どんな人をそう呼ぶの? カリスマ美容師の定義

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

どんな人をそう呼ぶの? カリスマ美容師の定義

2015.09.11

提供元:マイナビ進学編集部

どんな人をそう呼ぶの? カリスマ美容師の定義

「カリスマ美容師」というと、どんな人を思い浮かべますか? いわゆる、都心にあるオシャレな美容院で働いているかっこいい美容師さん、といった感じでしょうか。単純に「カリスマ」という言葉の意味は「超人的な資質や能力」を指しますが、どんな人を「カリスマ美容師」だと思うのでしょうか? 実際の美容師さんに聞いてみました。

この記事をまとめると

  • カリスマ美容師は技術力が高い人
  • 見た目がかっこいい人を指すことも
  • 話が面白い人はカリスマ性がある

技術力が高い

・「お店でもトップスタイリストとして活躍しているような、技術力がある美容師。ベテランの人になると仕事面でも頼もしくてオーラが違う」(24歳/男性)

・「ブリーチを繰り返していてダメージが目立っていたお客さんから『パーマかけてほしい』と注文を受けたことがあった。これ以上髪を傷ませるわけにはいかないし……、とどうしようかと困っていた。そこで、先輩に相談。そうしたら、今の状態でパーマをかけることのリスクを相手を傷つけないような言い方で丁寧に説明し、ダメージが少なく済む髪型を提案していた。なんだか、『カリスマ』って感じだった」(26歳/女性)

知識が豊富で技術力があれば、お客さんに合った適切な提案をすることができますよね。そんな美容師さんは、お客さんからの信頼も厚いです。

見た目がかっこいい

・「雑誌の読者モデルをしている同僚。働いているサロンの名前も雑誌に載っているので、それを見てお店に来るファンのお客さんも多いし、とにかくかっこいい」(21歳/男性)

・「美容院は基本的に私服で働いているから、ファッションセンスが問われる。いつもおしゃれな格好をしている美容師はサマになっていてカリスマっぽい」(24歳/女性)

「カリスマ」は、見た目の要素もあるようです。かっこいい美容師さんはそれだけ自分の見た目にもこだわっているということ。センスのよさを感じますよね。そんな美容師さんには安心して髪型をお任せできます。

話が面白い

・「美容師は、技術職といえども接客業。お客さんとの接し方がうまいかどうかというのは大切。話を上手に盛り上げている美容師はカリスマ性がある」(26歳/男性)

・「初めて担当する場合は特に、お客さんとの会話の間が持たない。新規のお客さんがまた来てくれるかどうかは、美容師の会話力にもかかってくると思う」(27歳/男性)

お客さんと話しながら髪を切ったり作業するのって、難しそうですよね。会話に詰まらず、お客さんとのコミュニケーションを楽しめる美容師さんはカリスマ性が高そうです。

やはり同じ美容師さんから見ても、カリスマ美容師は憧れの存在。もし美容師を目指すのなら、カリスマ美容師と思われるような人になりたいものです。

「カリスマ美容師」に正確な定義はありませんが、技術力、見た目のかっこよさ、話の面白さ……どれかが欠けてもカリスマ美容師とはいえないのかもしれませんね。経験を重ねてこれらを身につけていくことが「カリスマ美容師」と呼ばれるための道筋といえそうです。

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「美容師」
はこんな仕事です

髪のカットやパーマ、カラーリングなど、髪を美しく整える美容師。客に対して髪だけではなく化粧なども施し、容姿を美しく整える技能のプロである。料金をもらって行う染髪は、美容師と理容師以外には認められていない。顧客が付き指名されるようになると、自分の技術とセンスに自信が持てるようになり、やりがいも大きくなるだろう。一人前の技術者になるにはある程度の年数が必要で、キャリアや職位によって仕事内容は異なるが、実力次第で独立開業も可能だ。

「美容師」について詳しく見る