絶品スイーツを味わえる神戸の限定カフェ!実は、学生が運営しているってホント?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

絶品スイーツを味わえる神戸の限定カフェ!実は、学生が運営しているってホント?

2017.04.03

提供元:神戸国際調理製菓専門学校

絶品スイーツを味わえる神戸の限定カフェ!実は、学生が運営しているってホント?

口に入れた瞬間の甘い幸せ…。スイーツ選びは、幸せ選びと言っても良いかもしれません。そんなスイーツ好きなら誰もが知っている洋菓子店の激戦区・神戸で、“学生カフェ”が話題を呼んでいます。季節の果物いっぱいのおいしい格安ケーキに、アットホームなサービス。そんなお店が期間限定でオープンというから、これは見逃せない!ということで、気になるその魅力をレポートします。

この記事をまとめると

  • 製造から販売まで学生がトータルでカフェを運営
  • お客様と接する中で、パティシエの心構えを学ぶ
  • 「神戸」の中心地で調理・製菓を学ぶ

約20人の精鋭たちが渾身のケーキ作りに挑む!

「毎年、ケーキを食べにふらっと立ち寄っちゃうんです」。そんなリピーターも多いカフェ「Le Café CP des Etudiants」は、レストランや洋菓子店が立ち並ぶ神戸のど真ん中にあり、毎年秋冬の数日間だけオープンします。実はここ、神戸国際調理製菓専門学校の1階エントランス。約20人の学生が製造から販売までを行う“カフェ実習”なのです。とはいえ、味はホンモノ。有名ホテルやパティスリーで経験を積んだ先生監修のこだわりの味に、学生が真剣勝負で挑みます。舌でとろけるふわふわ食感のロールケーキや、濃厚なチョコレートと香ばしいキャラメルのハーモニーが楽しめるタルトなど、本格ケーキ7種類がお客様を魅了します。価格は300円前後ととってもリーズナブル!価格以上のクオリティで、学生の新しい才能が感じられるケーキを味わうことができるのです。

届けるのは“真心”。お客様の笑顔がデコレーションの仕上げ!

オープンと同時に、カフェとテイクアウトの注文がひっきりなしに入ります。中には、1人で3つをペロリと食べちゃう人も!直前まで厨房で準備をしていた学生たちも、接客に大忙しです。作って終わり、ではないのがカフェ実習。授業ではケーキ作りに集中している学生たちも、カフェではお客様への“おもてなしの精神”が問われます。ディスプレイの前で悩んでいるお客様にはすかさず、「よろしければお伺いしましょうか?」と声を掛けるきめ細やかな対応。注文の品を席まで運んだ時の、とびきりの笑顔のサービス。心づくしのおもてなしで、お客様の心まで笑顔にすることこそ、ケーキ作りの最終プロセスなのだと学ぶのです。さて、お客様の反応はいかに。インタビューしてみたところ、「一生懸命な接客が素敵」「初々しくていいね」と、満足の声を聞くことができました。

道を極める。パティシエの卵たちの決意。

こうした貴重な経験を積み、社会へ巣立つパティシエの卵たちに、カフェ実習の感想と未来の展望を聞きました。ミルフィーユ作りを担当した清原さんは「お客様に実際に食べていただく商品だから、緊張して手が震えました。でも『ありがとうございます』と言われた時は、とっても嬉しかったです」と、手応えを感じたよう。「ケーキを作るのが本当に好き。将来は友達からウエディングケーキ作りを頼まれていて、それが実現できるように頑張りたい」。カフェ実習が終了し、ようやく緊張から開放されてホッとした面持ちの水主川さんは、「1年前から楽しみでもあり、緊張もしていたカフェ実習。大変だったけど、お客様の喜ぶ顔を見たら感激しました」と眩しい笑顔。「姉が料理、私がスイーツを作って、姉妹でカフェを経営するのが夢。居心地の良い、家みたいな空間をつくりたい」。プロへと成長していく未来のパティシエたちの活躍に、期待せずにはいられません。
写真左:水主川 七海さん・製菓スペシャリスト本科・2年
写真右:清原 凪さん・製菓スペシャリスト本科・2年
※学年は2015年取材時

食のプロをめざすならエコールCPへ!海外でも活躍できるシェフやパティシエになろう。

神戸国際調理製菓専門学校「エコールCP」はグルメやスイーツの最前線エリア「神戸」の中心地にキャンパスを置き、シェフやパティシエなど食のプロを育てる学校です。2年制の調理スペシャリスト本科や製菓スペシャリスト本科では、1000時間を超える実習と全員参加の海外研修でワンランク上の知識と技術を修得。また、2年で調理と製菓両方の技術を身につけ、資格も取得できるWライセンスコースも人気です。さらに、今回レポートしたユニークなカフェ実習や一流店へのインターンシップ制度、留学サポートなども充実。食のプロをめざすなかで、さまざまな夢が広がります。

【オープンキャンパス】
作って食べて大満足! 1日体験入学&キャンパス見学会
神戸国際調理製菓専門学校では、1日体験入学やキャンパス見学会をほぼ毎週開催しています。日時や体験入学の実習メニューはホームページで要チェック。本格的なメニューを実際に作って、一足先にシェフやパティシエ気分を味わってみてはいかがでしょうか?

【広告企画】提供 : 神戸国際調理製菓専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「パティシエ」
はこんな仕事です

洋菓子やデザートを専門につくる仕事。「パティシエ」とはフランス語で菓子職人を指す言葉で、ケーキ、パイ、タルトなどの生菓子、クッキーなどの焼き菓子、そのほかにもアイスクリームやチョコレートなど、多種多様な洋菓子をつくる職人だ。活躍の場は洋菓子店やホテル、レストランなど店舗での洋菓子、デザートづくりだが、菓子メーカーに勤めて新商品開発など、知識や技能を生かした仕事を担当するケースもある。いずれの働き方でも、味と見た目の美しさを追求する姿勢が求められる。

「パティシエ」について詳しく見る