2018年度、「国際日本学科」の新カリキュラムスタート!「ポップカルチャー」から「伝統芸能」まで世界に誇るニッポンの文化を発信する力を養う

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

2018年度、「国際日本学科」の新カリキュラムスタート!「ポップカルチャー」から「伝統芸能」まで世界に誇るニッポンの文化を発信する力を養う

2017.04.03

提供元:追手門学院大学

2018年度、「国際日本学科」の新カリキュラムスタート!「ポップカルチャー」から「伝統芸能」まで世界に誇るニッポンの文化を発信する力を養う

来日外国人観光客が最多を迎える現在、日本の文化はこれまでにないほど世界から注目されています。国際日本学科は、日本文化への深い理解をもとに、日本の魅力を世界に発信できる国際人の育成を目指します。定員も180名へ増員予定(構想中・変更の場合あり)で、学びの意欲を満たすことの出来る斬新なカリキュラムを体験してください。

この記事をまとめると

  • 4年間で日本語の運用力を高める。
  • 「クールジャパン学」「笑学」「日本学」の3コースから、日本の魅力を深く知る。
  • 身につけた知識と能力を生かし、世界に羽ばたく人材へ!

4 年間を通して日本語の読解力や表現能力のレベルアップをめざし日本語力を磨く

日本語の読解力・表現力を高めた上で、プレゼンテーション能力・コミュニケーション能力を向上させます。

日本語の読解力・表現力を高めた上で、プレゼンテーション能力・コミュニケーション能力を向上させます。

1~4年次で、プレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を身につける学科独自のプログラムを通し、日本語の読解力・表現力を磨きます。4年間で学ぶ国際日本学科の共通科目は、日本語学概説、国語学日本文学史、日本文学概説日本語のための古典、応用日本語、日本史概説 日本語プレゼンテーション、日本語ワークショップ、日本語教育演習など、日本語と日本文化について広く深く理解していく内容です。
1年次は、基盤教育科目を履修するとともに、共通科目から日本語文法や古典、日本史などを学修。日本語や日本の文化を学ぶための基礎力を身につけます。4年次までにプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力、表現力までを養います。

日本の文化を幅広く学び、世界に発信する力を磨く3コース

多彩なフィールドワークで日本を見つめ直し、より広く深く学びます。

多彩なフィールドワークで日本を見つめ直し、より広く深く学びます。

2年次以降は、1年次での経験をもとに、3つのコースに分かれて学びます。
アニメ、漫画、ポップカルチャー、テーマパーク…現代日本の最先端文化を深く学び、自国文化を礎にして国際社会と対話できる人材を育てる「クールジャパン学」、落語、漫才、狂言、文楽…笑いと知を融合させ、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身につけた国際教養人を育てる「笑学」、日本の芸能と文学、アジアの中の日本、越境する日本文学…国際的視点から日本の歴史や文化を学び、世界に発信する人材を育てる「日本学」。
各コースの基礎講義に加え、多彩なテーマ、フィールドワークが用意された科目群から興味・関心のある科目を選択します。
フィールドワークでは、名所旧跡、劇場、演芸場、テーマパークなど、さまざまな場所を訪れ、日本の魅力を体感し、学びを深めていきます。

プレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を身につけ、グローバルに活躍

日本文化への深い理解とコミュニケーション能力を発揮し、日本と国際社会の架け橋に。

日本文化への深い理解とコミュニケーション能力を発揮し、日本と国際社会の架け橋に。

卒業後は、中学・高等学校教諭(国語)や日本語教師をはじめ、プレゼンテーション能力とコミュニケーション能力、そして、各コースで修得した能力を存分に発揮できる進路を目指せます。
「クールジャパン学コース」では、幅広い日本文化の知識を生かし、外国企業、外資系企業、IT 関連企業 などへ。「笑学コース」では幅広い日本文化の知識を生かし、一般企業のプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を生かせる分野、公務員、芸能マネジメント などに。「日本学コース」では、日本語の能力を生かし、予備校講師や放送・新聞・出版・広告といったマスコミ関係、ライター などでの活躍のチャンスがあります。

【広告企画】提供 : 追手門学院大学

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際関係学」
はこんな学問です

世界各地と日本、または研究対象に選んだ地域の問題を、歴史学・社会学・経済学・政治学など幅広い学術的な視点から理解・分析する学問。国際社会のさまざまな問題を把握し、国際的な政治、経済、法律も活用して、異文化地域や利害関係を持つ国家・地域同士が共存を図る方法を見出していくために大切な学問である。外資系企業、旅行業界、海外取引のあるメーカーのほか、公務員や教員など学びを生かせる仕事の幅は広い。

「国際関係学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際文化学」
はこんな学問です

国際社会で起こる課題を、文化の視点から捉えて解決策を探る学問。対立ではなく共存の道を探るために、諸国の異文化間相互理解をどのように図ればよいかを研究する。世界各地域から言葉の壁を越えて発信される音楽、絵画、映像、ダンスなどの表象文化が、どのように情報伝達され、受け取られるのかなど、文化への理解が国・民族・性別を超えて人と人を結び付ける方法論を研究する。

「国際文化学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際貿易学」
はこんな学問です

国際貿易の理論と実践について学ぶ学問。世界各国の経済史や国際金融などの知識、貿易システム論から消費者行動論、マーケティング論まで幅広い知識を習得する。国際貿易と一口に言っても大手商社などの取引だけでなく、個人がECサイトで海外のショップと直接取引するケースも増えている。最近ではTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)など規制の緩和も進み、取引が多様化するなかで、いかにしてビジネスチャンスをつかむかが研究課題となる。

「国際貿易学」について詳しく見る