【シゴトを知ろう】映画プロデューサー ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】映画プロデューサー ~番外編~

2017.02.17

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】映画プロデューサー ~番外編~

編集者から映画プロデューサーへの転身という異色の経歴を持ち、2017年3月4日(土)公開の映画『ハルチカ』のプロデューサーを務められた佐藤史子さん。プロデューサーとして作品に携わる中で、印象的だったことや、今の仕事をしていてよかったと感じた瞬間のことまで、番外編としていろいろなお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 撮影時は監督やプロデューサーの意見が飛び交うことも
  • 映画製作は外部との信頼関係が大切
  • 人生で出会うものの中に、自分の関わった映画があることがうれしい

“吹奏楽”が重要なテーマの『ハルチカ』。音楽が作品の個性に。

「ハルチカ」作中のワンシーン

「ハルチカ」作中のワンシーン

――プロデューサーとして作品の中でこだわられた部分や、印象深い部分はありますか?

『ハルチカ』では、監督を務められた市井昌秀さんが脚本も書かれています。市井監督がもちろんクリエイティブのイニシアチブ(主導権)を取っていますが、意見は各々出し合って進めていました。いくつか私から意見を出させて頂いた部分もあります。その中でも印象深いのは、「あなた達がこれから経験する世界は美しい」という原作の小説に出てくる台詞を映画にも入れてほしいということ。原作を読むときに、どうすれば映画になるかということを考えながら読みますが、この台詞を読んだときに映画になるんじゃないかと思いました。
今回は“吹奏楽”が重要なテーマとなっている作品ですので、なるべく台詞に頼らず音楽に委ねるようなシーンが多くありました。それも作品の個性になったと思います。


――作品のメインテーマにも楽器それぞれの見せ場があり、耳に残りますね。

まさに一人ひとり全員が映画の主人公になるように、全ての楽器に見せ所があるように作って頂いた曲です。メインテーマのデモ音源は撮影前の早い段階で頂いていましたが、生の音が入るとまた印象が大きく変わり感動しましたね。

映画プロデューサーの仕事で実感したのは、映画が本当に多くの人によってつくられていること

――佐藤さんは、編集者を経て映画プロデューサーになられたとのことですが、株式会社KADOKAWAさんでは、出版から映画への異動というのはよくあることなのでしょうか?

多くはありませんが、他にもいます。その他にも、弊社はアニメーションも展開していますので、編集者からアニメーションのプロデューサーになった人が何人もいたりします。


――編集者時代と現在で、お仕事内容の違いに驚かれたことはありますか?

映画は出演者・制作会社・劇場・イベント会社、そしてスポンサー……と、本当に多くの人が集まってつくられているのだということを、この仕事を始めてから改めて実感しました。
映画の場合はスポンサーがいてこそ作品製作ができるという点も、出版とは異なりますね。プロデューサーだけに限らず、映画製作は外部との信頼関係が大切な仕事だと思います。

観たことを振り返りたくなるような作品であることを願って

――今のお仕事をしていてよかったと思った瞬間はどんなときでしょうか?

今回プロデューサーとして関わった『ハルチカ』は、この時代のいろいろな人に必要とされるものだと信じてつくりました。
作中では高校時代ならではの葛藤やさまざまな困難に、登場人物がみんなで立ち向かい、リカバー(回復)していきます。そんな登場人物たちと同世代のキャストたちも、この先悩むことがあるかもしれません。そういうときに、ふとこの作品に立ち返り、作中のメッセージを振り返ることがきっとあるんじゃないかな、と思うんです。

そのように、誰かが人生の中で出会うものの中に、自分の関わった映画があるということが感慨深くうれしいです。これから『ハルチカ』をご覧になる皆さんにとっても、何かのときに映画で観たことを振り返りたくなるような、そんな作品となることを願っています。



映画の完成・公開後に至るまで、総責任者として作品製作に携わる映画プロデューサー。大きな責任を背負い、さまざまな側面から関わり続ける立場だからこそ、作品として完成したときの喜びは私たちの想像を超えるものなのでしょうね。今後『ハルチカ』などの映画を観るときには、製作する側の想いを意識してみてはいかがでしょうか。

【profile】株式会社KADOKAWA 
映像事業局 映像事業部 映画事業課 佐藤史子

<映画『ハルチカ』概要>

『恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ
音楽で想いをつなぐ、吹キュン純愛ムービー』


大ヒット青春小説『ハルチカ』シリーズを待望の実写映画化。
2017年3月4日(土)より全国ロードショー。
ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタと、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。
入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった! 大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに奔走し、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進む。そんなチカの姿を見て、ただの幼なじみだったハルタのチカを想う気持ちに、少しずつ変化が生まれ始める。それに合わせて二人の関係も動き始め……?

『ハルチカ』公式サイトはこちら
 公式Twitter @haruchika_movie/公式Instagram haruchikamovie
(C)2017 「ハルチカ」製作委員会

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「映画プロデューサー」
はこんな仕事です

映画づくりの数ある専門職の中でも、全権を掌握しているのがプロデューサーだ。作品の撮影や演出については映画監督が判断するが、その監督を任命できる立場にいるのが、映画プロデューサーである。ほかにも主演する男優・女優、脚本家(シナリオ作家)、さらに映像・照明・録音スタッフなどの任命決定権を持っている。作品がめざす方向性を明確に掲げて、製作予算の調達、撮影後の最終編集、封切り前の宣伝活動まで、一切の業務を指揮する、映画づくりの総責任者だ。映画界をめざす人の憧れの職種の一つだといえる。

「映画プロデューサー」について詳しく見る