次世代のショッピング!?学生が作ったVRアプリがすごい!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

次世代のショッピング!?学生が作ったVRアプリがすごい!

2017.04.03

提供元:ECCコンピュータ専門学校

次世代のショッピング!?学生が作ったVRアプリがすごい!

インターネットでいつでも、どこでも買い物ができる時代。でも、商品を「もっとしっかり確認して選びたい」と思ったり、「届いてみたら想像と違った・・・」なんてことありませんか? そんな悩みを解消するのが、VRを使ったネットショッピング『NOZAMA VR』。ECCコンピュータ専門学校の在校生が作ったこのアプリなら、まるでお店にいるかのように、商品を見ながら買い物ができます。

この記事をまとめると

  • 未来を便利に楽しくするVRショッピングアプリ
  • プログラミングを使ったいろいろな技術
  • ECCコンピュータ専門学校でIT技術を学ぶメリット

商品を手に取るように、隅々まで見て買えるVRアプリ

VRネットショッピング『NOZAMA VR』は、ECCコンピュータ専門学校IT分野の学生チーム「Geometry」による卒業制作作品です。発表会では企業の担当者からも高い評価を獲得しました。

『NOZAMA VR』はパソコンやスマートフォン上で買い物をするアプリ。実際に商品は届きませんが、カート機能からアカウント作成、住所やお届け日の指定までネットショッピングの流れが再現され、最後は登録アドレスに購入確認メールが届くというこだわりよう。VRゴーグルを装着すると、店内空間に浮かぶ商品群を3Dで360度から確認できます。そして、視線を3秒間固定すると、商品が選択されカートに入る仕組みです。登録商品の種類次第では、例えばボールペンが欲しい場合、数種類のボールペンを並べて閲覧するなど、商品の比較も可能。背景も実際の店舗を再現すれば、本物のお店でショッピングしている状態に近づけることができます。

このアプリのアイデアが生まれたのは、チームリーダーの泉 洋樹さんの体験がきっかけでした。コンビニまで自転車で約40分という田舎に住んでいる泉さん。よくネットショッピングを利用していたのですが、そこで感じたのが、「写真だけでは商品を細かく見られないし、質感やサイズ感がわからない」ということ。だったら、自分たちで実現しようと取り組んだのがVRネットショッピングでした。このようなアプリが普及していけば、田舎に住んでいても、足が不自由な方や高齢者でも、自宅にいながら手に取るように商品を選び、買い物ができる。大阪にいても、長崎のお店にだって行ける。人の暮らしを便利に楽しくしていく力がITにはあるのです。

『NOZAMA VR』には、どんなIT技術が使われているのか?

左上から時計回りに、茶圓 匠太さん、山下 陸斗さん、玄 陵人さん、武田 将也さん、泉 洋樹さん

左上から時計回りに、茶圓 匠太さん、山下 陸斗さん、玄 陵人さん、武田 将也さん、泉 洋樹さん

では、VRネットショッピング『NOZAMA VR』には、どんなIT技術が詰まっているのでしょう。制作チーム「Geometry」の5人に、それぞれの役割分担について説明してもらいました。

【データベース】
茶圓 匠太さん 「PHPというプログラミング言語を使ってデータベースを作成しました。例えば、商品の名前や値段、サイズ、画像など、情報の蓄積や検索、更新などに関わる部分です。それらの情報を整理し、効率よくひもづけることで、管理しやすく、ユーザーにも使いやすいサイトをめざしました」

【モデリング】
玄 陵人さん 「モデリングは商品を3Dにし、本物に近い商品に見せていく作業です。平面のパーツをつなぎ合わせ、表裏・左右・上下どこからでも見られる3Dモデルを作っていく感じです。素材の質感も大事になりますが、細かいところまで再現できたと思います」

【3D VR】
泉 洋樹さん 「商品の拡大縮小、360度回転などの3D VR処理を担当しました。使用言語はJavaScriptです。苦労したのはVRの視点。同じポイントを3秒見ることで商品を選択する機能です。これには物理の考え方が必要だったのですが、自分の好きな3D VRのために勉強しました!」

