保育園、学校、病院、スポーツ業界…さまざまなフィールドで活躍する食のプロフェッショナル「栄養士」の仕事

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

保育園、学校、病院、スポーツ業界…さまざまなフィールドで活躍する食のプロフェッショナル「栄養士」の仕事

2017.04.28

提供元:帝京短期大学

メイン
テーマ

保育園、学校、病院、スポーツ業界…さまざまなフィールドで活躍する食のプロフェッショナル「栄養士」の仕事

「栄養士」と聞いて、皆さんはどんな仕事をイメージしますか?
小学校や中学校でお世話になった給食センターの方を思い浮かべる人が多いかもしれませんね。確かに、あの懐かしい学校給食も、献立を考えていたのは「栄養士」です。しかし、「栄養士」の仕事はそれだけではないんです。今回は、おいしい食事と知識で多くの人を総合的にサポートするスペシャリスト「栄養士」の仕事についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • メニュー作成から栄養アドバイスまで、食事を通して多くの人の健康をサポートするのが栄養士の仕事
  • 栄養士は、幼稚園や保育園などの教育機関をはじめ、病院や高齢者福祉施設、企業、さらにはスポーツ業界、行政と幅広いフィールドで活躍できる
  • 帝京短期大学なら実践的なカリキュラムで栄養士の資格を取得できる。帝京大学グループの病院や高齢者福祉施設で実習を行うことで、最先端の生きたスキルが身につく

メニューの作成から栄養指導まで…「食」のスペシャリスト・栄養士の仕事

「栄養士」とは、学校や病院、高齢者福祉施設、企業など一定数以上の食事を提供する施設(特定給食施設)で提供する給食を管理する専門家です。栄養の知識をもとに健康的なメニューを作成するほか、材料の原価管理や仕入れ、調理師への作業指示なども担います。時には調理師と一緒に調理を行ったり、栄養状態を管理してアドバイスを行ったりすることもあります。

「医食同源」という言葉がありますが、食事は健康の資本です。そのため栄養士は栄養や食物の知識はもちろん、病理学や解剖生理学といった人の健康にまつわる知識も必要です。健康的な食事と高度な専門知識で、人々の健康を総合的にサポートするスペシャリスト、それが「栄養士」なのです。

活躍できるフィールドは無限大! 多彩な職場で自分らしく働けるのが魅力

「食」は子どもから大人まであらゆるライフステージの人に共通する営みであるため、それをサポートする栄養士の活躍フィールドも実に多彩です。
幼稚園や保育園、小学校といった場所では、子どもたちに必要な栄養を計算して「成長をサポート」、病院や高齢者福祉施設などでは、一人ひとりの病状、症状に合わせた栄養管理で「健康をサポート」、企業の社員食堂や大学の食堂では、働く人々や学生たちの「元気をサポート」します。さらにはスポーツの現場ではアスリートたちのコンディションを向上するための栄養アドバイスを行い、都道府県庁や市町村役所、保健所などの行政機関では地域の人々への栄養相談や健康のための講座、料理教室などを行うこともあります。このように、栄養士という職業は、働き方や勤務地の選択肢が広い点が魅力です。

一方で、その活躍の場が広いために、栄養だけでなく様々な分野の専門知識が必要になるという側面もあることを知っておかなくてはなりません。しかし、食べた人からの「ごちそうさま」「おいしかった」という言葉はうれしいもの。食事で人の笑顔と健康を作ることができるのは、栄養士だからこそ得られる大きなやりがいといえるでしょう。

病院、保育園、高齢者福祉施設で現役栄養士が指導。「実践力」のある栄養士を目指そう!

栄養士を目指す人が実践的なスキルと知識を学べるのが、帝京短期大学「食物栄養専攻 栄養士コース(2年制)」です。食生活を社会、経済、文化などの視点から多角的に学び、「食」と「栄養」のスペシャリストを目指します。
1年次は栄養士になるための土台作りとして、胎児期から高齢期まで健康を維持・増進するための食事管理方法といった栄養の知識を学習。さらに食品の味や香り、硬さなどの特質を科学的に把握し、健康な人も病気や要介護の人もおいしく食べられる料理を学びます。後期からは実習の時間を多く設け、学んだ知識を実践力に結びつけます。2年次前期には校内実習、校外実習をそれぞれ45時間行い、栄養士としての実践力をさらに高めていきます。
最大の特徴は、帝京大学グループの病院や高齢者福祉施設を利用した現場実習。現役栄養士の指導のもと、最先端の現場で実践的な栄養士の業務を体験しながら、生きたスキルを身につけることができます。また、より幅広いフィールドでの活躍を見通して、栄養士資格取得のほかに、栄養教諭二種免許状、中学校教諭二種免許状(家庭)、フードスペシャリストの中から1つを目指すこともできます。

日々の食を通じて、多くの人を支え、笑顔にする栄養士という仕事。
世界中の現場で求められる食のプロフェッショナルへの一歩を踏み出しましょう。

【広告企画】提供 : 帝京短期大学

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る