「ネイリスト」が今オススメな職業なんです!!春のトレンドネイルはコレ!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「ネイリスト」が今オススメな職業なんです!!春のトレンドネイルはコレ!

2017.04.03

提供元:ECCアーティスト美容専門学校

「ネイリスト」が今オススメな職業なんです!!春のトレンドネイルはコレ!

今や、おしゃれには欠かせない「ネイルサロン」。やっぱりネイルをきれいにすると、気持ちも上がりますよね。そんな、私たちを幸せな気分にしてくれるネイリストさんのお仕事って、実際どんなものなのでしょう?ネイリストのお仕事から学校選び、トレンドネイルまで、プロのネイリストを育てるECCアーティスト美容専門学校の先生と、ネイリストコースの学生さんに聞いてみました!

この記事をまとめると

  • プロを育てる先生に聞いた、ネイリストの魅力とネイリストに向いている人
  • どうしてECCアーティスト美容専門学校?選んだ理由は実績と熱意ある先生
  • 2017年、春のトレンドネイル

いま、「ネイリスト」が熱い!プロを育てるプロが語る

ネイリストの仕事をしていて、やりがいを感じる瞬間は、なんといってもお客さまが喜んでくれたとき。自分の技術によってお客さまに「可愛い!」と言って喜んで頂けると、こちらもうれしくなります。そして、成人式や結婚式など、お客さまの「大切な日」をプロデュースし、お客さまの「人生」に携わることができるのも、この仕事の醍醐味です。

そんなネイリストに向いているのは、「ネイルが大好きな人」!センスや器用さよりも、まずはこれが一番大切なポイントです。次に大切なのは、「常にトレンド研究や向上心を持てる人」。ネイルの技術や流行は日々進化しているので、アンテナを張って、新しい情報を取り入れましょう。そして、お客様も職場の人もほとんどが女性ばかりなので「女性とのコミュニケーションが得意な人」も向いています。

また、グローバル化が進む中、手先の器用な日本人ならではの細やかな技術で、海外での活躍をめざすネイリストが増えてきました。技術や資格を持っていれば、国境にとらわれず、自分の可能性を広げられるのです。
そして、個人が自宅で開業しやすいのも大きなメリット。結婚、出産などで大きくライフスタイルが変わっても、続けやすい職業といえます。

ネイリストの危機!?これからはどんなネイリストが活躍できる?

最近ではロボットや機械化が進み、自動で爪にプリントできる機械なども登場してきました。「将来なくなる職業」と言われてしまうことも。将来、「ネイリスト」という職業はなくなってしまうのでしょうか?心配になる人もいるかもしれません。

たしかに、機械にできることも増えてきていますが、お客さまのご希望に合わせたアートやデザインはもちろん、目的や好みまで考慮してトータルに提案できるのは、やっぱり人間だけ。施術中の会話やおもてなしの接客で、「癒し」を与えられるのも、ネイリストだからできることです。だからこそ、これからはますますお客様に合わせた高い技術、接客力を持ったネイリストが求められる時代。多数のネイルサロンがある中で生き残るためには、技術だけではなく接客力、人柄も磨いて一流のネイリストをめざしましょう!

春のトレンドはコレ!「ミラーネイル☆」

今年の流行は、春らしいパステルカラーのネイルとも相性抜群の個性的な「ミラーネイル」♪
可愛くもカッコよくもどちらも手に入れられる「ミラーネイル」が今春おすすめです!

今回はワイヤーを使って模様を描いた人気のデザインに、押し花で春らしさをプラス。
華やかで柔らかい指先で女子力アップ♪

普段、ネイル用の材料ではないアクセサリーパーツも、「これをこんな風に使ったら可愛いかも!」と自分なりにアレンジでしてネイルを作成しています。

ネイリストになるなら、ECCアーティスト美容!学校を選んだ先輩に聞いてみよう

お話ししてくださった、ECCアーティスト美容専門学校ネイリストコース2年 本中さん

お話ししてくださった、ECCアーティスト美容専門学校ネイリストコース2年 本中さん

短期でネイルスクールも考えましたが、やはりネイルをとことん学びたい!と思ったので、2年間入学時からネイルに特化した授業を学べて、コンテスト実績や検定・就職率が高いECCに魅力を感じて入学しました。
初心者からのスタートでしたが、2年間、ネイルに特化した授業を学んだことで高い技術が身につき、コンテストでは「全日本ネイリスト選手権2016関西地区大会ジュニア部門ネイルケア競技」で関西1位、「東京ネイルエキスポ2016全日本ネイリスト選手権ジュニア部門ネイルケア競技」で大会名誉審査員賞、「スカルプチュア競技」で全国6位を受賞することができました!その実績もあって、第一希望のネイルサロンへの内定が決まりました。アルバイト採用も多くある中でクラス全員(16名/2017年3月卒業生)安定の正社員で内定を頂くことができたのも、ECCアーティスト美容専門学校だったからだと思います。

ECCアーティスト美容専門学校は、全国の専門学校でも数少ない日本ネイリスト協会「本部認定校」。私は入学時不器用な方でしたが、少人数制の授業で、日本ネイリスト協会認定講師の先生が、一人ひとり丁寧に教えて下さるので、練習の結果、検定合格やコンテスト受賞につながり、自信になりました。
学内に本物の常設ネイルサロンがあり、一般のお客様に施術し、入社前に技術と接客力を磨けるのもECCならでは。楽しい行事も多く、クラスのみんなと充実した毎日を過ごしています。

【広告企画】提供 : ECCアーティスト美容専門学校

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ネイルアーティスト」
はこんな仕事です

来店客の爪を美しく整える仕事。「ネイリスト」と呼ばれることもある。マニキュアを塗ったり模様を描いて美しく飾るほか、傷みなどのトラブルに対応したり、人工爪による整形など、サービス内容は爪に関すること全般にわたる。活躍の場はネイルサロンをはじめ、美容室、エステティックサロン、結婚式場など。「爪のおしゃれ」が日常生活のなかで一般的になるのにつれてネイルサービス市場は年々拡大傾向にあり、近年では女性向けだけでなく男性向けのサービスも登場。確かな技術とセンスを身に付ければ、活躍できる場は幅広い。

「ネイルアーティスト」について詳しく見る