なまはげが怖いのには、ちゃんと理由があった!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

なまはげが怖いのには、ちゃんと理由があった!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

なまはげが怖いのには、ちゃんと理由があった!

この記事をまとめると

  • 日本各地にある一風変わったお祭りには、その地域ならではの理由がある
  • なまはげの始まりは、秋田に伝わる「言い伝え」から
  • それぞれの地域が持つ特徴や文化を学ぶのが「社会学」という学問

奇妙な祭りにも、それを行う意味がある

日本には、各地域で行われる祭りがあります。そのなかには、「どうしてこんなことするんだろう?」と思うような、変わったものもあるでしょう。例えば、秋田県で行われる「なまはげ」は、鬼となった若者たちが村を歩き回る、奇妙な祭りです。

泣く子も出てしまう「なまはげ」ですが、これをやる理由がきちんとあります。そこで今回は、全国に伝わる奇妙な祭りと、それを行う理由を紹介します。

■なまはげ(秋田県)

12月31日か1月15日の夜に行われる、秋田県の「なまはげ」。鬼の格好をした人が、「泣ぐ子はいねがー、なまけ者はいねがー」と言いながら、地域の家々を回っていきます。まるで脅かすように大きな声を上げるので、子どもは怖がってしまいます。

この地域では、昔、「鬼をダマして追い払った」という言い伝えがあります。その鬼に復讐(ふくしゅう)されることを恐れた人たちは、年に1度、鬼の格好をした若者をもてなして、鬼に満足してもらおうと考えました。それが理由で、この祭りが始まったとされています。

■福男選び(兵庫県)

1月10日になると、必ずニュースで伝えられる「福男選び」。これは、兵庫県にある西宮神社の門から一斉にスタートして、3番目までにゴールした人が「福男」になるという行事。参加者は非常に多く、現場では激しい“レース”が繰り広げられています。

なぜこんなことが行われるのでしょうか。まず、西宮神社では、1月10日の午前0時に一般の人たちを神社の外へ出して、門を閉めて儀式をします。そして、ふたたび一般の人が入れるようになるのが午前6時。このとき、最初に神社で参拝し福をもらおうとする人が多かったため、福男選びとして定着していきました。

■丹生祭(和歌山県)

10月に行われる丹生祭。顔を白く塗り、カラフルな衣装を着た人たちが、「笑え、笑え」といいながら、町の中を歩いていくものです。「笑い祭」とも呼ばれています。

この地方では、伝説上の姫が、寝坊により神様の集まりに遅刻してしまったという言い伝えがあります。その失敗で落ち込んだ姫に対し、「笑え、笑え」となぐさめたのが、丹生祭の始まりになったと言われています。

■御柱祭(長野県)

7年に1度、長野県の諏訪地方で行われる「御柱祭(おんばしらさい)」。これは、山で切った大木を「諏訪大社」という神社に運んでいく祭りで、すべて人力で引っ張ります。しかも、その途中には急坂や川を越えるポイントがあり、とても危険です。

諏訪大社では、7年に1度、神社に建てられている大木を建て替えます。そこで生まれたのが御柱祭で、神社に建てるべき大木を選び、それを人力で運んでいくという行事になったのでした。

古くから伝わる祭りには、それをし始めた理由がきちんとあります。そして、そういった理由を見てみると、その地域の文化や歴史に関係していることが多いです。たとえば、海の近くにある村では、魚がたくさん獲れるように祈る祭りもあります。祭りには、その地域で伝えられてきた伝説や、人々の生活がつながっているといえます。

そういった地域の特徴や文化について学ぶ学問を「社会学」と言います。社会学は、社会のなかでの集団の持つ特性などに注目し、社会の仕組みや働きを解明する学問です。日本各地のさまざまな祭りの成り立ちに興味がある人は、社会学の視点で調べてみるとたくさんの発見があるはずです。

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「社会学」
はこんな学問です

社会のなかでの個人の行為、集団の持つ特性、他者とのコミュニケーションなどに一定の法則性を見出して、社会の仕組みや働きを解明する学問である。研究対象は広く、社会学的な視点で研究できるものであれば何でも対象とすることができる。たとえば、家族社会学、芸術社会学、法社会学、都市社会学、宗教社会学、教育社会学、スポーツ社会学など、テーマの自由度は高い。その一方、社会全体を意味付けるグランドセオリー(一般理論)を志す学者もいる。

「社会学」について詳しく見る