長崎に本当にある!「変なホテル」ってどんなホテル?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

長崎に本当にある!「変なホテル」ってどんなホテル?

2015.09.15

提供元:マイナビ進学編集部

長崎に本当にある!「変なホテル」ってどんなホテル?

長崎県のハウステンボスに2015年7月開業した『変なホテル』。まず、『変なホテル』という名前に驚きですよね! 一体どんなホテルなのでしょうか? 先進技術を採用し、快適性と生産性を両立した画期的なローコストな実態をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 長崎県のハウステンボスに画期的なローコストホテルが誕生
  • ホテルには先進技術を採用。ロボットがスタッフとして働いている
  • 先進技術を結集したスマートホテルは21世紀型ホテルの世界標準になるかも

世界初の画期的なローコストホテルがついに誕生

2015年7月17日、長崎県佐世保市にあるハウステンボスの敷地内に新たなホテルが創業しました。その名も『変なホテル』。「変わり続けることを約束するホテル」というコンセプトもさることながら、大きな話題を読んでいるのはその特徴です。「快適性と世界最高水準の生産性が両立する全く新しいローコストホテル(LCH)の実現」を掲げ、さまざまな先進技術を導入しており、極限まで建築コストや人件費を下げ、省エネを図りながら、快適性や居住性を保っているのです。いわば「スマートホテル」である『変なホテル』で採用されている先進技術とは、いったい何なのでしょうか。最も特徴的なのは「ロボットスタッフがお客様にサービスを提供している」ということです。

ロボットがコンシェルジュ!? 前代未聞のサービスとは

ロボットが担当するのはフロント、ポーター、クローク、そしてコンシェルジュなど、ホテルにまつわる業務のほとんどを担っています。受付で出迎えてくれるフロントロボットはチェックインとチェックアウトをサポート。ヒト型と恐竜型2種類のロボットが対応してくれるのもユニークです。

ホテルに早く到着した際には、荷物をクロークに預けることも可能。産業用のアームロボットが華麗な収納技を見せてくれます。宿泊部屋の鍵の開閉は、最新の顔認証システムによって行い、鍵を持ち運ぶ必要もないため、鍵をなくしてしまったり、鍵を忘れて外にしめ出されてしまったりする心配もありません。

先進技術を導入し続け、これからも「変わり続ける」ホテル

一般的なローコストホテルよりもゆったりとしたスペースが取られ、一番コンパクトなスタンダードタイプでも21.32平方メートルと広めの造りになっています。また、空調設備は従来のような送風型のエアコンではなく、輻射(ふくしゃ・人の身体から直接熱を奪ったり保たせたりすることで、直接体感温度を調整する)パネルのシステムで、心地よい室内環境を整備、実現しています。

電気代の大幅なコストカットを実現するなど、画期的なコンセプトと先進技術が目を引く『変なホテル』。今後は最新の「ドローン」を活用したルームサービスを検討しており、できたてのメニューをあっという間にお部屋に届ける……なんてことも可能に!? 日々更新される先進技術を取り入れ続け、ホテルのサービスも進化していくからこそ、「変わり続けることを約束」しているホテルなのです。

2016年3月には第2期棟も開業予定。先進技術を結集し、ロボットが働き、環境にも配慮した「スマートホテル」。あなたも将来、ロボットと働く、なんてことがあるかも!?

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ホテルスタッフ」
はこんな仕事です

宿泊客が心地よくホテルを利用できるようもてなすことが仕事。ホテルスタッフと一口にいっても、その職種は実にさまざま。ホテルの従業員の先頭に立って指示を出すホテル支配人をはじめ、ホテルに着いた宿泊客を迎えるドアスタッフ、チェックイン・アウトの管理や会計を行うフロントスタッフ、荷物の預かり役を担うクロークなど多岐にわたる。24時間体制でスタッフが交代しながら営業するのが基本。規模によっては職種を兼務することもある。

「ホテルスタッフ」について詳しく見る