トレーナーもびっくり? 千葉県のイルカが「おはよう」としゃべった!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

トレーナーもびっくり? 千葉県のイルカが「おはよう」としゃべった!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

トレーナーもびっくり? 千葉県のイルカが「おはよう」としゃべった!

この記事をまとめると

  • 水族館のイルカショーが見られるのは、イルカが高い知能を持っているから
  • イルカを飼育しながら、芸を覚えさせるドルフィントレーナーという仕事がある
  • 最新の研究では、イルカが人間の言葉を話せることが実際に証明された

イルカは難しい芸を覚えるのが得意、言葉が話せるという驚きの事実も!

水族館やテーマパークで催されるイルカショー。子どもの頃、夏休みに家族で見に行ったことがある人も多いのではないでしょうか?

トレーナーがイルカに指示を与えてジャンプさせたり、輪をくぐらせたりするイベントは見ているだけでも楽しいものですが、トレーナーとイルカの息の合ったやりとりをみて、自分も動物とあんなふうにコミュニケーションできたらと思った人もいるかもしれません。

動物のなかでも特に知能が高いと言われるイルカは、昔から難しい芸を覚えさせたり、動物の知能の研究に利用されたりしてきました。最近では、イルカが「言葉を話せる」という驚きの事実まで明らかになりつつあります。

イルカの高度な能力を引き出す、ドルフィントレーナーの仕事

イルカたちは言葉だけでなく、人間の動作もすぐにまねます。動作の模倣に高度な知能は不要と思われてきましたが、近年の研究では非常に難しいということがわかってきました。相手の体と姿勢を思い描き、同じ姿勢になるよう体の各部を調整しないといけないからです。こうした能力があるからこそ、イルカはショーができると言われています。

こうした高度な能力をもつイルカに実際に芸を教え、サービスを作り上げるのがドルフィントレーナーという仕事です。彼らは簡単な手信号の言語をつくり、イルカに芸を教えていきます。イルカは訓練を重ねるうちに、手信号の指示も理解して動くようになると言います。

ドルフィントレーナーは、イルカの飼育をして芸を教えるのはもちろんですが、その生態を理解してイルカと人間が触れ合える環境を提供するのも役割です。そのためには、イルカの最新研究についても学ぶ必要があります。

最新研究で判明! イルカと自由に会話できる日も近い!?

2014年、東海大学教授らの研究チームが、千葉県の鴨川シーワールドで飼育されているイルカが、人の言葉をまねられることを世界で初めて証明しました。イルカは頭の上にある小さな呼吸孔(鼻)から鳴き声を出し、仲間同士でコミュニケーションをとることが知られています。その研究では、イルカが呼吸孔から出した音波や周波数が、飼育員がかけた声の発音パターンと一致したそうです。

研究対象のシロイルカがしゃべったのは「ピヨピヨ」「おはよう」など8種類の言葉。まだ飼育員の言葉をオウム返しするだけですが、将来的にはドルフィントレーナーの問いかけに対して「おなかがすいた」「遊びたい」など、意思を伝える会話ができるかもしれないと期待されています。

動物と関わる仕事をめざす人にとって、動物と会話することはひとつの「夢」とも言えます。これまでは、動物の体調や態度、反応をもとに想像することしかできませんでしたが、今後の研究次第では動物たちが実際に何を思い、何を伝えたがっているか分かる日が来るかもしれません。

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ドルフィントレーナー」
はこんな仕事です

ドルフィントレーナー、イルカトレーナー、イルカの調教師などと呼ばれるが、同じ職種を指している。イルカと一緒に長い時間を過ごして仲良くなり、イルカの微妙な気持ちの動きを感じ取れるようになって、十分なコミュニケーションを取りながら、イルカにショーのパフォーマンスを仕込んでいく。イルカの生態や健康管理法など、科学的な知識や技術を身に付ける必要がある。ただイルカが好きなだけでは不十分で、水族館などのお客にイルカの魅力を伝え、イルカとお客をつなぐ重要な役割を担っている。

「ドルフィントレーナー」について詳しく見る