「海外インターンシップ」が、アナタを大きく変える! 学生時代、海外での仕事体験が必要なワケ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「海外インターンシップ」が、アナタを大きく変える!
学生時代、海外での仕事体験が必要なワケ

2017.04.03

提供元:ECC国際外語専門学校

「海外インターンシップ」が、アナタを大きく変える!
学生時代、海外での仕事体験が必要なワケ

将来は海外のホテルで働きたい!キャビンアテンダントになって世界を飛びまわりたい!そんな夢を叶える近道は、一足先に現地で働いてしまうこと!「えっ?そんなことができるの?」と思ったあなた。実際に海外で仕事を体験できる、ECC国際外語専門学校の「海外インターンシップコース」をご紹介します!

この記事をまとめると

  • 英語と仕事スキルを格段に上げるプログラム「海外インターンシップ」について
  • 現地の生活って?ホームステイの体験談
  • 実績アルECC国際外語の海外インターンシップカリキュラムとは?

「海外インターンシップ」とは?

海外で、職業体験(インターンシップ)ができるプログラム。実際に英語を使って、現地の企業で働き、ホームステイをしながら、使える英語力とめざす仕事のスキルを身につけます。

英語しか話せない環境にいると、英語力はぐんと伸びます。日本語の通じない海外で生活するには、誰かに何かを伝えたいとき、必ず英語を使わなければなりません。生活するうえで強制的に英語で話さざるを得なくなるため、自然と英会話が習慣づき、英語力アップにつながります。

そして、現地での職業体験をとおして、仕事で使う専門英語、ビジネス英語はもちろん、めざす仕事のスキルも身につきます。ECC国際外語では、まず日本で仕事の専門スキル・英語力の基礎を身につけてから、海外でビジネススキル研修を経て、海外インターンシップに参加するため、しっかりと基盤を備えた状態で、海外のホンモノの英語や現地での仕事の知識を吸収することができます。日本では体験できない海外での日常や空気感を肌で感じることができるのも、「海外インターンシップ」の魅力。世界のさまざまな人やお客さまとの出会いを通じて、さまざまなサービスや対応を身につけることができます。

現地での生活ってどんなの?体験した学生さんに聞いてみよう

お話してくださった、エアラインCA専攻 木村凪沙さんとホストファミリー

お話してくださった、エアラインCA専攻 木村凪沙さんとホストファミリー

実際に「海外インターンシップコース」でホームステイをした、海外インターンシップコース エアラインCA専攻の、木村凪沙さん。

木村さんのホストファミリーは、カナダ人のお父さん、ベトナム人のお母さんと2歳の双子の4人家族でした。
「初めはホストマザーの英語に慣れるのに苦労しましたが、毎日、優しく話しかけてくれるのでもっと話したくて、積極的に毎日話し続けました。」
という木村さん。英語が母国語でない人だとなおさら、コミュニケーションの難しさも実感するようです。でも、諦めずに自分から行動を起こすことが大切ですね。

「帰宅すると、双子ちゃんが私の名前を呼んで駆け寄ってきてくれました。かけっこしたり絵本を読んだり、一緒に遊ぶ中でも英語を学ぶ機会が多かったです。」
子どもと遊ぶことも、学びにつながります。複雑な会話よりもスキンシップが重要になる子どもとのコミュニケーションでは、人と人との距離がより近くなるのかもしれません。現地の生活や文化に触れることができるのも、ホームステイならではの経験です。

キャビンアテンダント・ホテリエをめざすカリキュラム

いきなり海外に行っても、基礎ができていなければ戸惑うだけで終わってしまいます。十分に力をつけるには、何よりもまず基礎が大切。ECC国際外語の「海外インターンシップコース」では、まずは仕事の専門スキルや基礎英語力を身につけるため、入学から1年間かけて学習します。日本でしっかり基礎力をつけたら、2年次に海外インターンシッププログラムへ参加。そこで本場の「ビジネス英語」と「ビジネススキル」を身につけて、いよいよ勤務開始です。

2年次に通う現地のビジネススクール「GASTON BUISINESS COLLAGE」では、少人数制で、インターンシップにエントリーするための履歴書・面接対策から、自己PRのためのディベートやディスカッションの訓練、電話対応や英語でのメモの取り方まで学びます。ここでのトレーニングを経て、空港ラウンジでの接客やフロント業務などといった2ヶ月の職業体験をします。修了すると、企業から「Referrence letter(推薦状)」がもらえます。就職活動で一歩リードできるかも!

また、「ホテリエ」を目指すホテル専攻では、語学の研修に加え、ホテルの専門授業も受講。英語レベルによって、研修期間を変更することもできます。(国によっては、渡航後すぐにインターンシップが始まります。)ホテルのチェックイン・チェックアウトや、予約状況の確認など、ホテルに関わる業務を体験することができます。

インターンシップ中は、「学生」ではなく「社会人」として働きます。実践的な英語力はもちろんのこと、「社会人」としての責任感も芽生え、ひと足先に「働く」ことを知るきっかけになるでしょう。

ECC国際外語なら、サポートと実績がすごい!

ECC国際外語は、日本英語検定協会より、団体賞を12年間で、11度(2006~12,14~17年)受賞。中でも最高の団体賞といわれる「文部科学大臣奨励賞」を、2007年、2009年、2012年、2014年、2015年、2017年に受賞するほど、英語教育には定評あり。
2017年3月卒業生では、エアライン就職希望者80名全員が、ホテル就職希望者においては7年連続で就職率100%(2011~2017年/計153名)を達成し、全員が希望の業界に就職しました。内定までのマンツーマン指導、進路指導課と担任によるWサポートなど、実学のECC国際外語だからこそ実現した成果です。

海外インターンシップに興味が出てきたあなた。ECC国際外語で学んでみませんか?

【広告企画】提供 : ECC国際外語専門学校

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る