『テラフォーマーズ』に登場!プラナリアは人類を救うのか!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

『テラフォーマーズ』に登場!プラナリアは人類を救うのか!?

2015.10.09

『テラフォーマーズ』に登場!プラナリアは人類を救うのか!?

人気急上昇中の漫画「テラフォーマーズ」で驚異の再生力を見せつけているプラナリアは、人類の救世主?

この記事をまとめると

  • 映画版「テラフォーマーズ」に登場するプラナリアの再生力がすごい!
  • プラナリアは「どんな組織や器官にもなりうると言うべき細胞」を持つ?
  • 人類がプラナリアと同じ力を持てるようになる可能性は?

プラナリアは、切断されても1週間ほどで再生するってホント?

テレビアニメ化に続いて2016年に実写映画化されるなど、勢いが止まらないSF漫画「テラフォーマーズ」。人型へ進化したゴキブリと、それを駆除する人間との闘いという設定だけに「おもしろい!」という人と「無理!」という人に分かれそうですね。
しかし、映画版に「現実の人類を救うかもしれない生物が登場する」とあっては、見逃すわけにはいきません。その生物とは、プラナリア。川の上流に行けば日本中で見つかる扁形動物で、ヒルのように細長く平たい体に落書きのような目がついた、へんてこな形をしています。
ところがこのプラナリア、再生研究の分野では昨今、大きな脚光を浴びているのです。どこにでもいる小さな生物が、再生研究やSFと、どんな関係があるというのでしょうか。

プラナリアの持つ、驚異的な再生力の仕組みとは?

トカゲのしっぽを切っても、また生えてくるというのは有名です。
プラナリアの再生力は、それ以上。プラナリアを10個に切っても全ての断片が1週間ほどで完全な個体へと再生し、何と10匹のプラナリアになるのです。死ぬどころか、切られた数だけ増えるとは驚き。実はこのプラナリア、クローン増殖する生物なのです。では、プラナリアと同じ再生力を人類が身に付け、不老不死になることはできないものでしょうか?
この再生メカニズムは今、細胞、遺伝子レベルで研究が続けられています。その成果からプラナリアには「どんな組織や器官にもなり得ると考えられる細胞」があり、さらに必要な場所に、必要な組織ができるようにコントロールできることが分かったのです。ますます、すごいですね!

研究が進めば、ヒトはそのうち、プラナリアと同じ力を持つ?

テラフォーマーズでは、プラナリアの力を備えたキャラクターが登場します。そうなると、闘いで切断されたり吹き飛ばされたりした体の一部から、クローンが次々と誕生することに。最強ですね。そこまではSFの話だとしても、事故や病気で体の一部を失ったりした場合に、再生できるとすればどんなにいいでしょう。
最近はプラナリアに近い再生力を持つ細胞を見つけ出す方向へと研究が進んでいます。ただしヒトの場合、血液は血液細胞以外から再生できても、神経を神経細胞以外から再生するのは難しいことなのだそう。さらにプラナリアに比べるとヒトの体は複雑ゆえに「臓器を丸ごと一つ再生する」などという離れ業は難しいのかもしれませんが、プラナリアをヒントに研究することで、ヒトの再生研究も、きっとますます進んでいくのではないでしょうか。

プラナリアなどの再生技術を今後さらに発展させていく研究に、研究者として携わることで、多くの人に夢や希望を与える存在になれるかもしれませんね。

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーの安定供給や環境問題の解決など、自然や環境を調査・研究し、人の未来や暮らしをサポートする仕事につながります。また、自然ガイドなど、海や山の素晴らしさと安全なレジャーを多くの人に伝える仕事もあります。それぞれ高い専門性が求められる職業に応じて、専門知識や技術を学び、カリキュラムによっては資格取得や検定も目指します。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「そのほかの環境・自然・バイオ系の職業」
はこんな仕事です

環境系では「公害防止管理者」「有害液体汚染防止管理者」「産業廃棄物処理技術者」など、同じ公害に関わる仕事でも、広い範囲を受け持つものもあれば、より狭い範囲での専門性を求められるものもある。また、同じ環境保護でも直接的な防止の観点から取り組む仕事だけでなく、「アウトドアインストラクター」のようにレジャーを通して自然と触れ合う機会を創出することで、環境保護の視点を人々に持ってもらうよう指導する仕事も数々ある。今後も広がりを見せる分野といえるだろう。

「そのほかの環境・自然・バイオ系の職業」について詳しく見る