばり、『エンターテインメント』です。イラストとエンターテインメントとは繋がりがないように感じる方もいるかもしれません。エンターテインメントは人をワクワク、ドキドキさせます。そんな人の感情をイラストレーションやグラフィックのアプローチでどの様な作用を及ぼすのかを現場の仕事を通じて研究しています。
ビジュアルを見た時、人はどう感じるのか?を研究し、それが意図したとおりに作用した時にとても面白みを感じます。とくに最近のビジュアルアプローチはモーションに移行しており、デジタルサイネージやプロジェクションマッピングをはじめAR(拡張現実)、 VR(バーチャルリアリティ)等、動画を効果的に使用したコンテンツが増えつつあります。自分が実際に体感出来る様になることでエンターテインメント性が増す、そういった可能性を秘めていると思います。

どんな授業をしているの?

ハリウッド映画の本場、アメリカロサンゼルスへ。 映画からアニメーションまで手がけるスタジオへ訪問し、人気アニメーションの制作現場や創業者のオフィスや原画などを見せていただき、アニメ・映画の生まれる現場の空気を感じ、学びました。

ハリウッド映画の本場、アメリカロサンゼルスへ。 映画からアニメーションまで手がけるスタジオへ訪問し、人気アニメーションの制作現場や創業者のオフィスや原画などを見せていただき、アニメ・映画の生まれる現場の空気を感じ、学びました。

私が担当している『イラストレーション実習』では、描く基本である、ドローイング、デッサンを修得し、様々な画材を使用したアナログ表現、そしてデジタル表現のスキルアップを目標としています。常に現場目線を想定したイラストレーションの実習を行っています。私自身がデモストレーションを行うことでプロセスを実際に見てもらったり、プロジェクターを使用して説明したり、現場での進み方を具体的に説明するよう心がけています。
将来、イラストレーターとして働きたいと思っている学生には、実際の現場を多く目にしたり、体験したりすることで、プロの現場に対応出来る力や、チームとして気持ち良く制作するためのマナーを身につけて欲しいと思っています。イラストレーターというと、画力やアイデアなど個人の力だけが必要と思われがちですが、仕事をチームで行うことも数多くあります。あらゆる人と協力しながら作品を作り上げていくコミュニケーション能力も必要になります。

高校生に向けてメッセージをお願いします。

奈良芸術短期大学でともに夢を叶えましょう!

奈良芸術短期大学でともに夢を叶えましょう!

夢は叶えるものです。ただし、努力なくては成し得ません。自分を信じてやり続けることが大切です。今はインターネットによって世界も身近になってきています。努力し続けて生まれてくるモノは世界中の誰かが見ていてくれるはずです。
奈良芸術短期大学は少人数制なので、学生と先生の距離が近く、学生の質問に対してすぐに役に立つ回答ができるのが魅力的だと思います。短期大学で学ぶ2年間は、きっとあっという間に過ぎてしまいます。学んだ分だけ自分の力となります。自分の夢を叶えるために、楽しみながら頑張りましょう!

【広告企画】提供 : 奈良芸術短期大学

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「イラストレーター」
はこんな仕事です

手描き、もしくはパソコンを使ってイラストを制作する仕事。活躍の場は広告、雑誌・書籍といった印刷物、ホームページ、企業のキャラクターデザインなど。写実絵画からデフォルメされたものまで需要の幅は広い。依頼に応じて多様な絵柄を描き分ける人もいれば、独創的なタッチに一貫する人もいる。後者は受注制作だけでなく、オリジナルグッズや画集、SNS(ソーシャルネットサービス)向けツールなどをつくって販売することも。いずれの場合も経験を積んだ後、フリーランスで活躍することが多い。

「イラストレーター」について詳しく見る