麦わらの一味のナミのお仕事がアツい! 女性も目指せる航海士!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

麦わらの一味のナミのお仕事がアツい! 女性も目指せる航海士!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

麦わらの一味のナミのお仕事がアツい! 女性も目指せる航海士!

この記事をまとめると

  • あまり知られていないけれど、「海」に関する仕事はいろいろある
  • 「航海士」は、船が安全に航海できるように、船の操縦の指示をしたり、航海計画を立てる仕事
  • 最近は、女性が航海士として働ける環境が整ってきている

「海」に関する仕事はいろいろある!

「海」の仕事というと、みなさんは何を思い浮かべますか? 漁師や船長が荒波をゆく姿を想像した人もいるかもしれませんが、船上の仕事は体力がいりますので、男性の職業と思われがち。でも、最近は女性でも海の仕事に就く人が増えています。

海の仕事といえば、漁師や船長だけでなく、海上自衛隊や海上保安官といった海の安全を守る仕事や、船乗りの食事を作る船舶料理士など、さまざまな仕事があります。

そこで、今回注目したいのが「航海士」という仕事。漫画の『ワンピース』でいうと、ナミの仕事です。ナミは『ワンピース』の中で、主人公ルフィが率いる、麦わらの一味が乗る船の操縦の指揮をとっています。航海術(海を渡るための技術)や天気に関する知識も豊富で、麦わらの一味の中では司令塔のような役割を担っています。では、実際の航海士とはどんな仕事なのでしょうか?

安全な航海を助ける、航海士という仕事とは?

航海士は、船が海に出る前に、どのルートを進むのか、天気は荒れないかなどを確認し、船の機械類を担当する機関士と一緒にスケジュールをたてます。海に出てからは潮の流れや天候を考慮し、GPSやレーダーで現在の位置確認をしながら、航海の指揮をとっていきます。

船には通常、チーフオフィサーと呼ばれる一等航海士と、セカンドオフィサーと呼ばれる二等航海士、サードオフィサーと呼ばれる三等航海士の3人が乗っています。一度海に出ると長旅になりますので、3人が交代で船の安全を守るために操船指示などを行います。

船には乗客が乗っていたり、貨物を積んでいたりします。お客さんや貨物を安全に運ぶためには、どんな場面でも冷静に判断し、航海していかなければいけません。万が一事故が起こった時は、救命設備の整備など力仕事も多くあります。また、一度船に乗ると、長い間家に帰れないなんてこともあるでしょう。責任も大きい、なかなか大変な仕事ですが、海をまたいで乗客や貨物を届ける、とってもロマンのある仕事だといえます。

女性航海士が働く環境も整いつつある!

航海士(海技士)の資格を取るのに性別は関係ありません。とはいえ、やはり男女で体力に差があるのも事実。女性航海士は「(男性に比べて)力がない」ことで悩むことも多いそう。

例えば、錆びたドアを開ける、急な対応でロープを持って走るなど、女性の力ではどうにもできないことがたくさんあります。そんなとき、すぐに男性クルーに協力を仰げるかどうかが海の上ではとても重要です。クルー同士がハンディを理解し助け合えるよう、普段から信頼関係を築くことが、女性航海士として活躍する秘訣かもしれません。

最近では、産休・育休制度の導入や保育室の設置など、女性が航海士として働き続けるための環境がだんだん整ってきています。『ワンピース』のナミを目指して、航海士という仕事にチャレンジすることもできるでしょう。大昔の海賊たちが財宝を探して海に出たように、航海士という仕事を通して、海を渡りながらまだ見ぬロマンを探してみるのもいいかもしれませんね。

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「航海士」
はこんな仕事です

船舶の操縦や指揮を執り航行させる航海士は、たくさんの乗客、乗員、および荷物の安全を守る船長の右腕的存在だ。航海前には機関士とともに航海計画を立て、航路と気象状況を確認する。航海に入るとレーダーやGPSで位置や航路を確認する。航海士になるには国家試験である「海技士国家試験」に合格後、1~6級の「海技士(航海)免許」を取得する。なお航海士の仕事内容は、取得した免許の等級により細かく分かれており、甲板部の統括を担う1等航海士になるには2級以上の「海技士免許」が必要になる。

「航海士」について詳しく見る