【3D描画処理】
山下 陸斗さん 「画面上に3Dモデル(商品)が映り、360度回転させたりできる環境をつくりました。この描画処理がないと、せっかく作った3Dモデルも平面の画像にしか映りません。作業をしていて画面にパッと3Dモデルが映ったときは嬉しかったです」

【トップページデザイン】
武田 将也さん 「CSSというホームページを作るときに使う言語でトップページを作りました。CSSは文字に大小をつけたり、色をつけたり、サイトを見栄えよくデザインするもの。これがないと、ただ文字が並んでいるだけの見づらいページになってしまいます。商品にカーソルを合わせると背景色が変わる処理やメニューバーの動きにもこだわりました」

それぞれが役割を担い、チーム一丸となって作り上げた『NOZAMA VR』。いずれの分野も、基礎にあるのはプログラミングの技術です。

ECCコンピュータ専門学校なら、ゼロからでもプログラミングが身につく。

IT業界に欠かせないプログラミング技術。ECCコンピュータ専門学校では、プログラミングの授業でレベル別に少人数クラスを編成。初心者も上級者も、自分のレベルに合った内容の授業をマンツーマンに近い形で受けることができ、着実に成長していける環境です。

泉さん 「1年生で、C言語を中心にプログラミングの基礎を徹底的に学べたのがよかったです。クラスの仲間に刺激をもらい、切磋琢磨できます」

玄さん 「クラスメイトがみんな同じレベルなので、授業中も質問しやすいです。いろんなプログラミング言語が身について、将来に役立ちます」

茶園さん 「入学当初はC言語という言葉も知りませんでした。でも、今はプログラミングがおもしろい。組み立てた結果が画面上で動いて、確認できるのが魅力です」

武田さん 「『計算』は嫌いだけど、最適な『計算式』を考えるのは楽しい。そこがプログラミングの好きなところです(笑)」

山下さん 「最初は文字の羅列にしか見えませんでした。でも学んでみると規則性もあるし、意外ととっつきやすいんです。先生が書いたことを覚える授業というよりも、自分たちが考えたおもしろいアイデアを、プログラミングでカタチにする授業がたくさんあるので、実践の中で成長できました」

ECCコンピュータIT分野では授業の課題のほかにも、学生のコンテスト参加も積極的にサポートしています。なぜなら、作品制作を通して技術はどんどん磨かれ、評価されることで得る自信や悔しさは成長の糧になるからです。加えて、ITの知識・技術の証明となる資格取得も全面バックアップ。就職やその後の仕事に役立つ能力を総合的に身につけることができます。

【広告企画】提供 : ECCコンピュータ専門学校

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報学」
はこんな学問です

情報学という学問名で、文系と理系の2種類の学問を表す。文系学問としては、人文・社会科学系の学問と連携し、社会システムのなかでの情報技術の役割や、マスコミュニケーションにおいての情報メディアの役割、国境を越えての情報コミュニケーションを研究テーマとする。理系学問としては、コンピュータのハードウェアやソフトウェア、情報システムが稼働する原理など、情報についての基礎となる分野を数学的手法によって研究する。

「情報学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「通信工学」
はこんな学問です

通信技術は、コンピュータ内の技術とネットワーク技術に分けられる。たとえば、コンピュータ内では、通信に関連するソフトウェアとハードウェアの技術が挙げられる。ネットワーク上で用いる技術では、情報の圧縮技術や暗号化技術、光通信をはじめとする光ファイバー技術、インターネットを用いたネットワーク技術、LANによる有線・無線の通信技術などがある。その他、次世代の通信技術開発や宇宙通信技術などの研究も行う。

「通信工学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「システム・制御工学」
はこんな学問です

ロボット技術を機械・電子などの工学的視点から研究開発する学問である。研究分野は、製造現場で働く工作ロボットや福祉施設で活躍する介護ロボット、家庭で愛されるペット用ロボットなどを研究する「ロボット工学」、機械やロボットの動きを計算する「計測システム工学」、飛行機・鉄道などの大型の乗り物のコントロール技術を研究する「制御システム工学」など、生活や産業に密接につながっている。

「システム・制御工学」について詳しく見る