【シゴトを知ろう】映画宣伝 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】映画宣伝 ~番外編~

2017.02.16

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】映画宣伝 ~番外編~

株式会社KADOKAWAで宣伝を手掛け、2017年3月4日(土) 公開の映画『ハルチカ』の宣伝にも携わっている福田このみさん。さまざまなアプローチで作品を世の中に知らせる映画宣伝のお仕事の裏側から、休日に観る映画についてのエピソードまで、今回は番外編としていろいろなお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • ポスター・チラシのデザインが決まるまでの過程は、作品によってさまざま
  • 休日に映画を観るときも仕事目線で考えてしまうのが悩み
  • 座右の銘は「急がば回れ」、予想外のことにも落ち着いて臨みたい

チラシデザインの決定までには、いろいろなパターンがある

『ハルチカ』告知デザイン

『ハルチカ』告知デザイン

――映画のチラシ制作の際は、どのようにデザインを決められるのでしょうか?

まず宣伝の私たちが大まかなコンセプトを決めて、それに合わせてデザイナーの方にデザイン制作のお仕事を依頼する形になります。今回の『ハルチカ』の場合ですと、いくつかデザイン案をあげて頂いた中から、最終的にこのデザインに決まりました。少ない案の中から決める場合もありますし、少しずつ修正を加えていって完成させるということもあります。その作品によって、また携わる人によってもいろいろなパターンがありますね。


――『ハルチカ』のポスター・チラシでは、どのようなことを重視されたのでしょうか?

「青春の爽やかさ」と「幼馴染との淡い恋」の大きく2つを初期から一貫してイメージしていました。
作中の主人公たちは高校生ですし、 登場人物と同年代の高校生や10代のみなさんに観てほしい作品。結果としてそれにピッタリのチラシが完成し、見て頂いた方々からも評判がよかったのでうれしいです。

試写の立ち合い・資料作成……本社と試写室を何度か往復する日も

本社内にて資料作成中の福田さん

本社内にて資料作成中の福田さん

――「試写の立ち合い」をされることもあるそうですが、詳しく伺えますか?

作品の公開2~3カ月前くらいから、関係者・マスコミ向けの試写が始まります。株式会社KADOKAWAでは、本社ビルのすぐ隣のビルに試写室がありますので、そちらで公開を控えたいろいろな作品の試写を随時行っています。
私たち宣伝は、試写にいらっしゃる方々にご挨拶したり、試写室内で上映が終わるまでの確認を担当したりします。
試写室内の担当でないときは、上映が始まったら一度本社ビルに戻って資料作成などの仕事をし、上映が終わる頃にまた試写室に戻る……という流れがスムーズにできるので、社内に試写室があり便利だなと思いますね。

――販促物の制作に試写の立ち合い、資料作成と、毎日の業務はとても忙しそうですね。息抜きが出来るような時間はあるのでしょうか?

試写室に寄るついでに、近くのコンビニでコーヒーを買って飲むことが一つの息抜きになっています。
休日はよく映画を観に行きますね。ただ、この仕事を始めてからは観ながら宣伝のことをいろいろと考えてしまったり、上映終了後に映画のポスターなどを見てさらにまた考えてしまったりもするので、息抜きになっているかどうかは分かりません(笑)。映画を観ている時間が、仕事なのか休んでいるのか分からなくなるというのが最近の悩みかもしれませんね。

常に目標にしているのは、周りに目を向け全体を把握しながらの仕事

――お仕事における座右の銘・好きな言葉を教えて頂けますか?

「急がば回れ」です! 慌てるといいことはないと思っているので、予想外のことが起きたときにも焦らず落ち着いて臨みたいです。


――最後に、今後の目標・夢を教えて下さい。

実は私は『ハルチカ』の宣伝には途中から関わり始め、今までも最初から携わり続けた作品は無いんです。今後は立ち上げから最後の宣伝まで、全てに関われるような仕事がしたいですね。そして常に目標にしているのは、「今以上に周りのことに目を向け、全体を把握しながら仕事をする」ということ。この点を意識して仕事ができるようになりたいです。



同時並行でいくつもの業務を行う中で、焦らず今以上に周りに目を向けたいと語って下さった福田さん。お話から映画宣伝のお仕事に興味を持った人は、映画のチラシやポスターを見るときに、それがどんなコンセプト・テーマでつくられているのかを想像してみると、作り手の想いにも気付けるかもしれません。『ハルチカ』の広告も、今回のデザイン決定までのお話を知った上だと違う視点から見ることができそうですね。


【profile】株式会社KADOKAWA  映像事業局 映像営業部 映画宣伝課 福田このみ

<映画『ハルチカ』概要>

『恋じゃない。けど―友達よりもトクベツ
音楽で想いをつなぐ、吹キュン純愛ムービー』


大ヒット青春小説『ハルチカ』シリーズを待望の実写映画化。
2017年3月4日(土)より全国ロードショー。
ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタと、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。
入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった! 大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに奔走し、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進む。そんなチカの姿を見て、ただの幼なじみだったハルタのチカを想う気持ちに、少しずつ変化が生まれ始める。それに合わせて二人の関係も動き始め……?
「ハルチカ」公式サイトはこちら

 公式Twitter @haruchika_movie/公式Instagram haruchikamovie
(C)2017 「ハルチカ」製作委員会

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「映画宣伝」
はこんな仕事です

新たに公開される映画を世の中に広く宣伝し、観客動員につなげる仕事。具体的な宣伝方法としては、テレビCM、公式HPの制作、ポスター掲示などが主なものとなる。そのほかには、試写会などのイベントを開催し、マスコミ関係者を招待することによって、テレビ番組や雑誌などで取り上げてもらうパブリシティー活動も大きな役割を果たす。職業にするためには、映画配給会社に入社することがファーストステップ。新作映画に触れられる仕事だが、映画への情熱だけでなく、宣伝担当として周囲の人々を巻き込むような人間力も養いたい。

「映画宣伝」について詳しく見る