満員電車で無意識に生まれる心のバリアとは!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

満員電車で無意識に生まれる心のバリアとは!?

2017.04.03

提供元:京都光華女子大学

メイン
テーマ

満員電車で無意識に生まれる心のバリアとは!?

人は無意識のうちに他人との距離を置いて、自分にとって快適な空間を確保しようとします。心のバリアを心理学ではパーソナルスペースと呼び、このスペースに他人が入り込むと、人は不快感を覚えるのです。満員電車に乗ると不快に感じることがあるのは、自分の意思に反して、全く親密でない多くの他人がこのパーソナルスペースを侵害する状況が発生するからです。

この記事をまとめると

  • 親密度によってパーソナルスペースが変化する。
  • 心理学で大切なのは人の心を読むのではなく、相手の心を理解すること。
  • 心理学の専門分野にとらわれない豊富なカリキュラムで楽しみながら学ぶ。

親密度によってパーソナルスペースが変化する。

パーソナルスペースは、相手との親密度によって大きく変化します。例えば、電車内など見知らぬ人を目の前にするとスペースをより広く確保しようとする本能が無意識に働きます。逆に、恋人に対しては距離が近づくほどうれしいと感じるので、スペースが自然と狭くなります。また、男女でもパーソナルスペースの大きさや形が異なるといわれています。男性は前方に大きく細長い楕円形、女性は自分を中心に丸く小さな円を描いたパーソナルスペースがあるといわれています。そのため、男女が正面に向き合った場合、パーソナルスペースが前方に広い男性の方が自分のパーソナルスペースに女性が入っているのでドキドキしてしまい、「もしかしたら自分に気があるのでは?」と、女性は特に意識していないにもかかわらず、勘違いすることもあるようです。このように、人間の心理を紐解くさまざまな心理学があります。

心理学で大切なのは人の心を読むのではなく、相手の心を理解すること。

どうして子どもは駄々(だだ)をこねるのでしょうか。街中で大声で泣いたり怒ったりしている幼い子どもの姿を見かけたことはありませんか? 2歳前後になると、今まで親の言うことを素直に聞いていた子が急に聞かなくなり、反抗的な態度をとるようになります。親とは違う自分の思いを抱き、自分ひとりでやりたいという気持ちが出てくるためです。これは、子どもの「自我」が芽生えてきた証拠で、この時期は「第1反抗期」と呼ばれています。単に叱るのではなく、大人は子どもの思いを受け止め(まずは自分でやらせてみて、出来なければさりげなく手を貸すなど)、子どもの気持ちに沿った対応をとることが心理学では大切とされています。

心理学の専門分野にとらわれない豊富なカリキュラムで楽しみながら学ぶ。

京都光華女子大学の心理学科は、「臨床心理」「子ども心理」「社会・犯罪心理」の3コースから、目指す進路や興味のある分野を選び、社会で生かす実践力を身につけます。「社会ゲーミング・シミュレーション」「対人スキル・コーチング演習」など、ゲームやグループワークを取り入れた独自の体験型授業が充実しています。また、他職種との協働を学ぶ「専門職連携科目」や「社会参加型授業」などの知識を実践にスムーズにつなぐ授業も実施。また、心理学科ではめずらしい「保育士」や「精神保健福祉士」の資格取得も目指せます。そして、心理職初(※)となる国家資格「公認心理師」の資格取得の支援体制のカリキュラム整備を進めるなど、卒業後は医療・教育・福祉・保育・産業ほかさまざまな分野で心理学を生かして活躍する人材を育成します。

◇[臨床心理コース]
心身の問題を抱える人に寄り添い、心理的支援やサポートができる知識とスキルを修得。臨床心理士・精神保健福祉士の職務の意義についても学習します。

◇[子ども心理コース]
子どもの心と発達について知ると共に子どもの心的SOSを発見し、支援する能力を習得。母親力など養育の意味についても考察します。

◇[社会・犯罪心理コース] 
恋愛や援助など人と人および人と社会の相互作用における心の働きについて修得。犯罪など社会で起こる出来事についても心理学的に考察します。

※ 平成27年9月16日公布(文部科学省HPより)

【広告企画】提供 : 京都光華女子大学

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る