キレイになるためには何でもやる!? 世界のビックリ美容整形事情!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

キレイになるためには何でもやる!? 世界のビックリ美容整形事情!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

キレイになるためには何でもやる!? 世界のビックリ美容整形事情!

この記事をまとめると

  • 容姿を美しくするために外科的な措置をとるのが「美容整形」
  • 世界には、美を極めようと美容整形を繰り返す人たちがいる
  • 美容整形の対象は顔だけにとどまらない

あともうちょっと鼻が高かったら……、目が二重だったら……。鏡を見るたびに、有名モデルの顔が頭をよぎり、思わずうらやましいと感じてしまう…なんてことはありませんか?

そんな願望をかなえるための手段のひとつとして、「美容整形」がありますが、最近は低価格でメスを使わない「プチ整形」が普及するなど、ここ数年で美容整形は老若男女問わず幅広く認知されつつあります。

しかし、世界には「プチ整形」なんかではまだまだ満足しない、圧倒的な美を目指して、美容整形を繰り返す人たちがいます。今回は、その驚異の整形事情をご紹介します。

リアル「バービー人形」になったウクライナの美女

世界一美人が多いといわれているウクライナ。整形なんて全く必要ないぐらいの美女があふれているイメージですが、この国には「整形に投じた金額が世界一」とされている女性がいます。その人は、「リアルバービー人形」と呼ばれるヴァレリア・ルカノワさん。彼女はバービーのような細いウエストを手に入れるため、あばら骨を左右1本ずつ抜く手術を受けたのだそうです。さらに、目をより大きくするために、まぶたの皮膚を切り取ったともいわれています。

アメリカではリアル「ケン」を発見!

リアル「バービー」がいるなら、バービーの恋人であるリアル「ケン」も世界には存在します。それは、アメリカ・ニューヨーク在住のジャスティン・ジェドリカさん。彼は憧れのケンに少しでも近づくため、顔から身体まで全身90回以上の整形を繰り返しています。美容整形の本場であるアメリカでは、老若男女問わず整形は一般的なもの。ほぼ5人に1人の割合で、将来的に何らかの施術を希望しているそうです。

どこかで見たことあるような韓国美人は江南女子!?

整形大国として知られるお隣の韓国では、世界最大の整形街・江南で整形をした女の子たちのことを指す「江南女子」という言葉があります。実はこの言葉には、「みんな同じ顔をしていて区別がつかない」という別の意味もあるのだとか……。そんな江南女子の代表として、TVに出て有名になったのが朴又雅さん。彼女は高校生のときから28回もの手術を繰り返し、口以外のほとんどを整形していました。今後もまだ手術をする予定らしく、彼女の美への探求心はとどまることを知りません。

ひと昔と比べて、美容整形に対する見方が前向きに変わりつつある現在では、芸能人が整形を堂々と告白することも増えてきました。「キレイ」や「カワイイ」といったことが求められる芸能界で、美容整形はひとつの「努力」という見方もできるかもしれません。

美容整形をはじめ、美容に関わる多くの仕事は、「もっとかわいくなりたい」「かっこよくなりたい」といった人々の美への願望をサポートするのが役目です。今の見た目に自信がない、コミュニケーションにおいても引っ込み思案になりがち……そんな人でも、美容やメイクアップの力で見た目に変化を与えるだけで、日常が少し変わって見えることもあるでしょう。

友だちや家族の反応を想像しながら、髪型やメイクを変えることは楽しいものですよね。思いがけない新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業」
はこんな仕事です

髪形やメイクの流行は時代とともに変わっていくものであり、それに伴い求められるサービスも変化している。たとえば、人工の毛束を地毛に接続してロングヘアーをつくるエクステンションは、一昔前は一般的ではなかったもの。まつ毛に施術する仕事もあり、専門サロンや資格を持ったスタッフも存在する。また、男性の美意識が高まったことや脱毛に悩む人が増えたことから、育毛を専門とする仕事が注目されつつあり、日本メディカルスカルプ協会が認定する「育毛プロデューサー」や「育毛ディレクター」といった資格もある。

「そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業」について詳しく見る